アッパー層が集結する街・東京。

その中でも特に裕福な、純金融資産“1億円”以上の富裕層はどのくらいの割合か、ご存知だろうか?

ある統計によると 「日本の全世帯のうち2.5%程度」というデータがあるらしい。

なかなか出会えない、2.5%の富裕層たち。

レアな生き物である彼ら"かねもち"たちの、ちょっと変わった生態を覗いてみよう。



秘書室に配属された平凡女・日菜(27)


清楚でシンプルなファッションに、清潔感のある美貌。上品な言葉遣いに、優雅な立ち振る舞い…。

ここが「女子アナウンサーの控室だ」と言われても、きっと誰も疑うことはないはず。

― なんで平凡な私が、こんなところに配属されちゃったんだろう?

そう考え込んでしまうほど、ここは“特別”な女性たちばかり。

超大手化粧品メーカーの重役秘書室。5年目にして営業部から異動してきたばかりの私は、社長決裁のための稟議書を整理しながらため息をついた。

「日菜ちゃん、大丈夫そう?わからないことがあったらいつでも聞いてね」

透き通るような優しい声で私に声をかけてきてくれたのは、OJT担当の茉莉花さん。

私より5歳年上の32歳。でも、若造りするでもなく30代らしい大人の女性の美しさがあって、美女ぞろいの秘書室の中でも飛び抜けて目立つ存在。憧れの女性だ。

「茉莉花さん…。いえ、悩んでるのは仕事のことじゃなくて」

― どうやったら、茉莉花さんみたいに素敵な女性になれるんですか?

そう言おうとして、慌てて口をつぐんだ。こんなこと後輩から打ち明けられても、きっと茉莉花さんを困らせちゃうだけ。

だって、理由はわかりきっているのだから。


「茉莉花さんみたいにはなれない…」と、日菜が諦めているワケ

茉莉花さんが“特別”な理由。それは、彼女が超・ド級のお嬢様で、おかねもちだから。

誰もが知っている大企業の創業家に生まれ育ち、家は千代田区の豪邸。幼稚園からエスカレーターで白百合、大学は上智。この会社の社長も、お父様と経営者仲間だっていう噂。

埼玉の、ごく普通のサラリーマン家庭出身で、辛うじて奨学金ナシで法政大学を卒業した私とは、バックグラウンドからして全然違うのだ。

「日菜ちゃん?」

月とすっぽんのような落差に気が遠くなりそうな私を、茉莉花さんが心配そうに覗き込む。その口もとに寄せた指先が、美しいネイルアートで宝石のようにきらきらと光った。

いつだって輝いている茉莉花さんは、爪の先まで常に完璧。

「茉莉花さんって、いつもネイルすごく綺麗ですよね。どこのサロンに行ってるんですか?」

ほとんど無意識のうちに、そう尋ねていた。

プライベートに踏み込んでしまって、気を悪くしたかも?と一瞬心配になったけれど、彼女の反応は全然違った。パアッと大輪の百合が咲いたような笑顔を見せて「嬉しい〜」と喜んでくれたのだ。

― あぁ、茉莉花さん…。笑顔も美人すぎません?

お嬢様の美貌を目の当たりにして惚けるしかない私に、彼女は嬉しそうに続ける。

「いつもお友達のサロンでやってもらってるの。よかったら日菜ちゃん、週末一緒に行かない?とってもセンスいいのよ」

音楽みたいに心地よく響く茉莉花さんのお誘いに、思わず「ぜひ!」と言ってしまいそうになる。けれど、ギリギリのところで私は踏みとどまった。

少しでも茉莉花さんみたいになれたら嬉しいけど、超お嬢様の茉莉花さんが通う、超お嬢様友達のネイルサロンなんて。もしかしたら、めちゃくちゃお値段が高いのでは…?

急に心配になった私は、どうにか愛想笑いを浮かべる。そんな私の様子にまったく気づいていない茉莉花さんは、上機嫌でiPhoneの画面を私に差し出した。

表示された恵比寿のプライベートネイルサロンのInstagramは、わかりやすい料金表が表示されている。意外にも良心的なお値段で、シンプルなフレンチネイルなら1万円くらいで済みそうだった。

「わぁ、かわいい…!お値段もそこまでじゃないんですね!」

思わず本音が出てしまった私に、彼女はにっこりと頷く。

「そうなの。あ、でも…。私はいつも“お友達価格”なんだけどね」

お友達価格。なら、これ以上安くなる?もしかして茉莉花さんと一緒に行ったら、私もお友達価格にしてもらえるかも…?

でも…と言い淀んでいたのは、私にはお友達価格が適用されない可能性があるからかもしれない。それだって、定価で1万円くらいなら私だって出せる値段だ。

こうなってみれば、せっかくのお誘いを断る理由は何ひとつ見つからない。

― お得なお値段で、茉莉花さんに一歩近づけちゃうなんて!

