東カレ厳選の麗しの美女を紹介する『金曜美女劇場』。

東京の夜のシーンに似合う艶やかな大人の女性たちを紹介していく。

▶前回:“美しすぎる書店員”のお姉さんが、こっそり打ち明けてくれた意外な素顔



18歳で山梨からひとり上京。

がむしゃらに社会人経験を積み、現在はタレント業に邁進する女性がいる。

杉本美友(すぎもと・みゆう)さん。22歳。



「東京に来て驚いたのは、電車の本数が1時間あたりに何本もあることです」

そう言ってハニカミながら笑う彼女。



そもそも、なぜ芸能界の道に進もうと思ったのか。



きっかけは、小学生時代に遡るという。

「小6の時に、初めて『イメケンですね』という連続ドラマを観て。子供ながらに役者さんの演技に鳥肌が立ちました。テレビの向こう側の俳優さんたちがキラキラと輝いて見えました。そこから、私も同じ業界に入って活躍したいって思うようになりました」



その後、上京する機会を狙いながら、ダイエットなど地道な努力に励んでいたという彼女。

しかし、芸能界に入ることを両親から反対されていたため、高校を卒業するまでは地元に残ることにした。

そして、高校を卒業した18歳のときに、両親をなんとか説得し裸一貫で東京に飛び出したそうだ。



来る日も来る日もオーディションを受け続けながら、生活費を稼ぐため美容院で受付の仕事に立っていたという彼女。

こうして、2年が経ったある日……。


運命的にとあるアイドルオーディションに出会う…

4,000人からファイナリストに


それは、大手出版社が開催する「ミスiD」という次世代アイドル発掘オーディションだった。

「『(ひとり)ぼっちが、世界を変える』というキャッチコピーを掲げた審査で、上京後、孤独を感じていた自分の思いとシンクロしたんです。直感的にこのオーディションは受けたほうが良さそうだなと思って、すぐに応募しました」



実際に審査を受けてみると、正統派アイドルみたいな女の子だけが選ばれるオーディションではなかった。

「普段はメイド喫茶で働いている女の子や、コスプレ好きな子。マシュマロしか食べないという不思議な子もいたし、ロックが大好きな女の子もいて…。『まだ見たことのない子を発掘する』という雰囲気がありました」



審査を受けていくうちに、周りの強烈な個性に圧倒され「自分には個性がない」という思いにかられ打ちひしがれてしまう。

「一人ひとり、待ち時間の過ごし方も全然違うんです。怖いくらい皆が自由で…。これまでの環境と全く違ったので、自分は何をアピールしたら審査員の方々に興味を持ってもらえるんだろうと必死で考えてました」



しかし、何もアピールすることがなかった彼女は「劣等感を隠さない」と覚悟を決め、素直な思いを審査員にぶつけることにした。

「“私は全く自信がありません”、“個性も何もないです”と、とにかく正直な気持ちをぶつけてみたんです」

すると、その素直さが功を奏したのか、なんと4,000人もの応募者の中からファイナリストに選出される。



その審査を皮切りに順調に活動を続け、現在はタレント業と掛け合わせてモデル業にも挑戦中。

仕事への情熱を熱く語る彼女に恋愛についても聞いてみたところ、意外な一面が垣間見られた。


上京したての彼女を救ってくれた男性の存在とは…

「俺についてこい」と言ってほしい


好きな男性のタイプについて聞いてみると…。



「私、未だに自分に自信が全くないんです。だから、自信に満ち溢れた男性がかっこよく見えますね。『俺はこういう風になりたい」』とか、『絶対に俺はこれを成し遂げるから』って強い信念を持っていたり、何かしらポリシーを持っていたりする人のことが好きになりやすいです…」

そんな彼女は、一度だけ忘れられない恋をしたことがあるという。



美容院の受付としてがむしゃらに働いていた時に出会った先輩の美容師だった。

「上京したばかりで右も左も分からない私に、色々なことを教えてくれました。彼は、“もしも遠回りに感じても、時にはやりたい事のためにやりたくないこともしなきゃいけないんだよ”って、いつも励ましてくれたりアドバイスをくれたりしました」

互いに仕事に突き進むことになった2人は、話し合いの末に別々の道に進むことになったという。



だが、美友さんはその儚い恋によって大きく成長したそうだ。

学生時代から友人が多かったわけでもなく、周囲から変わってるねと言われることも多かった美友さん。そんな中、彼は美友さんの夢を馬鹿にすることなく熱心に聞いてくれて、沢山の刺激をもらった。

「お別れする時は本当にシンドくて…。人生で初めての経験で辛かったけれど、だからこそ目標に向かって突き進む勇気も湧きました」  

そう言って、まっすぐに前を向く。



ちなみに理想のデートは……。

「今度好きな人ができたら電車に乗って遠くまで足を伸ばして、都会じゃないどこかで二人きりで過ごしてみたいです。好きな人と一緒に自然を感じながらゆっくり出来たら…それだけで最高ですね。温泉とかも一緒に行ってみたくて。でも、今はお仕事に夢中です」

自分の好きなことに向かって、まっすぐ突き進む彼女の人生を応援したい。


<今週の美女>
杉本美友さん
Instagram
公式サイト

<カメラマン>
佐野 円香


▶前回:“美しすぎる書店員”のお姉さんが、こっそり打ち明けてくれた意外な素顔

▶Next:12月18日 金曜更新予定
魅惑的な瞳の美女が登場