数々の人気アニメのヒロインを演じ、最近では『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃役でも話題になった大人気声優・花澤香菜さん。

近年は自身のTV出演も増え、さらに活躍の場を広げている。

そんな彼女にインタビューすべくお連れしたのは、白金高輪で人気のイタリアン『HEIJU+』。

花澤さんを思わず夢中にさせた実力店の魅力とは?



花澤香菜さんのインタビューを、今日と明後日の2日に渡ってお届け!撮影当日の裏話も公開します。

【前編】
■花澤香菜さんも唸った『HEIJU+』の魅力
■【WEB限定】編集部は見た!花澤さんの撮影当日ルポ

※この記事は緊急事態宣言前に撮影しました。

※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。皆様の「行きたい店リスト」に加えていただければ幸いです。



大阪から北里通りに移転。ジャンルを超えた人気店


〝美食通り〞として知られる、白金・北里大学通りに、昨夏オープンした気鋭のイタリアン『HEIJU+』。

今回、花澤さんが〝港区女子に憧れている……〞という噂を耳にし、港区で話題のお店にお連れした。

同店は、大阪で名を馳せながらも、東京に進出。その理由を、オーナーシェフの吉野平十氏はこう話す。

「世界中の人と出会えるチャンスがあって、スピード感が格段に違うから」

オープンから約10ヶ月。噂を聞きつけた食通たちはもとより、舌の肥えた近隣住人にもその実力は知るところに。



店の最大の魅力は、研ぎ澄まされたシンプルな料理にある。

それらを支えているのは、大阪時代から懇意にしている仕入れ先や生産者から届けられる、厳選された食材。

「素材個々の旨みを最大限に引き出すのが僕の役割。本当に美味しいものは、食材同士が共鳴し合うんです」

その結果、旨みがミルフィーユのように重なり合い、奥行きが出るという。

シェフの言葉に、花澤さんも大きく頷き「新しい世界に感動しました」と絶賛。大好物であるパンもいただき、満面の笑みを見せてくれた。

最初から最後まで吉野流で貫かれたコースは、大人たちを驚きと幸福で満たす。

とことんピュアな料理には、軽やかな趣のなかに確かな品格が漂うのだ。



20種以上の野菜を楽しめるサラダ。塩味は自家製のからすみ。



この日のメインは「牛タンの赤ワイン煮込み」。

三重県産の伊賀牛を2時間半、ゆっくり火入れ。熊本県産の塩玉ねぎのローストが、甘みを添える。

すべて20,000円のコースより。


飾り気のない花澤さんの、意外な一面とは…?知れば知るほど、その魅力にハマる!

【教えて!花澤香菜ってどんな人?】


祝・東京カレンダー初登場!ということで、今回は花澤香菜さんに一問一答形式でインタビュー。

これを見れば、きっと花澤さんの人となりの一端が垣間見える!


Q.声優になったきっかけは?

元々は子役で、『やっぱりさんま大先生』などに出ていたこともあるんです。

声優のお仕事は、14歳の時に初めてやらせていただきました。

その後、ちょっと間が開くんですが、高校3年生の時に再び声優としてアニメのヒロインを演じる機会を得まして。その時に、声優という仕事の面白さを知りました。

それで、大学進学と同時に現在の事務所に所属して、本格的に声優として活動を始めたという感じです。


Q.自分の声を表現すると、どんな声?

私、天使の役をやったことがあるんですよ。

それ以来、すごく言いづらいですけど、“天使の声”と言っていただくことが多くて(照)。

“エンジェルボイス”って、書いておいてもらえるとありがたいです。


Q.好きなレストランは?

日本橋の『La Paix』さんが大好きで、友人や両親と行くこともあります。

あとは、高嶺の花で、1年に1回行けたらいいな、というのが銀座の『エスキス』。

あの豪華な空間は高揚しますし、もうその場にいるだけでワクワクします。


Q.東京で好きなエリアは?

白金とか広尾、麻布十番近辺。よくお散歩しています!


Q.直近で出演している作品や代表作を教えてください!

現在、テレビアニメ『ポケットモンスター』(テレビ東京系 毎週金曜18:55〜)のコハル役を演じています。

社会現象にもなった『鬼滅の刃』では甘露寺蜜璃役で、出演させていただいております。あと、代表作としては、新海 誠監督の映画『言の葉の庭』でユキノ役。

また、アニメ『3月のライオン』や『五等分の花嫁』などでもヒロインを演じさせていただいています。


Q.東京カレンダーの印象は?

私のバイブルです!

人をエスコートできるお店がたくさん載っていて、本当によく利用させてもらっています。



【WEB限定】編集部は見た!花澤さんの撮影当日ルポ


男性が多い現場ということもあって、撮影スタート時は緊張気味だった花澤さん。

それが一変したのが、フォカッチャを食べた瞬間。

テレビでもお馴染みの、パンに顔をうずめ、香りを吸い込むという仕草を目の当たりにして、パンに対する狂愛のようなものを感じました。

そこからはリラックスモードで、港区女子を演じてくれた一幕も(明後日公開のインタビュー後編を要チェック!)

インタビュー時にはすっかり打ち解けて、ライターの女性と女子会トークのようにキャピキャピする場面も。

とにかく、一切飾り気のない花澤さんの様子を見て、今テレビでも引っ張りだこな理由がわかった気がしました。


【後編】 6/19に公開!
■花澤香菜さん深堀インタビュー!
■東カレオリジナル動画も!


■プロフィール
花澤香菜 1989年2月25日生まれ。東京都出身。14歳で声優に初挑戦し、以降さまざまな作品に出演。2012年には歌手デビューも果たし、武道館ライブほか中国ツアーも開催。3月発売の新曲を含め、自身の楽曲がストリーミングサービスで配信中

■衣装
ワンピース 58,300円、カーディガン 24,200円〈ともにランバン オン ブルー/レリアン TEL:03-6834-7224〉、イヤリング 13,200円〈ランバン オン ブルー/ヴァンドームヤマダ TEL:03-3470-4061〉、バッグ 24,200円〈ランバン オン ブルー/クイーポ TEL:03-3268-9111〉、ネックレス 24,200円、ブレスレット 13,200円〈ともにエテ TEL:0120-10-6616〉、その他スタイリスト私物




東京カレンダー最新号では、花澤香菜さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
ここでは紹介しきれなかった、一問一答の内容は必読。花澤さんを、もっと深く知ることができる!

アプリのダウンロードはこちらから。