「やめるときも、すこやかなるときも、あなたを愛する」と誓ったはずなのに…。

“やめるとき“は、愛せないのが現実。

思い描いていた結婚生活とは程遠く、二人の間に徐々に生じ始める不協和音。

「こんなはずじゃなかった」と不満が募ったとき、そもそも「この結婚、間違ってた?」とふりかえる。

あなただったら、この結婚生活やめる?それとも…?



Vol.1 足りなかった覚悟


【今週の夫婦・結婚2年目】
夫:慧  (30) ライバー事務所経営・経営コンサル
妻:優香里(29) 大手メーカー役員秘書


『優香里、ごめん。今日もこのまま会食になりそうだ』

夫の慧(けい)からLINEが入る。料理中に音がないと寂しいからと、18時につけたテレビは、いつの間にかバラエティ番組になっていた。

― こんな時間に言わないでよ…。

今日は土曜日で慧が早く帰れると言うから、好物の鶏の唐揚げとポテトサラダ、それから具沢山のお味噌汁を準備していたのに、虚脱感に襲われる。

どれも割と手がかかるメニューで、一人の夕飯ならば作らない。

私は手を止め、二人暮らしにしては大きすぎる冷蔵庫からスパークリングワインを取り出した。そして、親友から結婚祝いにもらったバカラのシャンパングラスに注ぐと、一気に飲み干す。

一緒に食べられないとわかると、料理をする気が失せてしまう。

下味をつけた鶏肉はそのまま冷凍し、お味噌汁は、帰宅した慧が欲しがることが予測できたので、とりあえず仕上げた。

そして私は、すでに出来上がっていたポテトサラダと、明日食べるために買ってあった塩トリュフパンで簡単に夕食を済ませることにした。

ソファに腰を下ろし、グラス片手にNetflixで韓国ドラマを見ながら心の中でつぶやく。

― なんだか、思っていた暮らしと違うんだよなぁ…。


結婚前に優香里が思い描いていた結婚生活とは?

慧との出会い


夫の慧とは、2年前、私が27歳のときに恵比寿で行われた食事会で出会った。

それまでの私は、同年代の男性にはまったく興味がなく、自分よりずいぶん年上の経営者とばかり遊んでいた。

仲の良い女友達は、皆美人で華やか。口には出さないものの、彼女たちも私と同様、いつかは経営者と結婚してセレブ妻になることを目先の目標にしていた。

しかし、ちやほやされる時期は何年も続かない。

自分以上に若くて面白い子が現れると、会に呼ばれる回数が如実に減る。

それに、そもそも彼らは既婚率が高い。稀にいる独身の男性は、バツイチか、結婚にメリットが見出せないという合理主義者ばかり。

だから私は腹をくくり、現実を見て、真面目に婚活をすることにした。友達に誘われた“同年代男子との食事会”に顔を出したのだ。



しかし、年収1,000万足らずで誇らしげに仕事内容を語るサラリーマンたちを、どうしても受け入れられなかった。

これまで遊んできた経営者たちと比べると、彼らの話を死ぬ程つまらないと感じてしまう自分がいた。商社マンたちの狭い世界での上下関係の話や、広告代理店で働く人のあたかも自分が作ったかのように話すテレビCMの話は、痛くて笑えてきてしまうほどだ。

その精一杯の自慢話に素直に「すごい」とか「さすが」だとかを言える可愛い私は、とっくにいなくなっていた。

「優香里ちゃん、何か他に食べたいものある?」

とりあえず酔ってしまいたくて、お酒ばかり飲んでいた私。料理に手をつけていないことに気づいたのか、目の前の男性が声をかけてくれた。それが、今の夫・慧だ。

一つ年上の慧は、こちらから聞かなければ、自分の仕事のことを話さない物静かなタイプだった。しかし、彼の言葉の端々からは、仕事への情熱や野望が見え隠れしていた。

慧は、80名ほど社員がいる飲食関係のベンチャー企業の経営者だったのだ。

誠実で、頭の回転は速い。いつかこの人は、億単位で稼ぐ人になる。そんな予感がした。

年上のオジサン経営者にも、同年代のサラリーマンにも感じたことがない胸の高鳴りは、そのまま恋心へと発展した。

「僕の仕事って、安定してなくて、もしかしたら苦労をかけるかもしれない。でも、どんな時でも優香里ちゃんとの家庭を一番に考えて働くから」

プロポーズの言葉を思い返す。あの頃は、慧は経済的にも時間的にも余裕があり、言葉の本当の意味を理解しないままに二つ返事でプロポーズを受け入れた。

だけど、こんなに毎日が寂しくて、収入に波があるなんて予想外だった。



色んなことを思い出していたために、ドラマの内容が頭に全然入ってこない。私はテレビを消してスマホでInstagramを開いた。

『愛華:ゆかりん、週末空いてない?私の好きなブランドとのコラボアフタヌーンティーが虎ノ門でやってるんだけど、一緒にどう?』

友達の愛華からDMが来ていた。彼女は、昔よく一緒に食事会に行っていた飲み友達だ。

私とほぼ同じ頃に、国内外にエステサロンを展開している51歳の経営者と結婚した。おそらく旦那さんの資産は、数十億。

愛華が自由に使えるお金は、月200万程度と前に聞いたことがある。だから、夫が家にいなくても、何の不満もないという。

彼女のInstagramは、見るのも嫌になるほど贅沢な品々で溢れている。

私がいつかは欲しいと思っているミニケリーを色違いで何個も持っているし、最近はクロコのバーキンを買ってもらったらしい。

彼女はそれを “恋愛感情ナシの結婚をした自分へのご褒美だ” と言っている。

誘われたアフタヌーンティーの情報くらい私も知っている。でも、そのブランドのバッグを持っていないから行けない。


イライラを募らせる優香里。ついに言ってはいけない一言を夫に発してしまう…!?

