「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“何をしても満たされない女の嘆き”に“完璧な良妻に対する、男の意外な本音”から“都内最強の淡麗ラーメン13選”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
デート相手はいるのに、誰のことも好きになれない。何をしても満たされない女の嘆き

会社員を辞めて弁護士を目指すというのは業界の中で珍しいことではなかったが、雑誌の編集者である友人に頼まれて、渋々引き受けた取材だ。

京一は、夕里子と別れてすぐに会社を辞め、貯金を切り崩しながら必死に勉強した。結果、司法試験に合格し、弁護士になるという夢を叶えることができた。

しかしやはり心のどこかで、夕里子の存在が気になっていた。まだ浮気したと思っているのだろうか、結婚はしたのだろうか…。気にはなるが、京一から連絡することははばかられた。

続きはこちら


★第2位
「こんなに相性の良い男、他にいない…」対象外だった男のアプローチに、美女が落ちた理由

「恋人同士じゃなくて、友達でいいよね」

これまでは、彩菜も大輝もそう言い合ってきた。お互いの関係性について、それが最適解だと分かっていたのだ。そういう価値観もマッチしていた。

こうして真正面から「付き合ってほしい」と言われ、はじめは戸惑った。だが、ここまで相性の良い男が彼以外にいるだろうか。なおかつ彩菜がひそかに天秤恋愛をしている以上、大輝の申し出を断る理由はない。

店を出て、通りに出る。タクシーに乗り込むまでの間、彩菜は3年ぶりに大輝の唇に触れた。

続きはこちら


★第3位
「本当はずっと、負担だった」掃除も料理も完璧な良妻に対する、男の意外な本音

大きな松が飾られたセンターピースに思わず感嘆の声を漏らし、そのまま奥に目を向けると、ゆったりとした広いソファ席に、いかにもエリートらしい清潔感ある男が浅く腰掛けていた。

先週話を聞いたフリーライター岡崎未央の夫・岡崎範久だ。彼は大手町にある某法律事務所に所属するアソシエイト弁護士で、仕事の合間に少しばかりオフィスを抜けてきたという。

「いやぁ、驚きました。普段は穏やかで感情を表に出さないタイプの未央がいきなり激昂したものだから…。でも僕は、こう思っているんです。今回の衝突は、起こるべくして起きたって」

続きはこちら


★第4位
「デートするのも面倒」人の粗を探してカリカリしていた女が、優しくなれたワケ

入社2年目の夏、彼に言われた「聡子は、女の子として強すぎる」という別れの一言。あれ以来、忙しすぎて彼氏を作る暇もなかったし、まともに休みも取れていない。

帰るのが早くてもお給料が低いなんて耐えられない。ダサいおじさんに囲まれてつまらない仕事をするのも無理。そんな意地で入った会社だったが、その選択が本当に正しかったのか、聡子には時々迷う瞬間があった。

−でもいつかきっと、これで良かったって思えるはず。

いつものように自分に言い聞かせながら深く深呼吸をしていると、机の上のスマホ画面が光った。

続きはこちら


★第5位
やっぱりあっさり麺が好きなあなたへ!都内最強の淡麗ラーメン13選

大人になるほど、シンプルで良いものに心が動くもの!澄んだスープに旨みが凝縮したあっさりラーメンはその象徴だ。

今回は究極ともいえる一杯が味わえる名店13店を一挙に紹介しよう。

続きはこちら