婚活に奮闘する人たちは、初デートのことをこう呼ぶ。

「婚活アポ」

ある程度仲良くなるまで、男女の約束は仕事と同様“アポイントメント”なのだ。

そんな激しい婚活市場で、数撃ちゃ当たるとでも言わんばかりに、東奔西走する一人の女がいた。

失恋にも負けず、婚活うつにも負けず、アポ、アポ、アポの日々。

なぜって、元カレよりも素敵な人と結婚したいから……。

これは「真面目に努力すれば、結婚できる」そう信じて疑わない、早稲女・夏希の『婚活アポダイアリー』。



27歳女が失恋よりつらいこと


「ほ、包丁…?」

土曜の夕暮れ。

私は、大学時代の2コ上の先輩・アキさんと渋谷でアフタヌーンティーを満喫していた。

鮮やかな色のカクテルに、スイーツ。店内はたくさんの花や緑で飾られ、まるで海外リゾートに来たかのような雰囲気にテンションが上がる。

おまけに今日は、私の27歳の誕生日。

そんな記念すべき日に、アキさんから贈られたのは、“鬼切 DEMON KILLER”と書かれた包丁だった。

「ビックリした?見つけた瞬間、これだ!!ってビビっときたんだよね。包丁は悪縁を断ち切って、良い未来を切り拓くって意味があるんだって。だから今の夏希にぴったりだと思って!」

「アキさん…」

いかめしいロゴの入った包丁にこめられたアキさんの心遣いが、傷心の心にしみる。

つい先週別れた彼氏とは、半年ほどの短い恋愛だった。

「今年こそ結婚!」を目標にしていたから、予定が狂い、私は打ちひしがれていた。

「彼を失ったことじゃなくて、『また、婚活しなきゃいけないこと』がつらいです…」

元彼は外資系投資銀行で働く30歳で、去年の12月にアプリを通じて出会った。年末年始のイベント効果もあったのか、クリスマスや初詣はかなりいいムードだったのだ。

― 明治神宮へ初詣に行ったときなんか、「ずっと、一緒にいられますように」なんて仲良く二人で絵馬まで書いたのに…。

でも、ドキドキしているだけで過ぎていく3ヶ月を過ぎた頃、ふたを開ければ趣味や嗜好が合わない彼とは、自然に会う回数が減っていった。

バレンタインやホワイトデーなどのイベントが過ぎたら、関係性は下火に。

そして、誕生日の1週間前に、彼から別れを切り出された。

私だってこうなることはわかっていたが、誕生日までは持ちこたえられたら、なんて浅はかなことを考えていただけに少し悔しい。


夏希の婚活歴は、入社当時の23歳まで遡る。“婚活アポの鬼”と呼ばれたしょっぱい思い出とは?

私は、早稲田大学商学部を卒業し、大手コンサルティングファームに勤務して5年目だ。

仕事は大変だけど、やりがいがあるから毎日充実している。年収はそろそろ800万に届くくらい。27歳の女性としては充分だ。

私の唯一の気がかりは、いつ結婚できるのか、ということ。

社会人1年目の末には、エリート男性を求めて、すでに”婚活アポの鬼”と化していた。

数撃ちゃ当たるとでも言わんばかりに、アポを入れまくる。アプリや街コン、婚活パーティーに精を出し、1日3アポ以上の日もざらだった。

時に付き合ったり別れたりを繰り返しながら月日は流れ、27歳も見えてきたこの時期。

ようやく運命の人に出会ったと思っていたのに、また振り出しに戻ってしまった。

「たしかに、婚活再開することになりましたし。悪縁を切って良縁を切り拓かないとですね…!」

「うん!アプリも再開したし、今度こそ見つけなきゃだね。“颯太くんより素敵な人”を」

久しぶりに耳にした“颯太くん”というフレーズに、心臓がどくりと音を立てる。

そう、23歳から婚活に勤しんでいるのは、すべてはあの男のせいだ――。





私は静岡出身。中学高校は、地元ではお嬢様学校といわれる女子校に通っていた。

同級生のほとんどが附属の大学か、協定校に推薦入学するというのんびりとした校風。そんななか、あえて早稲田を目指したのは、母の影響が強い。

「いい大学に行くと、それだけいい男性を見つけられる確率もあがるわよ!普通にしてたら、なかなか条件がいい人と結婚できない時代だから…。まずは、いい大学にいきなさい」

