美人か、そうでないか。

女の人生は“顔面偏差値”に大きく左右される。

…それなら、美しく生まれなかった場合は、一体どうすればよいのだろう。

来世に期待して、美人と比べられながら損する人生を送るしかないのか。

そこに、理不尽だらけの境遇に首をかしげる、ひとりの平凡な容姿の女がいた。

女は次第に「美人より、絶対に幸せになってやる!」と闘志を燃やしていく。

◆これまでのあらすじ

大手広告代理店の経理部から、華の営業部に異動した園子。懸命に仕事へと励むが、トレーナーの清華や得意先に嫌味を言われてしまう。

その帰り道。落ち込んでいた園子の前を偶然通りかかった、幼なじみの晋に呼び止められて…?

▶前回:「恥かかせないでくれない?」上司と得意先からの言葉に、女が唖然とした理由



しとしとと小雨が降る夜。晋の傘に入り、神楽坂の街をふたりで歩く。園子は昔のことを思い出していた。

― なんだか懐かしいなあ、この感じ。

園子と晋は、幼なじみだ。お互いの家が近くにあるため幼少期から仲が良く、小学生のときはこうしてよく同じ傘に入って歩いたものだった。

無邪気な子どもだった頃を思い出しながら、横を歩く晋を見る。彼は今や立派な27歳の銀行員で、スラリとした長身にネイビーのスーツがよく似合っている。

そんな姿を見ていると、唐突に照れたような気持ちになった。

「…ねえ。園子さ、なんか雰囲気変わった?」

突然のその言葉に、心臓が跳ね上がる。

― やっぱり、変だと思われたのかな…?

目を泳がせながらも、そう思われるのは当然だと考える。

園子は社会人になってもほとんど化粧をせず、ヘアアレンジなんてしようとも思わなかった。なのに今日はきちんと化粧をして髪も巻いているし、ベージュのワンピースにピンヒールという格好なのだ。

「実は、営業部に異動になってさ。ものすごく綺麗な人ばかりいる部署なの。だから溶け込もうと頑張ってて」

変だよね、と誤魔化すように笑う。しかし晋は予想外の反応を見せた。

「いいね。似合うじゃん」

驚いて彼を見ると、目尻を思いっきり下げて笑っていた。

― 似合うじゃん、だって!

手先だけで小さくガッツポーズをして、ひそかに頬を染める。園子は、晋に恋をしているのだ。小学生の頃からずっと。

彼の一言で、今日の仕事でのモヤモヤした気分がスーッと溶けていく。嬉しくてマスクの下でニヤニヤしていると、彼が怪訝な様子でこう言ったのだ。


晋が園子に言った、予想外の言葉とは…?

