男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—あの時、彼(彼女)は何を思っていたの…?

誰にも聞けなかった謎を、紐解いていこう。

さて、今週の質問【Q】は?

▶前回:自粛中に結婚を決めたものの…。結婚たった1年で、妻が夫に耐えられなくなった理由



彩と交際して、約半年。

もうすぐ彼女が30歳の誕生日を迎えるということで、僕は一大決心をしていた。

今週末に差し迫った彩の誕生日に、プロポーズをしようと思っていたのだ。

恵比寿にある超有名店を予約し、店の人にも伝え、準備は万端だった。

そしていざデザートが運ばれてきたタイミングで、一緒に花も持ってきてもらい、先日銀座で買ったばかりの指輪を見せる。

「彩、結婚しよう。ちゃんと責任を取るから」

きっと感動で泣き崩れているだろう。そう思い、僕自身も歓喜に包まれながら、彩のほうを向いた。

ところが彩は、驚いてはいたものの、まさかの憮然とした態度だったのだ。

「ごめん。私、慶太と結婚するつもりはないの」

店の人も、どうすればいいのか戸惑っている。周囲のお客さんたちも、僕たちを見ないように慌てて視線をそらしている。

こんな屈辱的なこと、初めてだった。

「な、なんで…?」

悲しみと同時に、断られたことに対する怒りも湧いてきた。


30歳の女と、36歳の男のプロポーズ物語。失敗したのはナゼ?

Q1:女が気になっていた、男の言動に対する違和感は?


彩と出会ったのは、友人の紹介だった。彼女と別れたばかりの僕に、友人が“イチオシの美女”ということで紹介してくれたのだ。

「初めまして、慶太です」
「彩です」

ものすごく美人だが、最初は口数が少なかったので、おとなしい感じの人かと思っていた。

けれども話していくうちに向こうも気を許してくれたのか、段々と会話が盛り上がっていく。



「彩ちゃんの、好きなタイプの男性はどういう人なの?」
「私は優しい人かなぁ。慶太さんは?」
「僕は彩ちゃんみたいに綺麗な人。…というのは冗談だけど、ちなみに彩ちゃんって今何歳?」
「私は29歳です」
「そっか。ここだけの話、30歳を過ぎると結婚もセットで考えないといけないから、年上の女性が苦手で」
「そうなんだ。男性も、いろいろと考えているんですね」

35歳を過ぎて独身でいる僕が言えることではないけれど、もう少しひとりでいたい気持ちもあるし、正直結婚願望があまりない。

そのため交際相手に求める条件として、“重くない子”というのが大事だった。

「重い子が苦手でさ…。ある程度自由にさせてくれるような、束縛しない心の広い子がいいな」
「束縛は私も嫌いだなぁ。束縛って、意味ないですよね」
「そう思う!?彩ちゃんっていい子だね!!」

― 束縛しなくてしかも綺麗だなんて、絶対にいい子じゃん!

今までいろいろな女性に会ってきたけれど、どこかピンと来なかった。だが彩は特別な気がする。

自分の直感を信じて、僕は彼女をデートに誘った。そして何度かデートを重ね、交際を申し込んだのだ。

だが、彩はもうすぐ30歳になる。もし結婚願望がなるならば、ちゃんと伝えておいたほうがいいだろう。

「彩、僕と付き合わない?大事にするから」
「本当に?」
「ただ…ごめん。僕、結婚願望がなくて。いつか芽生えるかもしれないけれど、今すぐに結婚はできない。それでもいい?」

後出しジャンケンになるのは嫌だったので、交際を申し込むと同時に、自分の結婚に対する意思を素直に伝えた。

30歳を過ぎて結婚するかどうか曖昧なまま、数年交際して別れた…となると、向こうのダメージも大きいだろう。だから事前に伝える、というのが僕の精一杯の誠意だった。

「わかった。先にそれを言ってくれてありがとう。これから宜しくお願いします」

こうして、晴れて交際に至った僕たち。だが関係を深めていくうちに僕のほうが彩にハマり、ついには責任を取って結婚しよう、と思うほどまでになったのだ。


ついにケジメをつけようと決意した男。だが女が断った理由とは?

Q2:30歳の女が、男のプロポーズを断った理由は?


交際をしてみてわかったことがある。彩は想像以上に素敵な女性だ、ということだ。

2週間に一度くらい、週末に彩が泊まりに来るのが定番になっていたけれど、うちに来ると、彼女は洗濯も掃除もしてくれた。

「彩、ありがとう。彩が来ると部屋が綺麗になる。本当にイイ女だね」
「普段、どんな生活送っているの?心配になっちゃうよ」
「掃除はハウスキーパーの人に任せっきりだから…。でも、彩もやらなくてもいいからね。週に1回は来てもらっているし」

別に、彩に家事能力を求めていたわけではない。けれどもやはり、家事ができる女性は魅力的だ。

「来週、どこか行きたい店とかない?せっかくだし、彩が行きたいところ予約しておくよ」
「ありがとう〜!考えておくね」
「普段ひとりだと行けないような店とかでいいからね。決まったら教えて」
「分かった♡ありがとう」

彩は食べることも飲むことも好きなので、一緒にいい店へ行くのが楽しい時間でもあった。

「私、青山にある和食のお店で、行きたいところがあるの」
「OK。じゃあ予約しておくね」

彼女の行きたい店のリクエストに答え、予約をして支払いもする。我ながら、いい彼氏だと思う。

そしてその翌週末。彩が行きたがっていた店のカウンター席で、自由な発想の創作和食を堪能しながらデートを楽しんだ。



「今週も忙しかったなぁ〜。慶太は?」
「僕もかなり忙しかった。でも彩、働きすぎじゃない?大丈夫?そんながむしゃらにならなくても…」
「そうだよね。でもせっかくのチャンス、頑張りたいなぁと思っていて」
「まぁこれからは女性も稼ぐ時代だしね」
「そうなんだよね」

自立している点も好きだった。依存がないので束縛もない。

お互い自由で、でも信頼し合っているなんて、最高のバランスだ。それに何より彩といると癒された。

「俺、彩といる時間好きだなぁ。癒される」
「本当?私は何もしていないけど」
「笑ってくれているだけで嬉しいからさ」
「またそんなクサイ台詞を堂々とよく言えるね(笑)」

照れながらも、嬉しそうにしてくれる彩。彼女とだったら、この先も一生一緒にいられるかもしれない。

そう思い、僕はプロポーズをしたのだ。

それなのに、結果は見事に玉砕だった。

自分で言うのもなんだが、僕は条件的には悪くないと思う。稼いでいるし優しいし、彼女のワガママだって聞く。行きたいという店にもちゃんと連れて行くし、悪い点は何もない。

― 仕事が忙しくて、タイミングじゃなかったのかな…?

一体どうして、僕は断られてしまったのだろうか。


▶前回:自粛中に結婚を決めたものの…。結婚たった1年で、妻が夫に耐えられなくなった理由

▶NEXT:5月9日 日曜更新予定
男が振られた決定的な理由とは?