31歳、お一人様の誕生日を救う男からの誘い。喜んで応じた女が後悔してしまう理由とは

31歳、お一人様の誕生日を救う男からの誘い。喜んで応じた女が後悔してしまう理由とは

「その10年が人生を決める」とも言われる、20代。

大半は自分の理想や夢を追い、自分の欲に素直になって、その10年を駆け抜けていく。

しかし中には事情を抱え、20代でそれは叶わず、30代を迎える者もいる。

この物語の主人公・藤沢千尋は病に倒れた母のため、都会に憧れつつも地元の愛媛に残り20代を過ごす。

しかし母が他界したことをきっかけに、30歳から上京を決意し、就職活動を始めることに。就職が決まり上京した千尋は、就職先で茉莉と出会ったことをきっかけに、婚活デビューを果たす。

恋愛経験の少なさを痛感した千尋は、31歳の誕生日に向けて次なる一手を模索し始めるのだった。



―信じられない、巷ではこんな展開がありえるの……?

婚活初戦で、茉莉にダメ男認定された男・春樹につかまってしまった千尋は、勉強のために婚活ブログや婚活コラムを読み漁っていた。

今まで真面目さを売りに30年生きてきて、婚活を始めた今、突然変異が起きて魔性の女などになれるわけもない。だが、恋愛経験の少なさはどう考えてもマイナス要因だ。

そんなことを考えていた時期に、春樹の誘いをきっぱりと断り、悩みのタネが消えた千尋は、今までにない明るさと吹っ切れた爽やかな気持ちを味わいながら決意したのだ。

―もう、こうなったら、世の中の恋愛マニュアルとやら、全部頭の中にいれてみせる!

はじめは義務的にいくつかのサイトをブックマークし出勤中に読むようにしていたのだが、気がつくと見事にハマってしまった。

千尋はハッとして、キョロキョロと周りを見回す。

―よかった、知り合いは誰もいないみたい……。

先週なんて、夢中になって読み漁っているときに肩をたたかれ、振り返ると同僚が立っていたのだ。瞬時に画面が見えないように体に引き寄せたが、動揺するあまり変な汗をかいてしまった。

―“イイ男がいないと思うときは自分もイイ女になれていない”か……。この名言はメモしておかないと。

もともとメモ魔ではあったのだが、今やスケジュール帳は婚活手帳と化していた。


勤勉に婚活研究に励む千尋。いざ実戦へと向かうのだが……?

茉莉の計算


―こんな世界が存在しているなんて……。

昨日、茉莉から急な誘いのLINEが届き、急遽参加を決めた六本木のタワマンでのホームパーティー。

これまでこんなにも急に誘いがくることはなく、さらにはいつもの「行こうよ!」という強引な感じもなかったので、少し違和感はあったものの二つ返事で行くと答えたのだ。

千尋は周囲の人々を見渡す。参加女性は皆一様に若くてスタイルがよく、華やかなファッションに身を包んでいた。

対して千尋は、存在感を消すかのようなグレーの地味なワンピースだ。クーラーの効きも考えてカーディガンを羽織っていたが、誰もかれもノースリーブで、腕をだすのは暗黙のルールなのかと一瞬疑った。

―な、なんか、保護者みたいになってない?

この雰囲気の中では、茉莉でさえ平均的にみえる。



雰囲気に圧倒されていると、鮮やかなピンクのワンピースを着た22、3歳くらいの女が、こちら側に向かってくるのに気づいた。

―すごい原色……。目がチカチカする……。

パチパチと瞬きしていると、目の前で立ち止まり急に話かけられた。

「茉莉さんの知り合いですか?お仕事は何を?」

「あー、えーっと、茉莉とは職場が一緒で……」

答えきるより前に原色の女が声をかぶせる。

「えー!まさかの弁護士さん??」

近くにいた人がチラリと千尋を見たので、慌てて否定する。

「あ、違います違います!私は経理部で、OLをやっていて」

千尋がそう答えると、原色の女がわずかに頬を緩めたように見えて絶句した。

―まさか、これはマウンティングの一種?

