東京には、お嬢様だけのクローズド・パラダイスが存在する。

それはアッパー層の子女たちが通う”超名門女子校”だ。

「銀のスプーンをくわえて生まれてきた」彼女たちは、その狭い楽園で思いっきり青春を謳歌する。

しかし誰もが永遠に、そのパラダイスにはいられない。18歳の春、外の世界に放たれた彼女たちは突如気づくのだ。

―「お嬢様学校卒のブランド」って、令和の東京じゃ何の役にも立たない…!

ハードモードデビュー10年目。秘密の楽園から放たれた彼女たちの、奮闘ぶりをお届けしよう。



大手広告代理店勤務・凛々子の話【前編】


「『10周年記念同窓会のご案内』…って私、高校卒業して10年!?嘘でしょ?」

20時前に仕事が終わったのは、1ヶ月ぶり。疲れ切った体で、麻布十番のパティオ裏にあるマンションへと帰宅した凛々子は、驚愕していた。

手にしているのは、気がつけば溜まっていた郵便物のひとつ。

薄ピンク色の封筒に刻印されている懐かしいマークは、凛々子が6年間通った中高一貫女子校の、あまりにも有名な校章だった。

「同窓会で会費3万円、盛装で赤坂のホテル…。相変わらずねえ、何時代よ。うわっ、先生も来るんだ!“シゲじいや”まだ生きてて良かったね〜」

一人暮らし6年目。独り言の音量も遠慮がない。エストネーションで買った新しいジャケットを脱いでダイニングの椅子にひっかけると、凛々子はソファに倒れこんだ。

超名門お嬢様中高一貫校を経て、大学は慶應義塾の法学部法律学科卒。コネ持ちか究極のお調子者、そして少数だが本物の天才がそろう大手広告代理店の営業職。

担当クライアントはCMをバンバン打つけれど、倒れるほど口うるさい某日系大手メーカー。

凛々子があのお嬢様学校を卒業して以来、この肩書きを背負って活躍するために捨てたものは、他人からは計り知れないだろう。

「そういえばお昼も食べてないじゃん。Uber Eatsで、なにかあったかいモノでも食べよう…」

身を投げ出したまま指一本で食料を調達し、テーブルを見る。するとそこには、さっき放った案内状があった。紙には、校章とともに長年刷り込まれてきた校訓が載っている。

“愛をもって、清廉に、ひたむきに”

「マジかー。この10年で何ひとつ達成できてないって、先生…」

凛々子はその晩、メイクを落とすのも着替えるのも忘れて、ソファで眠りこけた。


凛々子と文香が過ごした超お嬢様学校の実態とは…?

お嬢様の結束


「ごきげんよう。凛々子、同窓会に何着ていく?和装なら一緒に着付け予約いれるよ。ヘアメイクも頼むよね」

翌朝、9時ぴったりにかかってきた電話。仕事かと飛び上がった凛々子は、相手が中高時代の友人・文香だとわかると脱力した。

「ごきげんよ〜。土曜の朝っぱらから元気だねえ。同窓会、参加するか迷ってるんだけど…。さすがに7月の和装は嫌よ、面倒くさい」

卒業してから周囲に驚愕され、一般的とは言い難いとわかってから封印した「ごきげんよう」。それも今では、自然と子どもの頃に戻れる合言葉だ。

文香は社会人になってから年に数回会う程度になっていたが、青春時代のすべてを共有している仲だ。凛々子の低いテンションをまったくスルーしてたたみかける。

「えー。成人式のとき、250人全員大振袖でさ、華やかだったじゃない。せっかくだしキレイにしていこうよ」

「あのねえ。傍から見たらアラサーの大振袖250人なんて、ホラー以外の何物でもないわ!だいたいもう独身のほうが少ないんじゃないの?」

「あはは、知らないの凛々子!この前お姉ちゃんの代が15周年同窓会したら、半分以上まだ独身だったってよ。このご時世、贅沢三昧で育った清栄生の嫁き遅れ率半端ないのよ。