「…でもなんか、園子さ」

「ん?」

首をかしげた園子を見て、晋は困ったように笑った。

「なんか園子、疲れてる感じがする。…いや、気のせいだったらごめんな」

彼は昔から、ちょっとした変化にもすぐ気づく繊細な人なのだ。

「…気のせいじゃないよ」

心配されないよう明るく笑い飛ばしたつもりなのに、声は全然明るくならず、むしろ震えて響いた。

慣れないピンヒールで雨のなか歩く園子を気遣い、晋はゆっくりと歩いてくれる。そのテンポと同じ穏やかな様子で、彼は言った。

「よかったら今からご飯行く?僕でいいなら話、聞くよ」

そしてふたりは、通り沿いの蕎麦屋に入った。昔から何度も一緒に来ている老舗の名店だ。

「何にする?鴨そば?」

「…何でわかるの?」

目を丸くする園子を見て、彼は「そりゃ園子の好物くらい覚えてるよ」と悪戯っぽく笑った。

「で、しんどい部署ってどういうこと?」

そうして注文を済ませてから、目の前の晋が深刻そうな顔で言ったのだった。



園子は今の部署について、お蕎麦を食べながら話しだした。

美人が多く園子は浮いた存在で、周囲から邪険に扱われることや、頑張ってなじもうとしても全然うまくいかないことを彼に伝える。

「…だから私、正直しんどくてさ。疲れちゃった」

その力ない声に、晋は箸を止め、眉間を寄せて不満げな表情を浮かべた。

「園子がそんなつらい思いしてるの、嫌だな。僕に何かできればいいんだけど」

「ありがとう。…晋ちゃんがそう言ってくれるだけで、随分救われる」

「ほんと?ならよかった」

晋は小さく笑い、それから独り言のようにつぶやいた。

「見た目より、人間性の方が圧倒的に大事なのにね」

その言葉は、園子の長年の傷を癒す。やっぱり晋ちゃんはデキた人だわ、とうっとりした気分になる。

たわいない話をしながら最後に蕎麦湯を飲んでいると、晋が急に何か思い出したように話しだした。

「あ、そうだ。僕、報告したいことがあるんだ」


晋の衝撃の報告に、園子は…?

「彼女できたんだよ。言ってなかったよな?」

おしぼりで口を拭きながら、晋はさりげなく言った。園子は一瞬、世界が遠のくような感覚に襲われる。

「へえ…」

「園子と同い年でね、美容部員やってる子」

― 美容部員、か。

その響きからは、美人の匂いがぷんぷん感じられた。

「いいね。きっかけは?」

「出会いはアプリ。明るくていい子だから、良いなって思ったんだ」

「…ふうん」

園子は頭の中で考える。晋は銀行員という手堅い職業に加え、高身長で顔もそこそこかっこいい。しかも、家柄も立派だ。

学生時代の彼女と3年前に別れてから恋人がいなかったが、それがむしろ不自然だったのだろう。

そんなことを思いながら晋の顔をまじまじと見ていると、彼はひとりで笑い出した。

「あ。彼女、園子に似てるかもな。エネルギッシュで明るい感じが」

― なんで似てるとか言うんだろう。

晋に悪気がないことはわかっていたけれど、園子は妙に寂しい気持ちになり、それを隠すようにお得意のおどけたテンションで笑いかけた。

「ね!ツーショット見せてよ!」



リクエストに応じて彼が差し出したスマホの中で、アイドルのように華やかな女の子と晋が写っている。

「…かっわいい。やるじゃん晋ちゃん!」

バシバシと晋の肩を叩きながら、園子はさっき聞いた彼の独り言を思い出していた。

“見た目より、人間性の方が圧倒的に大事なのにね”

― ま、そりゃ結局、人間性だけじゃだめよねえ。

心の中で言ってから、自分の屈折した気持ちにハッとする。卑屈になることはめったにない園子だが、営業部での日々によって心がすさんでおり、悪いほうに考えてしまうのだ。

暗い気持ちを振り払うように、伸びをしながら明るい口調で言った。

「いいじゃん。あ〜羨ましいなあ」

「いいだろう」

ふざけたように答える彼に、思う。

― 違うよ。晋ちゃんがじゃなくて、彼女さんが羨ましいんだよ。

そんな思いなど知りもしない彼は、伝票をつかんで立ち上がりながら「今度ぜひ紹介するよ」と、なんの邪気もない顔で言うのだった。



翌日の夜。園子はオンライン飲み会に参加していた。

画面に映るのは、名門と言われる中高一貫の女子校で“いつメン”だった4人の女子たち。園子が一番心を開けるメンバーだ。

学生というのは、そうしているつもりはなくても、同じような容姿レベルでつるむものだと園子は思う。…だからこそ、落ち着くのだ。

「ねえ、みんな聞いてよ」

園子はマシンガントークで、営業部の愚痴や、晋への失恋について話した。

「ほんと、この見た目で損しかないんだけど」

いつものように笑う園子に、友人のひとりが口を開いた。

「でもね、園子。さえない女って損も多いけど、特権もあるよ」

― 特権?

そんなものないでしょと心の中で言いながらも、園子は少しだけ期待して「なになに教えてよ」と身を乗り出した。


▶前回:「恥かかせないでくれない?」上司と得意先からの言葉に、女が唖然とした理由

▶ Next:7月2日 金曜更新予定
気になる“さえない女の特権”とは一体…?