昨今のデート様式として人気なのが、ホテルでのおこもり。

都内には魅力的なホテルが多数ひしめくが、昨年9月にオープンした「東京ベイ潮見プリンスホテル」が早くも話題だ。

東京駅から7分という好立地ながら、都心の雰囲気とは全く異なる別世界。

大人を高揚させる非日常が待っている!



隠れ家ホテルでおこもりといえば、都心のラグジュアリーホテルや近郊の温泉旅館が定番だが、新しい切り札にしたいのがベイエリアのアートホテルだ。

昨年9月に開業した「東京ベイ潮見プリンスホテル」は、東京・日本橋エリアから好アクセスながら、都心とは別世界の非日常の空気感がある。

館内は「水辺の宿場町」をデザインコンセプトに、BAKIBAKI氏など複数の新進気鋭の作家がアートを担当。館内には、海や江戸文化にまつわるアートワークがちりばめられている。

そして、ここが「使える」と話題を集める理由は、大浴場にある。

天井高5mの開放的な空間に、奥行き12m、幅5mの浴槽は、都内ホテルで最大級の広さを誇る。

チェックイン後から深夜25時、朝は6時から10時まで利用できるので、ほとんどのゲストが1日に2回入浴するほど。

男性はドライサウナ、女性はスチームサウナが用意され、隣にはフィットネスジムもあるので、存分に汗を流してリフレッシュするのもよし。

また、レストランはオールデイダイニングとなっており、一日を通して利用が可能。

都内でサクッと解放感&癒やしを得られるこのホテル、知っておくと重宝すること間違いなし!



天井が高く、開放感あふれるロビー。アートホテルを象徴するように、壁に大きな壁画が。

ゆったりとしたひとり用のソファー席も人気。



男湯には、葛飾北斎「富嶽三十六景・神奈川沖浪裏」をモチーフにしたSAL氏のアートが。

浴室をスタイリッシュな印象に。



2人でゆったりおこもりできる「デラックスコーナーツインルーム」は、約43㎡。シモンズ社製のデイベッドを使えば、フォースルームにも。

部屋ごとにウォールアートの違いがあるのも楽しい。