“お友達価格”の響きにほんのちょっぴりヨコシマな考えを抱きつつ、私は「ぜひぜひご一緒させてください♡」と前のめりに答えたのだった。



迎えた約束の土曜日。サロンのある恵比寿の住宅街に、茉莉花さんは約束の時間きっかり5分前に現れた。

「日菜ちゃん〜。ごめんね、お待たせしちゃって」

タクシーの中で支払いを済ませながら、開いた窓越しにそう謝る茉莉花さん。遅れていないのに後から到着しただけで謝るところは、さすがの育ちの良さという感じだ。

「いえいえ!全然待ってないです!」

笑顔を浮かべながらそう返した私は、タクシーから降りてくる彼女を見て、思わず目を丸くする。

「茉莉花さん、それ…」

ブラックのシャツワンピに、エルメスのボリードという気品あるファッションに身を包んだ茉莉花さんは、予想外のものを持って現れたのだ。


タクシーから降りてきた茉莉花が、手に持っていたモノとは

茉莉花さんが持って現れたもの。

それは、2つの大きなグリーンの紙袋だった。

「それ『ベイユヴェール』ですよね!」

大興奮して話しかける私に、茉莉花さんは照れくさそうに笑う。

「大荷物で恥ずかしい〜。私、ここのケーキが大好きで。今日はあんまり可愛いからマカロンも10個くらい買ってきちゃったの」

『ベイユヴェール』といえば、バタークリームで繊細な花びらが施されたケーキは1万円超え。マカロンに至っては、ひとつの値段が1,500円くらいはしたはずだ。

― 1,500円のマカロンを大人買いだなんて!…ネイルが終わった後に、お友達やご家族と楽しむのかな。

甘いものフリークにとって夢の高級品。それが総額3万円くらいは余裕で詰まった紙袋を目の前にして、私は羨望のため息をつく。

そして促されるままにサロンのあるマンションへと入りながら、ふと心配になって彼女に声をかけた。

「でも茉莉花さん、ケーキもマカロンも、ずっと冷やしてないとダメですよね?時間大丈夫でしょうか?」

ネイルサロンは、デザインによって平気で2〜3時間かかることもある。

宝物みたいなスイーツがネイルの間に台無しにならないか、ハラハラして思わず出た言葉だったけれど、彼女はただ「よく意味がわからない」というようなキョトンとした表情を浮かべるのだった。



「ようこそ〜!茉莉花、いつも来てくれてありがとう。日菜さんも、いらしてくださって嬉しいです」

マンションの一室で出迎えてくれたのは、このネイルサロンのオーナーで、茉莉花さんとは小学校からの同級生だという由香さんだ。

目の前に並べられたデザインはどれも品がよく、サロンの雰囲気も優雅な感じ。私の担当は由香さんのアシスタントの女性で、茉莉花さんや由香さんと同じような“お嬢様な雰囲気”を身に纏っていた。

まるで高級ホテルのスパみたいな空気に、私は今一度気を引き締める。

― やっぱり、調子に乗って注文しすぎると高くつきそう…。

おずおずと一番安い価格帯のデザイン見本を手に取ると、隣のデスクから由香さんが声をかけてくれた。

「日菜さん、今日はお値段気にしないでね。茉莉花の紹介なんだし、どんなデザインでも8,000円にしちゃう。遠慮なくご希望なさってね」

「ええっ、いいんですか!?」

大袈裟に驚く私に、由香さんが続ける。

「もちろん。茉莉花もいつもこの値段なの。ね、茉莉花」

茉莉花さんも同じ値段なら、あんまり固辞するのも失礼になるはず。表面上は引き続き恐縮しながらも、私は内心思い切りガッツポーズを取っていた。

― やった!“お友達価格”きたー!

こんなハイセンスなサロンで8,000円なんて、相場の半額以下だ。せっかくならお言葉に甘えて、思いきりゴージャスなデザインにしちゃおうかな?

…そう思っていると、浮かれきった私の耳に、茉莉花さんの声が飛び込んでくる。

「由香、いつも本当にありがとうね。じゃあ、これ…」

そう言いながら茉莉花さんは、しばらくゴソゴソとかがんでいたかと思うと…。

あの『ベイユヴェール』のケーキとマカロンが入った紙袋を、2つとも由香さんに差し出したのだ。



―!?

目を丸くする私の横で、茉莉花さんと由香さんは穏やかに話し続ける。

「やだ〜茉莉花。いらないっていつも言ってるのに」

「ううん。由香の最高なセンスでやってもらってるのに、こんなに安くちゃ気が済まないもん。良かったらサロンの皆様やご家族で楽しんでね」

あたりまえのやりとりのように微笑み合う2人を横目で見ながら、私は1人混乱する。

― ちょっとちょっと!?そのお菓子、総額3万円はするよ?せっかくネイル代が“お友達価格”で浮いたのに、その何倍払うの〜!?

でも、そこまで考えてハッとした。

あのとき、茉莉花さんがためらいがちに言っていた「お友達価格なんだけどね」という言葉…。

それってもしかして茉莉花さん的には、“お友達だからこそ、相場よりも多めにお礼をしてる”って意味なんじゃないか…って。

― でも、でも、それにしたって3万円相当のお礼なんて…。本当に1万円くらいしか払わないつもりで、手ぶらで来た私はどうしたらいいのでしょうか!?

おかねもちの生態、未知すぎる。

急に居心地の悪さを感じた私は、背中を小さく丸めつつそっと一番安いデザイン見本を手に取る。

そして、秘書室では“庶民的感覚担当”として生きていくことを、強く、強く、決意するのだった…。


■かねもちのへんな生態:その1■

お嬢様たちの間では、“お友達価格”の方が何倍も高くつくことがある


▶他にも:「手取り36万。家賃13.5万円は、いい男に出会うための出費だったけど…」アラサー独身女の孤独

▶Next:6月23日 水曜更新予定
“億り人”な投資家の、意外すぎるお金の使い方とは