近頃の研究の成果で、婚活には女同士の予選リーグのようなものがあることは学習済みだったのだが、23歳の相手になるとは思いもせず驚きが勝ってしまう。

その後もなぜか原色の女にロックオンされ、「千尋さんってお母さんみたいー!」だの、好きなドラマは“やまとなでしこ”と答えると、「“再放送”で見ました〜!」だの、彼女は効果的なセリフを巧みに繰り出してきたのだった。

そんなふうに目の前で出し抜かれても、千尋に不思議と悔しい気持ちは生まれず、7つも年下の女の子に感服することしかできない。

そんな千尋を見かねたのか、帰り際、茉莉にいつもの調子でガツンと突っ込まれた。

「あんなことされて、悔しくないの?ハッキリ言って、最近の千尋、当事者感が少ないのよ!ぽーっとし過ぎじゃない?そのまんまだと、ダシにされるだけよ」

相変わらず茉莉の一言は強烈だ。たしかに、近頃は理論を叩き込むことに夢中になっていて、貴重な実践の機会にもどこか客観的になってしまう。

「私だって、その人にあった食事会に誘ってるつもり。今日は急なキャンセルがあって、誘った私にも責任あるけど……」

ああ、なるほどと千尋は思わず納得した。茉莉は全方位カバーできて、お誘いも多い。実際ドクターと交際寸前まで来ているようなのだ。

「たぶん千尋には社内恋愛とか、幼馴染とかそんな感じがあうと思うんだけどねー・・・」

茉莉の疲れたような声がかすかに聞こえてきた。


一週間後に迫る誕生日。お一人様を覚悟する千尋に訪れる奇跡

“久しぶり。上京してきてるんだって?よかったらゴハン行こうよ”

―うそ、こんなタイミングでお誘いがくるなんて……。

Facebookを開いた千尋は自分の目を疑った。しかし何度見てもそう書いてある。相手は高校時代の先輩・良太だ。

真面目に婚活に励む姿に、神様がとうとう気付いてくれたのだろうか。茉莉に言わせると、『千尋は大勢の中では埋もれてしまうタイプ』らしく、とにかく1対1になることが得策らしい。

―間違いなく勉強はしてきたはず。これはチャンスかもしれない……。

良太は高校を卒業して、慶應に進学し、そのまま東京で銀行マンとなった。頭脳明晰で明るい彼はいつも人気者だった。部活が一緒だったこともあり話す機会も多く、千尋も密かに憧れていたのだ。

ここ数年はしばらくfacebookも更新されず連絡も取っていなかったが、あれよあれよという間に千尋の誕生日当日である金曜日にディナーへ行くことに決まった。

“金曜日、誕生日じゃなかった??まだ知り合いもいないでしょ?付き合ってあげようか笑”

という言葉とともに。

千尋もそのとき、しっかりと思い出していたのだ。良太の誕生日が自分の誕生日の翌日であることに―。



金曜日、タワマンパーティーでの反省をもとに、持っている洋服の中で最も原色に近い色のワンピースを選んで出勤する。

―仕事なめてるみたいに思われないかしら……。

アフターファイブに何かあると匂わせるようなファッションに千尋自身が落ち着かない。

浮き足立っているのか、1部でいい伝票を10部も刷ってしまい、コピー機の前で待っていると速水が通りかかった。

すると速水は、『元町 香炉庵』の東京島レモンゼリーを差し出す。袋を覗くと、夏らしい爽やかなレモンのパッケージが見えた。



「これ、もらったんですけど、よかったらどうぞ。ちょうど8個あるから」

千尋も含め、今日いるメンバーは7人だ。

「あ、1個多いみたいです。速水先生も1個どうですか?」

「じゃあ、それは藤沢さんに。今日、誕生日だと思うから」

速水が誕生日を覚えていることに動揺してしまう。たしか、何かのマニュアル本に書いてあったのだ。本命の見分け方その1―好きな人のことは細かいことも覚えているものである―。

―まさかそんな可能性があるの?それとも春樹が声高らかと宣言していたように、弁護士そのものが記憶力に長けているってことなのかな……。

小さなパニックを起こしつつも、ゼリーを受け取る。

「じゃあ、僕はもう出ないと。31歳、おめでとう」

そう告げて、彼は「楽しんできて」と去り際に付け加えた。

―楽しんできて??

いつもと違うファッションとメイク。すべてが男と食事に行くと物語っているような気がした。事実には違いないのだが、速水にそれを見抜かれていたら……。

―私、本当は誰と食事に行きたかった?

退社後、千尋は自問自答しながら、良太のもとへと向かう。朝の舞い上がっていた気持ちは落ち着いてしまっていた。

―こんなんじゃ相手に失礼になってしまう……。気持ちは作っていくものだって、書いてあったのに……。

そして10代の頃良太に惹かれていた自分を思い起こしていたのだが―。

20代の10年間で良太もまた変わってしまったことにこのときは気づくことができなかったのだ。


▶Next:8月29日木曜更新予定
マニュアル恋愛を遂行しつつ千尋は良太に違和感を抱く。そして、ようやく自分の本心に気づいて……?


▶明日8月23日(金)は、人気連載『家族ぐるみ』最終回!

〜夫の学生時代の友人2家族と、家族ぐるみの付き合いを開始した美希(36)。けれどもその関係はいびつに変化していき…。ついにそれぞれの本音が明かされる!明日の連載をお楽しみに。



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索