「彼の浮気相手は、会社の同僚です」5,000円の占いを信じ、スマホチェックで自滅した25歳OL

「彼の浮気相手は、会社の同僚です」5,000円の占いを信じ、スマホチェックで自滅した25歳OL

女は、直感にしたがい、時として大胆にお金をつかう。

その瞬間、彼女たちが心に描くのは、とびきりの夢や幸せな未来。

この連載で紹介するのは、“ある物”にお金をつかったことで人生が変わった女たちの物語。

欲しい物にお金をつぎ込み、夢を見事に叶えた女や、それがキッカケで人生が好転した女もいれば、転落した女もいる。

これまで、美容皮膚科に240万かける女性、8万円のゴルフバックがきっかけで再婚した女やコンプレックス解消に2,000万かけた元女医を紹介してきた。

さて、今回登場するのは?



Vol.7 たった5,000円で人生が狂い始めた女性


名前:木下芽衣さん(仮名)
職業:大手メガバンクOL
年齢:25歳


「1年ほど前、占いがきっかけで、彼氏と別れました。今も依存してるってわかってるんですが、占いがやめられなくて」

インタビューに応じてくれたのは、大手メガバンクに勤務する木下芽衣さん。まだあどけなさが残る顔立ちに、清純な雰囲気をまとっている。

占いの歴史は古く、紀元前から世界各地で学問として親しまれていた。時には政治にも利用されることもあったほど。そのくらい、古代から人を魅了してきたものであることも確かだ。

ただし、一方で占いにはまりすぎて人生が狂い始める人もいる。

芽衣さんが、この1年で占いに費やした金額は約30万だという。社会人経験が浅い彼女が費やす金額にしては、高額であろう。

「占いに初めて行ったのは、ちょうど1年前くらい前です。会社の仲が良い先輩に誘われて、良く当たるっていう銀座の占い師を訪ねたのが最初です。その時は5,000円でした」

銀座の昔ながらの喫茶店に行くと、そこに30代くらいの“普通のお姉さん”が座っていた。

だがその占いの結果がきっかけで、当時付き合っていた彼氏と別れてしまったという。


最初に訪れた銀座の占い師がきっかけで、彼氏と別れることに…。そこから彼女の人生が狂い始める。

「行くまでは、占いって怪しいと思ってました。謎の服装をしたおばちゃんが水晶とか覗いているイメージがあったんですけど、普通の綺麗なお姉さんが占い師だったので逆に安心感がありましたね」

先輩が占ってもらった後、自分の番になった。当時付き合っていた商社勤務の彼とのことを占ってもらった。

そうすると、占い師がタロットカードをみて「彼が浮気しているかもしれない」と突然言ったとのこと。

「彼との結婚はいつですか、くらいのつもりで聞いたのに、まさかの展開で…。しかも『浮気相手は彼の会社の同僚ですよ』って具体的に言われたんです」

その一言がきっかけで、急に彼を疑いの目で見るようになった。そして、インスタのストーリーで、女性にタグ付けされている飲み会を発見してしまったのだ。



彼女は疑心暗鬼に陥り、ついに禁断のスマホチェックもしてしまったという。暗証番号は芽衣さんの誕生日だと知っていたのですぐに解けた。

「決定的とは言えないんですが、もしかしたらっていう同僚とのやりとりのLINEを見つけて。彼を問い詰めたんです…。会社の同僚の人と浮気してるでしょって」

彼は否定したにも関わらず、芽衣さんは「同僚とのやりとりの怪しげなLINEを見た」と、思わず言ってしまったそう。

「そしたら当たり前ですけど、『俺の携帯みたのか』って喧嘩になって…」

結局、そのことがきっかけで二人は別れることに。

そこから、どうしたらいいのか分からなくなり、また銀座の占い師のところに今度は一人で訪れた。彼が本当に浮気をしていたのか、彼と復縁する可能性があるかを聞きに行ったとのこと。

