男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—あの時、彼(彼女)は何を思っていたの…?

誰にも聞けなかった謎を、紐解いていこう。

さて、今週の質問【Q】は?

▶前回:「可愛いね、モテるでしょ?」甘い言葉を囁く男が、実は見ていた“女のある部分”とは?



「梓、僕と結婚してほしい」

直輝と交際して、約8ヶ月。

いつかは結婚するかなとは思っていたけれど、ここまで早く言ってもらえるとは思っていなかったため、直輝の突然の言葉に一瞬頭が真っ白になってしまった。

「え…?」
「梓、僕と結婚しない?」

近所のスーパーへ行った帰り道で、何ならエコバッグからはネギがはみ出している。そんな状況でのプロポーズに驚きすぎて、私はただ頷くことしかできなかった。

「ありがとう…」
「ちゃんとしたプロポーズは、また別でするから。でも本気だよ」

全く想像していなかった事態だけれど、嬉しくて泣きそうだ。

でも…と、ふと不思議にも思う。

— 嬉しいけれど、なんで突然このタイミングで結婚を決めたんだろう…??

彼が結婚を決意した理由は、どこにあったのだろうか。


男が「結婚するならこの人だ」と思ったポイントは!?

Q1:男が出会ってすぐに交際したいと思った理由は?


直輝と出会ったのは、中目黒にある友人の家で開催された食事会だった。だが当日仕事が押したために、少し遅れての参加になってしまった。

「遅れてすみません!梓です」

頭を上げた途端に、直輝と目があった。

「梓ちゃん、お疲れ!仕事さっき終わったの?遅かったね〜」

— あれ?この人知り合いだったっけ…。なんか馴れ馴れしい人だな。

そう思っていたが、いざ話し始めると直輝は意外にいい人で、どうやら途中参加の私を気にかけてくれていたようだ。

しかも私含めて4名の会だったため、必然的に目の前に座る直輝と話す会話の量も多くなる。

「梓ちゃん、初めましてだよね?」
「そうですね。こういう会、久しぶりに来たので」
「そうなの?なんで?ずっとステイホームしていたの?」
「それもありますけど、長年交際していた彼氏がいたので。こういう会に全然顔を出していなかったんですよね」

実は、4年も交際していた彼氏と別れたばかりだった。

「え!そうなの?」
「そうなんですよ…先週別れちゃったんですけどね」
「先週!?別れたてホヤホヤじゃん」
「ホヤホヤって(笑)」

お互い親にも会ったことがあったし、当初は結婚も考えていた。

けれども長すぎた春とはよく言ったもので、最後のほうはただの馴れ合いになっており、異性としては全く見られなくなっていた。

だからお互いのためを思って、別れたのだ。

「そかそか。じゃあ今日は飲もう!!」

彼なりに慰めてくれていたのだろう。その心遣いが嬉しくて、思わず笑顔になってしまった。



「梓ちゃん、今度ご飯行こうよ」

会も終盤に近づいたあたりで、直輝が私を食事に誘ってきた。

「え?二人で、ですか?」
「もちろん。嫌?」
「嫌じゃないですけど…」

— まぁ彼氏とも別れたし、行ってもいいかな。

とりあえず軽い気持ちで食事へ行ってみることにしたのだが、二人で会うと、直輝の人柄がよくわかった。

一見軽そうに見えるものの、実は芯がしっかりしている。そして何より、優しかった。

「梓ちゃんを振る彼氏は、見る目がないね」
「そうですよね?本当に、本人に言ってやってくださいよ」
「でも、別れたおかげでこうして出会えたわけだし…。ある意味、その彼には感謝だな」
「なんですかそれは(笑)」
「よければ、僕と付き合わない?絶対、大事にするから」

最初は、冗談だと思っていた。ビールを飲みながら適当なノリで言っているだけかと思っていた。

だが本人は本気だったようで、真剣に思いを伝えてくれたのだ。

「え?それどこまで本気ですか? 」
「大真面目だよ」
「だって直輝さんモテるでしょ?」
「それとこれはまた別の話だから。この前会った時からいいなと思っていたんだよね」

34歳の私には、願ったり叶ったりのチャンスでもある。

彼氏と別れたばかりで、ここからもう一度出会いの場に積極的に出向いて、次に繋がるかどうか分からない相手に笑顔を振りまいて、恋をして…というのが面倒でもあった。

— 私でいいのかな?ありがたいけど。

「私でよければ」
「本当?やったぁ〜これからよろしくね!」

こうして、私たちは正式に交際することになった。


交際当初から決めていた?男が結婚を決意したキッカケとは

Q2:男が“この子と結婚しよう”と決めた理由は!?


交際に発展した私たちだが、マスコミ関連の仕事をしている直輝はいつも忙しく、予定がまったく読めない。約束は当日に決まることも多かった。

— 本当は、もう少し前もって予定を決めたいんだけどなぁ。

そう思っていたが、こればかりは仕方ない。

そのうちに、夜遅くなる時は私が直輝の家へ行って泊まるようになった。あるいはもしご飯を食べる時間から会えそうならば、直輝が私の家にご飯を食べに来るか、外で待ち合わせをする。そんなスタイルが、いつの間にか定番になっていた。

だから彼がいつ来てもいいように、一応部屋は綺麗にしておいた。料理は苦ではないので、いつでも何か作れるように常に準備もしていた。

「あぁ〜うまい。梓の作るご飯は、本当に美味しいね」

直輝は“美味しい”と満面の笑顔で食べてくれるため、作り甲斐がある。だからこちらも、つい張り切ってしまうのだ。



「褒めてもらえると嬉しいなぁ」
「本当に美味しいよ。梓、天才」
「それは褒めすぎでしょ(笑)そういえば、来週末も忙しいんだっけ?観たい映画があったんだけど…」
「来週かぁ。たぶん行けるけど、まだ確定できないかも…ごめん」
「仕事だもんね、仕方ない」

悲しいけれど、ここは我慢だ。

「でも、分かり次第すぐに連絡する」
「うん。でも無理はしなくていいよ。もし直輝が行けないなら、女友達を誘うか、それか一人で観に行こうかなと思って」
「そっちのほうが確実かも。で、何の映画を観るの?」
「私の大好きな、ゾンビ系の映画」
「いや…それはマジでひとりで行ってくれ…」
「だよね(笑)」

— 平和で、幸せだなぁ。

会うと毎回、こんな感じだった。喧嘩をすることもなく、特に大きな事件もなければイベントもない。

だが平和だからこそ、結婚へと駒を進める特別なキッカケが何もなかったのだ。

別に今の関係で問題もなく、居心地もいいので、お互いなんとなくこのままでもいいかなと思っていた気がする。

けれども、どこかで直輝の“結婚スイッチ”を押したようだ。

— なんだろう?ご飯が美味しかったから??

果たして、彼が結婚を決意した理由はなんだったのだろうか?そして、どのタイミングで私と結婚しようと思ったのだろうか。


▶前回:「可愛いね、モテるでしょ?」甘い言葉を囁く男が、実は見ていた“女のある部分”とは?

▶NEXT:4月18日 日曜更新予定
男が女との結婚を決めたキッカケは!?