今どき、どこの物好きがランニングコスト高すぎのお嬢様を養ってくれるのよ。不良債権化してんだから」

凛々子は苦笑しながら、スマホをスピーカー通話にしてキッチンでコーヒーを入れる。高校時代のことを久しぶりに思い出していた。





凛々子と文香が6年間通った学校は、日本屈指の名門女子校とされている。

小学校から持ち上がりが90名、中学受験で150名が入学し、6年間を“パラダイス”で過ごす。

希望者はそのままエスカレーター式に大学へ行くことも可能だが、エネルギッシュで知的好奇心が旺盛な子が多く、3分の2は凛々子のように外部の大学を受験する。

28歳になった今、凛々子はちょっと華やかな業界に身を置いて、東京の20代女子としてそこそこ刺激的な毎日を過ごしてはいる。

だがそれも、中高時代の狂乱の日々に比べれば可愛いものだと思う。

余りある親たちの威光とお金、たっぷりとした時間、若さと名門校のブランドさえあれば、もう大抵のことは笑いごとになる。

親戚のように仲良くなる友人の親たちは、冗談みたいな名家や世間に名をとどろかす成金、常にマスコミに追われる芸能人、医者や弁護士、一部上場企業の役員などバラエティーに富んでいる。

彼らは競うように愛娘の学友に便宜を図り、大抵のことはフリーパスになるのだった。

長期休暇でハワイに行けば誰かの別荘で集合になるし、バレエやピアノのめぼしいコンクールでは校内の誰かが必ず入賞していた。

茶道・華道・礼法は授業に組み込まれていたし、テーブルマナーは年に3回、名門ホテルや料亭であらゆるジャンルのフルコース研修。高2になるとスイスの貴族学校で、ひと夏のあいだ花嫁修業をする子も。

そんな浮世離れした空間は、それぞれが面白いことに集中しているせいか、意外にも女子特有の陰湿な関係とは無縁だった。

仲間の結束は固く、外部の人に「女子校っていじめとかありそう」と言われるたびに首をかしげたものだ。

しかし、凛々子たちは知らなかった。

ずっと続くと思っていたそんな日々は、塀の中の楽園で、実は遊園地と同じ。誰かがお膳立てしてくれた世界だったのだ。

そのことに初めて気づいたのは、大学生のとき。そして社会人で確信に変わった。

「凛々子にはすごく華やかな仕事があるもんね、同窓会なんてしょぼいイベント、必要ないか。いいなあ〜」

文香があまりにも無邪気に言うから、凛々子も一瞬現実を忘れそうになる。

リモートワークが増えたせいで際限なく入るオンライン会議。会えないが故にこじれていく、クライアントとクリエイターのバトル仲裁。

そして18歳まではむしろ誇らしかった“女”という属性が、この広告代理店の最前線ではむしろ不利になるという現実。

仕事が嫌いなわけじゃない。でも専門性やスキルを磨くというよりも「プロ雑用係」と自虐するほどに、ひたすら誰かの調整に忙殺された。

「何言ってんのよ。同窓会なんかいったら『あの頃は良かった』なんて言っちゃいそうだもん。…やっぱり私は、参加しないわ」

凛々子は自嘲気味に笑うと、通話を終了させた。



「中条さん、メールありがとうございます!さすがの一言でした。お手数をおかけして、申し訳ありませんでした」

月曜日。3日ぶりに顔を合わせた営業部の先輩・中条のデスクに駆け寄ると、凛々子は膝に頭がくっつきそうなほど深々と頭を下げた。


切れ者・中条と凛々子の、極めて残念な関係とは…?

