都内の鮨店の中でも、このネタを食べてほしいという「逸品」がある店を厳選してご紹介。

個性派な鮨が評判の『鮨處 やまだ』で、ひと際目を引く名物は、“いくらショットガン”。他にも、アスパラや椎茸の“野菜鮨”など、すべて味も見た目も記憶に残る逸品ぞろいだ。

鮨界の革命児が創り出すコースに酔いしれよう。


▶「逸品がある鮨店」前回: 7種のうにを味見して、お気に入りを贅沢に味わえる銀座の鮨処




「いくらショットガン」に痺れる!この店には、まだまだ心奪われる鮨がある


「鮨屋は言うなればDJ。その日の仕入れ、天気、常連さんが多い日なのか、初めての方が多い日なのか。その時間の空気に合わせてセットリストを変えていくという意味では」

おまかせを“セットリスト”に例える大将の山田裕介さん。異業種から転身し、コリドー街のビル中に店を構えて9年。

言葉通り、15貫から構成されるその流れは、日によって異なる。



アスパラや椎茸の“野菜鮨”など、個性派な鮨が評判の同店でひと際目を引くのは、「いくらショットガン」だ。

軍艦だと海苔の風味が強く、丼だといくらがシャリと一体化する前に潰れてしまうという点をクリアした、いくらを存分に味わえる唯一無二の一品。

おちょこサイズの器の中央にシャリ、周りにいくらを添え、一気に吸い上げて食べるのが流儀。

いくらの優しい甘みとシャリのダイレクトなハーモニーは、口内に余韻を存分に残す。



カツオ出汁で煮浸しにした白アスパラを握りに。口の中で広がる出汁に、添えられた糸節が“追いカツオ”を叶える。人気の野菜鮨。



特大で肉厚な徳島県産「しいたけ侍」を採用。香りが立つよう、あえて裏側を表にして包むように握っている。



基本のおまかせは15貫だが、その後は追加注文も可能。

25〜30貫あたりで登場する通称「あん肝エベレスト」は、フォトジェニックかつ濃厚なうまみが炸裂する一品。



雑居ビル内にある店は、カウンター8席のみの落ち着いた空間。



次はどんな鮨が出てくるのかと、訪れた人々に期待をさせる。これぞ、“名DJ”の腕の見せどころ。わざわざ訪れたい所以なのだ。


【Price】おまかせ 16,500円
【Reservation】2週間〜1ヶ月前
*電話のみで受付。予約可能期間は2ヶ月先まで。当日でも空席があれば可。コースにプラスする場合も1貫1,100円という明朗会計。

▶NEXT:4月24日配信予定 逸品のある鮨店『銀座 鮨 學』