『鬼滅の刃』『ポケットモンスター』などの人気作をはじめ、いままで数えきれないほどの声の仕事と向き合ってきた、花澤香菜さん。

結果をしっかり残し続けてきた彼女だが、それは簡単なことではなかったはず。

「声で人を惹きつける」

彼女が持ちうるこの魅力は、いかにして身につけたのだろうか?


2日に渡ってお送りしている、花澤香菜さんのインタビュー後編。2ページ目の動画も必見だ!

▶前編はこちら:花澤香菜の、秘めたる大人な表情もチラリ…!パッと心が華やぐ、艶やかなイタリアン



店に現れた花澤香菜さんは、まるで異世界へと迷い込んだようだった。こちらにもその心音が伝わってきそうなほど緊張し、視線は不安気に交差する。

赤ワインが注がれ、シャッターが押されてもなお、彼女を纏う張り詰めた空気は解かれない。

声優の世界では数々の役をこなし、百戦錬磨であるはずの彼女がここまで緊張する理由。それは……。

「読者としてずっと読んでいた『東京カレンダー』に、まさか自分が出る日がくるなんて!

数年前に個室のお店を探していた時に初めて買ったんですけど、掲載されていたお店に行って、間違いがなかったんです。

それ以来、絶大な信頼を置いていて。

だから、今回のお話を頂いた時は、すごく嬉しかったのですが、ちゃんと艶やかな世界観を表現できるのか……。という不安もありました」



だが、そんな不安は杞憂に終わった。モニター越しに見る彼女は「港区女子」そのもの。

それでも彼女は、「なりきった、というより〝港区女子になりたい女〞じゃなかったですか?大丈夫かな(笑)」と、はにかんだ。

撮影が進む中、彼女の心がほぐれた瞬間がある。それは、パスタを口に運んだときだ。

表情が生き生きと輝きだし、カメラマンも引き寄せられるように距離を縮めた。


「港区女子を演じるとしたら…?」急な無茶ブリにも真剣に応じてくれた!

花澤さん、結果を出し続けるって、大変なことですか?


声優としてはもちろん、歌手としての活動、バラエティ番組への出演と、その快進撃が止まらない花澤さん。

常に結果を残し続ける秘訣は、どこにあるのだろうか。



「私、自分をあまり信用してないんですね。なので、声優に関しては、徹底した練習と反復しかありません。

この空間で、この絵でしゃべるとしたら、声はこんな風に出した方がいいな、っていう自分なりのロジックを考え、数パターンを提案することもあります」

現在は、声優という枠を飛び越えた活躍も目立つ花澤さん。そんな今の状況を、どのように捉えているのか。

「それまでアニメや声優に縁遠かった人たちに知ってもらえる機会なので、すごくポジティブに捉えています。

普通、アニメを観るときに声優の存在なんて、意識しないと思うんです。でも、私たちを知っていただくことで、アニメをまた違った角度から見るきっかけになれば、嬉しい。

だから、新しいことにはどんどんチャレンジしていきたいです」

今までは若い女性の役が多かったが、今後は〝声で色気を出していきたい〞と笑う。

港区女子を演じるとしたら?という無茶振りには、「すいませ〜ん」と抑揚を抑えた声の後、一瞬の間を取り、一層艶やかに、声のボリュームをあげて「泡」と、決めてくれた。

どんな場面でも、全力投球。そして、「どうしたら楽しんでもらえるか?」を考え、取り組む。

そんな姿勢に、その場にいた全員が花澤さんを“もっと好きになった”のは言うまでもない。


【花澤香菜さんの動画インタビューはこちら!】

▶前編はこちら:花澤香菜の、秘めたる大人な表情もチラリ…!パッと心が華やぐ、艶やかなイタリアン

■プロフィール
花澤香菜 1989年2月25日生まれ。東京都出身。14歳で声優に初挑戦し、以降さまざまな作品に出演。2012年には歌手デビューも果たし、武道館ライブほか中国ツアーも開催。3月発売の新曲を含め、自身の楽曲がストリーミングサービスで配信中

■衣装
ワンピース 58,300円、カーディガン 24,200円〈ともにランバン オン ブルー/レリアン TEL:03-6834-7224〉、イヤリング 13,200円〈ランバン オン ブルー/ヴァンドームヤマダ TEL:03-3470-4061〉、バッグ 24,200円〈ランバン オン ブルー/クイーポ TEL:03-3268-9111〉、ネックレス 24,200円、ブレスレット 13,200円〈ともにエテ TEL:0120-10-6616〉、その他スタイリスト私物




東京カレンダー最新号では、花澤香菜さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
中学生のファンから受けたという、心温まるプチサプライズなエピソードは必読!

アプリのダウンロードはこちらから。