目撃


「凛々子も災難だったなあ。まあ、あんま気にしないで。先方の担当者、口は悪いけど仲良くなればいいとこもあるし」

中条大地、32歳。凛々子とたった4つしか違わないのに、この魑魅魍魎の代理店で大クライアント相手のチームをいくつも率いる、天才営業マンだ。

凛々子はこれほど頭の切れる男を見たことがなかったし、人たらしの男に会ったことがない。

CMなどの広告を作る会議では、だいたいクライアントが非現実的な注文や理想を並べ、思い通りの広告を制作しようとする。

一方で広告を制作するクリエイターは、素人が口を出すなとばかりに、より効果的で優れた広告を作ることに躍起になる。

その板挟みになり調整を続けるのが、広告代理店の営業。つまり「プロ雑用」たる所以なのだ。

凛々子はまだ、うまくそれを回すことができない。必死でやっているが故に、興奮したクライアントの人格否定のような言葉を真に受けてしまうこともある。

先週の窮地も、中条が明るい雰囲気で間に入り、メール1本で収束させてくれたのだ。

「中条さんに、また借りを作ってしまいました…。不甲斐ないです」

凛々子がため息をつくと、彼はゲラゲラと笑う。そしてスタバの紙袋からコーヒーをひとつ取り出し、手渡してきた。

「お前、堅苦しいな。後輩なんだから先輩に頼っとけ。チームなんだから貸し借りとかねーだろ」

「さーて打合せ」と、自分のコーヒーを片手に会議室へと向かう中条の背中を、ジッと見つめる。コーヒーはまだ熱く、彼が凛々子のためにテイクアウトしてきたことは明らかだった。

きっと凛々子がフォローしてもらったことを気にしていると、わかっていたのだ。

「なんでもお見通し、か」

コーヒーは温かく、そして苦かった。

凛々子は気合を入れてPCや資料をかき集めると、中条のあとを追った。まるで自分の中のもう一つの思いを振り払うように、頭をひとつ大きく振ってから。



― 中条さんって、ほんと仕事人間だよなあ。

なんとか怒涛の月曜スケジュールをこなし、あっという間に夜になる。

ひと息ついた凛々子はクライアントとの会議を調整しようと、中条のスケジュールをPCで開いた。びっしりと埋まり、なかなか隙間が見つからないほどだ。

18時過ぎに私用があるときは、その時間帯をブロックする者も多い。しかし彼には、中身の見えないブロックはいつも皆無だった。

― あれ?でも今日は、めずらしく19時からオンライン会議不可になってる。

会議であれば通常「どこで、誰と」がわかるようにしてある。しかし今回だけは、プライベートマークがついていた。

そういえば少し前から姿が見えない。珍しく早い時間に帰宅したのだろう。

誰と、と思いそうになったが、そこは考えないようにして、会議が可能な他の枠を探した。

中条が好きだと自覚してから、もう丸1年。…凛々子はその距離を、先輩後輩というポジションから1ミリも詰められないでいる。



「やば、こんな時間…!」

ふと時計を見ると、19時。今夜はこのあたりに用事があるという文香と、軽くお茶でもしようと約束していたのだ。仕事は終わらないが、1時間くらいなら問題ない。

スマホと財布だけ持つと、オフィスビルを降りていく。ビルが広すぎるので待ち合わせしている地下フロアまで、5分はかかってしまうだろう。

エレベーターを降りて、地下の飲食店街を早足で歩いていたとき。

目の前を中条と、部内随一の美人後輩・有美が通り過ぎていくのを、見てしまった。

彼女は定時の17時には帰った記憶がある。普段からあざといほど可愛らしいが、今日はアイスブルーのトップスに、ゆれるゴールドの細いピアスが涼しげだった。

― もしかして、中条さんの仕事が終わるのを待ってた…?

中条のスケジュールの、プライベートブロックがよみがえる。彼は今、凛々子が見たこともないような優しい笑顔で有美を見ていた。

二人に気づかれないよう、反射的に通路を反対側に進んだ。無表情のまま、文香の待つカフェに飛び込む。

「凛々子〜!ごきげんよう、すっごい久しぶり!相変わらずキレイにしてるね…って!どうした、どうした!?」

懐かしい幼なじみの変わらない笑顔を見たとき、凛々子は思わず気が抜けて、へなへなと席についた。

そしてこれまで誰にも言えなかった一言が口をつく。

「文香…。ダメだ、私。あんな学校出て、プライドばっかり高くなって。仕事も中途半端、おまけに28歳なのに誰とも付き合ったことがないなんて。…女としても終わってるよね」


▶他にも:「最高でも医者妻、最低でも医者妻」夢を叶えた25歳女が、結婚式直前に知った戦慄の真実

▶NEXT:7月2日 金曜更新予定
焦る凛々子に、さらなる試練が襲い掛かる…。一方、中条の意外な行動とは?