「占い師に、『今は動かない方が良い時期だから何もしない方がいいよ。そのうち彼が戻ってくるから3か月待ちましょう』って言われました」

3か月待ったら彼が帰ってくると信じ、芽衣さんは、占い料の5,000円支払い、その日は安心して帰宅した。

しかし3か月は長く、彼のSNSなどで動向を細かくチェックするようになった。すると、すぐに不安に襲われて、また占い師のところに確認しにいきたい衝動に駆られた。

同じ占い師のところにいくのは憚られたため友人に相談し、別の占いに行くことにした芽衣さん。

今度は目黒にある、占星術を専門とした占い師のもとへ行った。そこで今度は「元彼は、もともと浮気していなかったのに」と言われたそう。

「あれっ?てなったんです。占いを信じて、浮気を疑って、もしかして私って、5,000円支払って自滅しただけなのかなって。しかも、3か月待たなくても大丈夫って。まだ彼はあなたのことが好きだから早く連絡しなさいって言われたんです」

銀座の占い師と違う結果が出て、どっちを信じればよいのか分からなくなり戸惑ったが、とりあえず自分に都合の良い目黒の占いを信じ、彼に連絡してみた。


目黒の占い師の言うことを信じて元彼に連絡した結果は?

「一度会ってちゃんと話がしたい」と伝えたら元彼は応じてくれたという。

そして真相を確かめると、浮気はしていなかったことが発覚。しかし、彼と復縁することはなかったとのこと。

結果的に、どちらの占い師も半分当たっていて、半分当たっていないような結果となった。普通なら、そこで終了となるはずだが、そこから芽衣さんは、“当たる占い師探し”を始めたという。



自分で決断できない女へ


ことあるごとに占い師を訪ね、人生の選択を委ね、その結果を占い師ごとに比べる、ということを繰り返すようになった。そして、どの占い師が一番当たっていたかを検証することが日常となる。

1か月に2〜3人の占い師を訪ね、1人につき1回5千円から3万円ほど支払う。その結果、月に2万〜5万ほど、1年で約30万以上を占いに費やすようになった。

「趣味みたいなものって考えれば、そんなものじゃないですか?占い師に話を聞いてもらうと精神的に安心するんですよね」

ちょっと気になる人が出来ると、相手の生年月日や生まれた時間まで早い段階で聞きだし、すぐに占い師のもとを訪れて相性をチェックしてもらう。相性が悪いとなると付き合うことはしない。

そんな芽衣さんは、半年前に新しい彼氏ができたという。同じ会社の同僚とのこと。

「相性がいい、って占い師さんに太鼓判を押されたので付き合うことにしました」

しかし付き合った後も、ちょっとでも彼の気持ちが分からない時は、相手ではなく占い師のところに聞きにいくという生活を送るようになっているとのこと。

「だって友達に相談したとしても、相手の気持ちって絶対に分からないですけど、占いの場合、何かしら答えが出てくるから相談のしがいがあるんです」

自分でもはまっているとは分かっているが、不安になるとすぐに行きたくなってしまうという。

「なんだかんだいって、今の彼とは結婚しますよって占い師に言われてるから大丈夫なんです」

あっけらかんと、笑いながらそう語る芽衣さん。

占いから抜け出せないことは気付いているようだが、「一人で決断することができない女」になっていることは気付いているのだろうか。

大事な選択・決断を常に占い師の意見で決めているという事実。これが一番の依存しているポイントなのかもしれない。

人生が狂い始める最初のきっかけは、自分の中にある不安や弱さを解決してくれるようなちょっとした言葉やモノなのかもしれない。そんなことを芽衣さんのインタビューを通じて感じた。


▶Next:8月29日 木曜更新予定
SNSマウンティング地獄から抜け出すために300万支払った女性が登場


▶明日8月23日(金)は、人気連載『家族ぐるみ』最終回!

〜夫の学生時代の友人2家族と、家族ぐるみの付き合いを開始した美希(36)。けれどもその関係はいびつに変化していき…。ついにそれぞれの本音が明かされる!明日の連載をお楽しみに。



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索