彼のことが、好きで好きでたまらない。…だから私は、どこまでも追いかけるの。

好きすぎるせいで、何度も連絡してしまう。愛しいから、絶対に別れたくない。彼を離したくない。

こんな愛し方は異常だろうか…?だけど恋する女なら、誰だってそうなる可能性がある。

「私の方を振り向いて。ちゃんとあなたの、そばにいるから」

これは、愛しすぎたゆえに一歩を踏み間違えた女の物語。



―寝顔、カッコいいな。佐伯さんと、まさかこんな風になれるなんて夢みたい。

夏川仁美は、隣で眠る佐伯春樹の横顔を見つめる。

スッと通った鼻梁も長いまつ毛も、佐伯の全てが愛しく思えてきて、仁美はにんまりと微笑んだ。

佐伯は仁美にとって、なかなか手が届かない“憧れの会社の先輩”といった存在だった。

だから、そんな彼が自分の部屋で寝ていることが信じられず、自分の家であるはずなのに、なんだか別の人の部屋にいるような感覚がする。

カシウエアのブランケットを手繰り寄せながら、そんなことをぼんやりと考えていたそのとき、ふと彼が目を覚ました。

「仁美ちゃん、おはよう」

彼は慣れた手つきで優しく仁美の腰を抱き寄せると、左手で頭を撫でてくる。ゴツゴツとした男らしい手に髪を撫でられ、仁美は思わずうっとりとした表情になった。

「ねえ、佐伯さん」

仁美は佐伯に抱きしめられたまま、甘えたような声を出す。

「んー?」

「次、佐伯さんが大阪に来たときも、またこうやって会えるかなあ?」

佐伯の真似をするように、彼の柔らかい黒髪をそっと撫でながら、仁美は問いかける。

「…うん、会えるよ。毎回は無理かもしれないけどね」

佐伯がそう言った瞬間、仁美は目の前が真っ暗になったような気がした。


仁美が絶望したワケ

彼と初めて出会ったのは、社内研修でのことだった。

仁美が新卒から6年勤めているのは、誰もが一度は耳にしたことがある有名な大手保険会社の大阪支社。

そこで月に一回行われる社内研修には、毎回東京本社から担当者がやってくる。ここ数回は、本社で営業成績がトップだという佐伯が、研修の講師を担当しているのだ。

佐伯は30代半ばくらいだろうか。28歳の仁美にとって、彼の落ち着いた大人の色気は魅力的に思えた。

それにスラリとした体型と、こちらを見据える大きな瞳。物腰柔らかだが聡明な話し方。さらに飛び交う質問にもサッと答える、頭の回転の速さ。

そのどれもが素敵で、仁美は一瞬にして佐伯に心を奪われてしまったのだ。

そして彼が研修をするようになってからというもの、“面倒くさい”としか思えなかった時間が楽しみになった。

むしろ仁美たちの前に立つ佐伯を見つめ、口元が緩むのを必死に我慢しているぐらいだ。研修中に目が合うたび、胸の高鳴りは加速していくばかりである。

しかし仁美のひとめぼれで始まったこの恋。佐伯とは、なかなか研修以外で接点を持つことはできなかった。

そんなとき仁美の身に、ある“ラッキーな出来事”が起きたのだ。



「それでは、本日の研修はこれで終了です。お疲れさまでした」

それは、昨日の研修終わりでのこと。

佐伯が研修終了の合図を告げた瞬間、室内はざわつきはじめ、皆は順番に会議室を出て行く。

しかし仁美だけは席を立とうともせず、ネクタイをほんの少し緩めながらパワーポイントを終了する佐伯の姿を見つめていた。

スクリーンに一瞬だけ佐伯のデスクトップ画面が表示されたのを見て、仁美はプライベートを覗き見たような気持ちになり、なんだか照れくさくなる。

すると研修を終えた佐伯の前に、数人の女子が集まりだした。…何やら先ほどの講義について質問をしているようだ。

―これってもしかして、佐伯さんと距離を縮めるチャンスかも?