『優香里:ごめん、週末は夫に予定を空けといてって言われてて…』

仕方なく、適当に理由をつけて断った。

もちろん嘘だ。慧は、仕事で最近は土日に家にいることなどめったにない。

気乗りしない原因は、ブランドのバッグを持っていないことだけじゃない。優香里と顔を合わせたくなかった。ちょっと前までは、同じレベルで遊んでいたのに、結婚してから急に格差ができたような気がして、自分が惨めになるのだ。

慧の年収は、恐らく2,000万程度。それも、1年前までの話だ。

コロナを機に代表をしていた会社を部下に託し、ライバー事務所の経営と飲食店の経営コンサルを始めたため、彼は急激に忙しくなった。

そのうえ、年収は、肌感覚だと半分程度にまで落ちた気がする。

慧が先週「しばらく家賃を抑えられるところに引っ越したいんだけど」と相談してきたから、想像以上に厳しいのかもしれない。

一方、私は結婚してから、外へ飲みに行く機会が激減した。

結婚した途端に誘いがパタリとなくなったのだ。相手が気を使って誘わなくなったのもあるだろうが、結局のところ“人として”ではなく、“女として”呼ばれていたのだと実感した。

スマホをテーブルの上に置くと、目の前のグラスが目に入る。グラスにシャンパンじゃなくスパークリングが注がれていることが急に惨めになり、残りを流しに捨て、ため息をついた。





「ただいま」

23時になって慧がようやく帰ってきた。

「おかえり。夕飯いらないって連絡、もっと早くして欲しいな。準備してたからさ」

「ごめん!でも急に会食になることは、これからもあると思うし。今日も会食のあと仕事に戻ったんだよ」

慧は、冷蔵庫からポカリスエットを取り出し、ペットボトルを直飲みしながら言う。彼からタバコの臭いがし、綺麗に保っているリビングの空気が汚されたような気がした。

「それに、今日はすごくいい会だったんだよ!」

待っていた人の気も知らないで、嬉しそうに話す慧を見ていると腹が立ってきた。思わず、日頃の鬱憤が爆発する。

「あなたはいいわよね、結婚しても生活が変わらず、外の世界が充実してて。私なんて180度変わったよ。せめてもっと稼いで、私が結婚してよかったって思えるようにしてよ」

「なんだよ、それ…」

慧は、不機嫌さを露わにし、バスルームへ向かうと大きな音を出してドアを閉めた。その態度にムカついて、追いかけながら私は叫ぶ。

「ちょっと、まだ話終わってない!一緒にいる時間が全然ないうえに、稼ぎも少ないなんて。……結婚した意味ないよ」

言い過ぎたかも、と思ったときには、遅かった。今まで聞いたことがない強い口調で、慧が怒鳴る。

「そんなに稼いでいるやつがいいなら、僕とは離婚して、金持ちジジィと結婚したらいいだろ!優香里の望む生活は、今の僕には叶えられない!!」



私は、消化不良の感情を無理やり押し込めながら、寝室に閉じこもった。

ここ最近ずっと、モヤモヤとした思いを抱えていたが、自分でもその原因がどこにあるのかわからなかった。

でも、愛華と連絡して卑屈になった自分をみてわかった気がした。

― 結局、私、中途半端なんだな。何も覚悟ができてなかったのかもしれない。

愛華ほど、割り切って条件だけで相手を選んで結婚できるタイプでもなく、安定したサラリーマンはつまらない。スタートアップの慧と一緒に夢を追いかけるのは、楽しそうだし、伸びしろがある人の方が一緒にいてワクワクする。

そう思って結婚したはずだった。

それなのに、今は、安定した経済力を求めている。だからといって、離婚を考えるほどでもない。

― こういうの、ないものねだりって言うのかな…。

ふと、寝室に飾ってあった結婚式の写真が目に入る。幸せそうな自分の笑顔を見ると、胸がチクリと痛む。純粋に彼の未来を信じていた頃の私。

― もっと稼いで欲しい、かまって欲しいって…。慧に何かしてもらうことばかり考えていたのかもしれないな。

きっと慧は、リビングのソファで寝るだろう。今までも何度か言い合いはしてきたが、その日のうちに仲直りができない人なのだ。

私は、起き上がるとリビングに戻った。

お風呂上がりの慧が、すぐにお味噌を飲めるように沸騰直前まで鍋を温め、お椀を用意する。さらに、彼が明日着るであろうワイシャツにアイロンをかけた。

二人が離れることがないように、今の自分ができることをやってみよう。

そう決意したのだった。


▶他にも:「真相をお話しします…」人妻と密会した27歳男が激白した、トンデモナイ秘密

▶Next:5月15日 土曜更新予定
イケメンにしか恋できない女が選んだ結婚相手の、最悪な欠点