「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“「妊娠中に他の男と…?」“ある写真”を手に入れた35歳夫”に“年収550万の女が、引っ越した先に見つけた大切なモノ”から“エリート38歳男を待ち受ける、匿名OLが仕掛けた罠”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
「妊娠中に他の男と…?」“ある写真”を手に入れた35歳夫が、妻を問い詰めたら

育児を経験した友人たちには”ジーナ式”を勧められたが、泣き叫ぶ娘のエマをベッドの上に放置することに耐えきれず抱き上げてしまう。

腱鞘炎になりそうな程、娘の背中を優しくトントンし、気づけば1時間も立ったままユラユラし続けた。

腕の中でようやく眠った娘が起きないように全神経を集中させ、そっとベッドの上に戻す。

そんな時に限って、夫が帰ってくるのだ…。

続きはこちら


★第2位
「夫が女に夢中だと知っていたけれど、まさか…」想像以上にショッキングな興信所からの結果とは

亜里沙という女と男女関係にあることは、明らかだ。樹は大して隠すつもりもないのだろうから、きっとすぐに現場は押さえられる。

「夫婦間でもプライバシーが一番大切」と常日頃豪語している樹にとって、興信所に隠し撮りされるなど許しがたい行為だろう。

即離婚と言われる覚悟もできているし、そうなる可能性は限りなく高い。樹がコソコソしていない以上、地道に真琴が証拠を集めることも可能なはず。ただ、真琴は“知りたい”わけではない。ただ、話し合うための“手段”が必要だったのだ。

続きはこちら


★第3位
「蒲田に住んでるって言いたくない…」年収550万の女が、引っ越した先に見つけた大切なモノ

食事会の頻度はガクッと減り、ひとり暮らしで彼氏ナシとなると、外へ出る機会も減る。そうなると着飾る気力がなくなり、自分磨きの時間も減る。

「遼は、今何をしているかな…」

暇で出会いもないせいだろうか。ここ最近、1年ほど前に”低スペック“と見切って別れた元彼のことばかり考えてしまう。忙しい時には気がつかなかったが、暇になると忙しさは人生の充実度だったと気がつく。

だから低スペックだと見限った男が、実は超優良株だったことにも、後から気づくのだろうか。

続きはこちら


★第4位
「目のやり場に困る…」デートで女の格好に戸惑った男。その後、彼女が不機嫌になった理由とは

「麻美さん、ここあと30分で閉まっちゃうから早く食べましょう!」

遅れてきたうえに急かすようなことを言ったのだから、彼女を嫌な気持ちにさせてしまったのかもしれない。

仕切り直しに2度目のデートに誘ってみたが、やんわりとはぐらかされてしまった。

最初はイイ感じだったのに、どうしてこうなってしまったのだろう。待ち合わせに遅刻したのが、そんなに許せなかったのだろうか…?

続きはこちら


★第5位
社内で女遊びをするエリート38歳男。彼を待ち受ける、匿名OLが仕掛けた罠

『助けて。セクハラを受けています』

社内イントラネットの投書システムを経由すると、匿名で僕たち人事部の担当チーム宛にメールを送信することができる。

告発の内容はその一文だけ。詳しい内容も書いていないし、部署はもちろん名前も不明だ。

ここ数年で会社のコンプライアンスはとても厳しくなり、わが社のような超大手企業はこの手のトラブルに敏感だ。この4月に人事部に異動になったばかりの僕のところに、まず話が上がってきた。

続きはこちら