東京で”何者か”になろうと奮闘する男の、行き着く先は?明日で最終話!「東京男子図鑑」総集編

東京で”何者か”になろうと奮闘する男の、行き着く先は?明日で最終話!「東京男子図鑑」総集編

−女なんて、どうせ金を持ってる男が好きなんだろ−

そんな風に思うようになったのは、いつからだっただろう。

これは、大学入学とともに東京に住み始めた翔太の半生を振り返るお話。

東京を舞台に、金と仕事と女に奮闘しながら年齢を重ね上り詰めていった、ある東京男子のリアルな回想録である。

「東京男子図鑑」一挙に全話おさらい!


第1話:晴れて慶應ボーイとなった男を待ち受ける、庶民とセレブの分厚い壁

千葉県浦安市で生まれ育ち、進学校として有名な公立高校から難関を突破して這い上がってきたのだという自負が。

温室育ちのお坊ちゃんたちに負けるわけにはいかないのです。

ところが入学して間もなく、僕はあっさり気づかされました。“負けるわけにいかない”などという闘争心すら無意味であることに。

なぜなら僕たち庶民と内部生の彼らの間には、何をどう頑張っても超えられない壁が存在していたから。

第1話の続きはこちら


第2話:「どうしても勝てない…」慶應卒のエリート商社マンが、唯一コンプレックスを抱く相手

慶應卒のエリート商社マン。なんと輝かしい響きでしょうか。

今の僕なら、丸の内OLはもちろん、CAやモデル、うまくいけばアナウンサーとだって付き合えるかもしれない。…あ、ちょっと調子に乗りすぎましたかね。

そうそう、例の花純はというと、女子大を卒業したあと二流のアパレルブランドかなんかで働いているそうですよ。

まあせいぜい頑張って、偽りの純情キャラで男を狩ってくださいって感じです。散々甘い蜜を吸ってきた女が、いつまでも安月給になんか耐えられないでしょうから。

第2話の続きはこちら


第3話:若手商社マンを襲った絶望。背伸びした記念日デートで、彼女に言われた屈辱のセリフとは

高井戸の寮になんぞ誰も好き好んで行くわけない。…まあ、そもそも高井戸の寮は女人禁制なのですが。

そんなわけで、女の子をどうこうしようと思うならホテルを使うほかないわけですが、まさかプライドの高い彼女たちをラブホに連れていくわけにも行かない。財布を痛めてもシティホテルを取るべきか否か。

しかしそんなしょうもない駆け引きをしている間に、女の子たちは突如冷静になってしまい万事休す、となるのが常でした。まさか僕の頭の中を見透かしているわけではないと思いますが…。

そんなある日。またしても何の収穫もなく意気消沈して寮に戻った夜、僕はさらなる絶望に突き落とされたのです。

第3話の続きはこちら


第4話:「丸の内OLなら簡単に落とせる」ついに訪れたモテ期。28歳で逆転する、男女の市場価値

会社同期の男たちの間でも“彼女からの結婚圧力”ネタはよく話題に上がっていました。

彼女の部屋に突如ウェディング雑誌が現れたとか、友達のプロポーズ話を延々聞かされたとか、結婚した友人夫妻の新居に半ば強制的に連行されたとか…それはもう色々。

共通の友人を使って「あの子、お見合いさせられるらしいよ」というでっち上げの情報操作までされたツワモノもいましたからね。

数々の被害報告は途切れることを知らず、大いに笑わせてもらっていたわけですが、しかしそんな僕自身も他人事では済まされませんでした。

第4話の続きはこちら


第5話:「年収3,000万以下とは結婚しない」エリート商社マンのプロポーズを断った美女の素性

損保OL・里香と別れてから本格的に再開したお食事会で、大手IT企業に勤めるみな実と出会ったのは半年前のこと。

僕と同じ慶應経済学部卒で、2歳年下の28歳。頭がよくて話も面白く、さらには気遣いも完璧。そして何よりすれ違う男という男が必ず振り返るほどの美貌の持ち主なのです。

−みな実となら、結婚もアリだな。

浮かれる僕はそんな妄想まで繰り広げていました。

…みな実の実際を、よく知りもしないままに。

第5話の続きはこちら


第6話:年収200万ダウン。慶應卒のエリート商社マンが、金と肩書きを捨てて飛び込んだ新天地

サラリーマンとは、残酷なものですね。

よーい、どんで入社したはずなのに、知らぬ間にどんどん格差は広がっていく。そして30歳を超えると、その差をこうして目に見える形で如実に突きつけられる。

頭では理解していたことでも、実際に経験しないとわからない痛みってありますよね。

男が出世レースに負ける痛み。それは、女にフラれることなんかとは正直比べものにならない、人生最大とも言えるほどのダメージでした。

第6話の続きはこちら


第7話:「今に見てろよ」。エリート商社マンの肩書きを捨てた男に向けられた、女たちの露骨な冷笑

35歳独身、彼女なし。そんな僕を心配してくれているのか、商社時代の同期や後輩から時々食事会の誘いがあります。でも正直、今はあまり行きたくない。

というのも、わかるんですよ。女性陣があからさまに僕を軽視しているのが。

食事会の相手はCAや丸の内界隈の損保OL、自称モデル軍団やPR女子など…商社時代と変わらずなのですが、自己紹介で僕のターンになると、女性陣の温度が体感2℃は下がるんですよね。

「商社から転職して、ベンチャーのCOOしてます」と言うと、「えっ…(パードゥン?)」みたいな。

第7話の続きはこちら


第8話:「私のこと覚えてる?」元カノからのLINEを、既読スルーした男の心理

僕、前に言いましたよね。女なんて結局、金のある男が好きなだけだって。“成功”さえ掴めば、女なんか向こうからすり寄ってくるって。

大企業の名刺を捨てた途端に食事会で干された僕ですが、アンドエバーの知名度の上昇とともに、ぽつりぽつり、と再び女の子たちから連絡が来るようになりました。

…ほらね、言った通りだったでしょう(笑)

CEOの一馬だけでなくCOOの僕自身も、お恥ずかしながら「総合商社を捨ててベンチャーで奮闘するCOO」とかって何度かメディアに登場させていただきました。するとそのたび、過去に知り合った女の子たちから連絡が届くのです。

第8話の続きはこちら


第9話:“億男”になるはずがまさかの無職に…。慶應卒のエリートが、40歳でどん底に転落した理由

夢見ていたはずの景色が、もうあと一歩で手に入るというまさにその目前で、突如泡のように消えてしまう。

そんな時、人って無になるんですね。空っぽ。昨年、アンドエバーを退社したときの僕もそう。まさに空っぽでした。

…上場だ、ストックオプションだと騒いでいたのに一体どうしたのかと不思議に思われていることでしょう。

僕だって、まさかこんなことになるとは思ってもいなかった。

第9話の続きはこちら



関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る