このチャンスを逃すまいと、仁美はその輪の方へ向かって行く。すると、彼女たちが踏み込んだ質問をしているのが聞こえてきた。

「…佐伯さんって、彼女とかいるんですか?」

「いや、彼女はいないけど?」

ほぼ初対面の社員からプライベートなことを聞かれているのに、佐伯は怒るでもはぐらかすでもなく、淡々と答えている。

その優しさにうっとりとしながらも、佐伯が発した「彼女はいない」という言葉を噛みしめた。

―あんなに素敵な人なのに、彼女いないんだ。

一方、佐伯を取り囲む女子たちも「本当ですか〜?」と茶化しながらも嬉しそうにしている。…これはライバルが多そうだ。

仁美は彼女たちを少しでも出し抜くため、勇気を出してこんなことを言ってみた。

「…あの、佐伯さん!営業のことで詳しく聞きたいことがあって。もしよかったら今夜、飲みに行きませんか?」

「へえ。夏川さんって仕事熱心なんだね。いいよ、行こう」

佐伯が快諾してくれたこと以上に、名前を覚えてくれていたことに驚き、仁美の心臓は大きく跳ね上がる。

結局、その場にいた女子数名も一緒に食事に行くことになったが、そんなことが気にならないほど、仁美は浮かれ気分でいたのだった。


ドキドキしていた仁美に、佐伯は…?

その日の夜。

佐伯と仁美、そして数名の同僚女子で、大阪・北新地の街に繰り出した。東京在住の佐伯は大阪のお店にも詳しくて、紳士的に振る舞う彼にさらにドキドキしてしまう。

そんな佐伯と急激に距離が縮まったのは、二軒目に訪れたバーでのことだった。

周囲の女子に気圧されて、一次会では佐伯とほとんど話せなかった仁美。そんな自分を気遣ってか、バーでは佐伯が仁美の隣に座ってきてくれたのだ。

「夏川さん、せっかく仕事の相談をしたいって誘ってくれたのに、全然話せなくってごめんね?」

薄暗いバーとはいえ、至近距離で佐伯に顔を覗き込まれ、仁美は緊張のあまり押し黙ってしまう。

オシャレな間接照明のおかげで、照れて赤い顔をしていることが彼にバレていなさそうなことが、せめてもの救いだと仁美は思った。

ひと通り仕事の話を終えた後、仁美はずっと気になっていた疑問を口にした。

「…そういえば佐伯さん。どうして私の名前だけ、ご存じだったんですか?」

大勢いる社員の中で、自分の名前だけを覚えていたことが、不思議でならなかったのだ。

「いや。以前の研修から、夏川さんとは本当によく目が合うなって思ってて。…正直、俺のタイプだったから気になって名簿見たんだよね」

…そう言って佐伯にジッと見つめられた瞬間、「もう逃げられない」と仁美は悟ったのだった。





仁美は、佐伯が帰った後の寝室でひとり、物思いにふける。

あの後、終電間近になって佐伯はホテルに戻ろうとしたが、仁美が「もう少し飲みたい」とこっそりお願いし、自宅に誘い込んだのだった。

昨日の食事でも、家に誘い込んでからも、自分のことを“アリ”だと思ってくれていたと思う。

佐伯だってそう捉えられてもおかしくない発言や行動をしていた。それなのに朝になって急に、その雰囲気が佐伯から消えていたのだ。

―やっぱり展開が早すぎたよね。それより実は彼女がいたりして。

仁美は頭の中でグルグルと考え、ひとりで勝手に落ち込む。そのとき、佐伯が帰り際に発した言葉をふと思い出した。

「まあでも、なるべく会えるようにするよ。仁美ちゃんすっごく綺麗だしね」

こういうタイプの男性は、ハマるとヤバいということは仁美も自覚している。

だけど佐伯と一晩を過ごして、もっともっと彼のことが好きになってしまったのだ。

「ここからもっとがんばって、彼に見合う女になろう…!」

そう自身に言い聞かせた仁美は、心の奥でひっそりと、佐伯への片思いを続ける決意をしていた。

…だが、数日後。仁美は重大なことに気付いてしまったのだ。

それは、佐伯のプライベートな連絡先を一切教えてもらえていなかったということ。普段は社用アドレスで事が足りていたから、そのことに気付くまで時間がかかってしまった。

しかもそれに気付いたのは、佐伯が東京本社に戻ってしまってから。

もしかして本当に「もう次はない」と思われていたのだろうか。そう考えると、仁美の中には急激に焦りが出てきた。

―佐伯さん、次はいつ大阪に来るんだろう?

このままでは本当に“一晩だけの関係”で終わってしまう。…そんなのは、絶対にイヤだ。

なんとしても佐伯とコンタクトを取りたいと思った仁美は、彼の社用アドレスにメールを送ってしまった。

パッと見ただけでは内容が分からないように、メールのはじめはビジネスライクな文章にしてカモフラージュさせて。

それなのに1週間経っても、佐伯から連絡が返ってくることはなかったのだった。


▶他にも:相性が良かったから…?交際前に一線を越えてしまった女に、男が本気になったワケ

▶︎NEXT:12月1日 火曜更新予定
メールが返ってこなくて不安になった仁美が、とった行動とは…?