東京カレンダーが自信を持ってお勧めする「今行くべきレストラン」をピックアップして定期的にご紹介。
最近オープンを迎えた、東京の最新レストラン13店をお届けします。


ふらっと入ってビールをキュっと!まるで縁側のようにくつろげる麻布十番のバル

西麻布・六本木・麻布十番

麻布十番のなかでも三田に近い、住宅街が広がる閑静なエリアに、『BIRTH DINING by plein』なる新店が4月に誕生した。

コンセプトは“ネオ食堂”。

ふらっと立ち寄り、ビールで喉を潤すのにピッタリの空間だ。

続きはこちら


表参道の天空テラスでBBQなんて最高!絶対に知っておきたい最旬スポット

表参道・青山

夏の夕暮れに、心地よい風を感じながらのBBQ。

そんな素敵なイベントが、都内の表参道で叶うというのだから驚きだ。

表参道駅からほど近く、それもわずか4階という低層階に、抜けのよい景観を持つルーフトップが隠れているとは、誰も思わないだろう。

続きはこちら


大人な渋谷のランドマーク「セルリアンタワー」に、本格日本料理店がオープン!

渋谷

「セルリアンタワー東急ホテル」といえば、2001年の開業以来、渋谷の“大人イメージ”を牽引してきたランドマークだ。

この5月に開業20周年を迎えたのを機に新たにオープンさせたのが、今回紹介する日本料理店『Japanese Cuisine 桜丘(ジャパニーズキュイジーヌ さくらがおか)』。

ホテルの中にありながら開放感あふれるモダンな空間で、自慢の懐石料理が味わえるのだそう。

トレンドの発信地・渋谷で、伝統的な日本料理の真髄を楽しむ。この粋なギャップをぜひ『桜丘』で堪能してみてほしい。

続きはこちら


「やっぱり、和食が好き」と心から実感できる!あの名店出身の若き実力派が手掛ける新店

日本橋

和食好きの大人から圧倒的な支持を集める『新ばし 星野』。

この名店の味を継承しつつも、独自の感性を活かした料理で早くも話題となっているのが、人形町に誕生した『礒田』である。

改めて「和食っていいな!」と実感させてくれる、若き店主の確かな腕前に唸る!

続きはこちら


このラーメン、コクが深〜い!“あの食材”を使ったリッチすぎるスープに秘密があった!

新宿・代々木

新宿御苑前エリアに誕生した『匠104』。

高級中華店のシェフがプロデュースしたラーメン店で、「他にないほどコク深い美味しさ!」と早くも評判を呼び、話題となっている。

この店のラーメンが人気の理由は、こだわりのスープ。どんな秘密が隠されているのだろうか?

続きはこちら


西麻布の邸宅で過ごすような新店イタリアン!本物のアートと器に囲まれる優雅な夜を

西麻布・六本木・麻布十番

イタリアンの門構えといえば開放的で分かりやすい造りが多いが、予想外の入口をもち、ひっそり佇む店が近年増えている。

しかもお洒落エリアに開業されているのに、行き交う人々が店の存在にほぼ気づかないのも面白い。

そんな隠れ家レストランへの誘いは、デートに新しきストーリーをもたらしてくれる。

続きはこちら


お次は、肉好きには堪らない和牛を贅沢に味わえる新店や、名店『鮨 よしかわ』の2号店をご紹介!

魚の聖地・築地で「この店、すごい!」と食通がざわつく贅沢イタリアンとは?

築地・月島

木の引き戸に、和障子の窓……、外見では到底イタリアンのお店とは気づかないこの一軒。

築地で今話題沸騰の『baban』である。

扉をくぐれば、築地らしい上質な魚と高級食材の組み合わせや、臨場感溢れるプレゼンテーションが待ち受ける。

まさに、至高のイタリアンといえる名店だ!

続きはこちら


六本木に新たな肉の聖地が誕生。和牛三昧の贅沢コースを完全個室で堪能!

西麻布・六本木・麻布十番

今年3月、六本木駅徒歩1分の場所に肉ラバー歓喜の新店がオープンしたのはご存知だろうか。

それが、和牛レストラン『六花(RIKKA)』。

目を奪われるほどの豪華絢爛な空間で、アミューズから〆まで余すことなく肉三昧を堪能できると話題になっている。

続きはこちら


“輝く太巻き”が名物の鮨店が、2号店をオープン!港区の鮨ツウをザワつかせる、粋なスペシャリテ

西麻布・六本木・麻布十番

恵比寿の鮨ツウが“唯一無二”と口をそろえる名物太巻きが人気の『鮨 よしかわ』。

今年、満を持して麻布十番に進出。それが『鮨 よしかわ 麻布十番』だ。

SNSなどで頻繁に登場するも、実際にお目にかかれるチャンスはなかなか巡ってこなかった贅沢な味わいを、ぜひ体感いただきたい!

続きはこちら


夏の食欲をそそる旨辛麺!日本にいながらガッツリ本場の味を楽しんで

門前仲町・両国・錦糸

暑い日が続くと、スパイシーな料理が無性に食べたくなる。味覚にも夏、到来だ。

知る人ぞ知るエスニック料理の激戦区・錦糸町で、話題を集めていた中国料理店『SOUTH LAB南方』が、店名やコンセプトを刷新しリニューアル。

その名も『Indochina Quarter vege&vin』(インドシナ クォーター ベジ&ヴァン)。今回は、異国情緒あふれるスパイシーな料理を紹介する。

続きはこちら


愛らしいテディベアのスイーツが銀座に登場!“トキメキ”を欲する大人を夢中にさせる!

銀座・有楽町・丸の内・八重洲

“SNSでバズるスイーツ”として大人気の六本木の『ルワンジュ・東京』。

今年に入り、銀座店『ルワンジュ・東京 ル・ミュゼ』をオープンした。

銀座店ではイートインが可能となり、アート作品のようなスイーツさながらの美しい空間で、極上のスイーツを堪能することができる。

人々の心をときめかせて止まない、同店の魅力をたっぷりお伝えしよう!

続きはこちら


世界中の美食家が認める新進気鋭シェフが、日本のフレンチに新しい風を起こす!

銀座・有楽町・丸の内・八重洲

いま、あるフレンチの誕生が東京のグルメシーンを揺るがしている。丸の内の5ツ星ホテルが、トップシェフを海外から呼び寄せたからだ。

7月1日、「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」の新たなフレンチ、『SÉZANNE(セザン)』がオープンした。

なんとシェフは、アジア4位の実力をもつ、ダニエル・カルバート。彼の料理を食べたいと熱望する人は、世界中に存在するほど多くの人々を魅了させている。

そんな実力の持ち主が、腕を振るう料理の数々を紹介しよう。

続きはこちら


銀座に誕生した新しき鮨の名店。洗練された空間で握りを愉しむ、極上のひととき

銀座・有楽町・丸の内・八重洲

銀座で名声を博した店主が己の鮨と向き合い、今年5月に満を持して銀座にオープンした『佐たけ』。

新たな世界観で仕掛ける研ぎ澄まされた鮨、洗練されたおもてなし、そして計算されたこだわりの空間が魅力の、新たな鮨の名店だ。

続きはこちら