デートで大切なのは決して彼女を飽きさせないこと。あっという間に過ぎる2〜3時間だからこそ、惰性でなくしっかりと楽しませたい。

おすすめなのが、近頃よく耳にする少量多皿コースの店。六本木『虎峰』では、20品以上の中華を多種多様なペアリングとともに楽しめる。

ライブ感たっぷりの空間でめくるめく繰り出されるハイセンスな中華には、誰もが時間を忘れて引き込まれる。その軽快な展開が、ふたりをそろって高揚させるのだ。

今回は怒涛のコースを中心に、大切な人を誘い出すのにピッタリな『虎峰』の魅力をお伝えしよう!


大人の欲求を完璧に満たす、緩急自在な20数品の極上コース


中華といえば、仲間を誘って大人数で楽しむものというイメージが強い。しかし、カウンター中華の元祖として知られる『虎峰』では少人数での利用がスタンダードだ。

20品以上を中華で提供することはそれまでなかったが、和食やフレンチの技法を生かしたメニューを組み込むことで、重く感じたり飽きることのないコース¥13,000(サ別)を提案。

それもアワビ、車海老、和牛、フカヒレといった高級食材で繰り広げられるのだから食後の満足度はいうまでもない。

“いいものをちょっとずつ”は欲張りな大人たちの高い支持を集め、中華デートの新しいスタンダードになったのだ。


アオリイカとニンニクの芽の四川ソース。細かく包丁を入れ食感を出したイカに、発酵ターツァイの旨みも感じられるソースが絡まる


ふっくら蒸した蝦夷アワビのステーキは、アワビの出汁と肝のソースでいただく


ホッキ貝の湯引きの広東ソースがけ。ハムユイという川魚を発酵させて作ったソースによって、貝の味が濃厚に!


自家製XO醤とマコモ茸をのせた車海老のボイル。貝柱や干し海老、海老の卵をふんだんに使った旨みたっぷりのXO醤が、プリッとした海老とよく合う


シコシコとした香港麺の食感が楽しいキャビアとカラスミの冷製麺。花穂紫蘇とスダチの爽やかさに香りがいいアクセント


後半にメインとして提供されるフカヒレのステーキ。焼き上げたフカヒレの香ばしさを感じられる


よだれ鶏の和牛版。さっと炙ったリブロースのほのかに甘い脂にスパイシーな四川ソースが好相性。

残ったソースに麺を投入すれば、〆としても楽しめる。


ついグラスを重ねてしまう多彩なペアリングも必見!

料理に合わせるお酒は全9種類! 前例のない多種混合ペアリングに酔いも深まる

少量多皿の料理に引けを取らないアルコールのペアリングは2〜3皿に一杯を合わせる流れ。

ビールや紹興酒といった中華の定番はもちろん、ワイン、シェリー、シャンパン、そして日本酒まで充実のバリエーション。


料理が変わることで同じお酒の印象の変化にも気付くはず。

コースが進むごとにテンションも上がり、夜は深まっていく。


狙うべきは最奥の2席。カウンター中華の醍醐味を五感で堪能しよう!

厨房をぐるりと囲むカウンターは全14席。

中華のライブ感をより楽しめるのは、厨房に一番距離が近い最奥の2席だ。

ひと皿あたりを5分で仕上げるというシェフのスピーディでダイナミックな調理の臨場感は圧巻のひと言。


そんな席で、鍋で炒める音や揚げる音などをBGMにモダンな中華を楽しめば、よりいっそう五感に響く体験となるだろう。


ここ5年ほどでデート使いに適したお洒落なカウンター中華は増えているが、先駆者である六本木『虎峰』の個性はまったく色褪せない。

欲張りな男女を満足させる宴は約2時間。

怒涛のコースの余韻に浸りながら二軒目、なんて流れが理想だろう。