そう聞かされて育った私は、母の教えを胸に受験勉強に励んだ。つまり私が早稲田大学に進学したのは、婚活のためと言っても過言ではない。

そして、大学2年生の春、経営学演習で同じクラスになったのが、颯太くんだ。

同じ静岡県出身で、お互いに映画好き。そして二人とも神楽坂で一人暮らしをしていて、徒歩3分にも満たない距離に住んでいた。

生活圏が同じなので、家の近くで顔を合わせる機会が増え、地元の話や趣味の話題に花を咲かせているうちに、自然と付き合うようになっていたのだ。

当時は、半同棲していて「卒業したら結婚しようね」と約束していた私たち。嫌いなことと好きなことが一緒で、大きなケンカをした記憶はほとんどない。

他の人に言い寄られることもあったけど、颯太くんとの未来を信じていたからこそ、彼だけを一途に想っていた。

それが……。

まさか、3年も付き合った23歳の冬に、あんな形で裏切られるとは思わなかった。


“颯太くんより素敵な人”のハードルは高い?

「とはいっても、夏希にとって“颯太くん”を超える人って、なかなか現れないよね」

元カレとの過去に思いを馳せていたとき、アキさんの言葉で現実に引き戻された。

「私の目からみても、颯太くんと夏希は、お似合いだったし。それに彼みたいな完璧な人と一回付き合っちゃうと、ハードルが高くなるのかな」

アキさんが、そういうのも無理はない。身長180cmで、福士蒼汰にも似た精悍な顔つきにもかかわらず、それを鼻にかけないところ。周りをまとめ上げるリーダーシップも兼ね備えた彼は、当然のようにモテた。

それに、颯太くんは静岡の広大なお茶園の長男坊で、いずれ家業を継ぐ身。大学を卒業したあとは、修行のため大手商社に就職してエリート街道まっしぐらだった。

大学時代から私をよく知るアキさんが、さらに追い打ちをかけてくる。

「もっと言うと、夏希が今求めてるのは、都心勤務・転勤ナシのハイスペック男子。そんな条件がいい男は、争奪戦だよね」

「わかってるんですけど…。つい颯太くんと比べちゃうんですよね」

私だって頭では理解している。そんな条件の人はかなりの競争倍率だと。

26歳まで婚活市場では無双モードだった。だから、いつか理想通りの人と結婚できると信じていた。

母ゆずりの大きな目に、父に似た高い鼻。絶世の美女というわけではないが、一般的にみて悪くはないほうだと自分では思っている。

アプリをやれば常に500を超える“いいね”がつき、スケジュール帳はアポの予定でぎっしり埋まる。パーティーや食事会では、必ず連絡先を聞かれ、取捨選択が難しいくらいだ。

でも、未だ結婚に至っていない。



「夏希、スマホ鳴ってるよ」

アキさんの指摘でスマホを開くと、つい数時間前に再登録したばかりのマッチングアプリから、“いいね”やメッセージを知らせる通知が連続で届いていた。

「アプリ?ちょっと、見てもいい?」

覗き込んできたアキさんが、歓声を上げる。

「なんか、みんないい感じ!」

言われてみれば、どの男性も一見悪くない。

「たしかに、みんなよさそうにみえるけど。でも……」

屈託のない笑顔やすまし顔、動物や子どもと戯れる様子に旅先の風景…。スワイプしてもスワイプしても、次々と新しい男性たちの写真が出てくる。

それを見ているうちに、情けなくなってきた。

― こんなにたくさんの男性がいるのに、どうして私は結婚できないんだろう…。

23歳の頃、マッチングアプリに初めて登録したときは、通知がくるたびに期待が高まったものだ。

「票数は、みんなからの愛です」なんて言ったどこかのアイドルじゃないけど、“いいね”の数が増えると、承認欲求が満たされ、いい気になっていたこともあった。

だけど、今は違う。

「こんなにたくさんの男性が“いいね”してくれてるけど、実際に会ってみて楽しいなって思える人ってすごく少ないんです…」

「わかる〜!写真と全然違う人がきたりとか、メッセージ上では盛り上がっても、実際に会ってみたら会話が噛み合わなかったりとか…」

アキさんの相づちに、思わずうんうんとうなずく。同じような経験はたくさん覚えがあり、思い出すと腹が立つような気持ちだ。

「でも……」とアキさんが続ける。

「私もアプリで知り合って去年結婚したし、諦めないで!婚活の足を止めちゃダメ」

彼女の言葉に、ハッとする。

「アプリをどんなに頑張っても、報われないかも…」というマイナス思考が頭をよぎっていたから。

「たしかに、そうですね。アキさんも、素敵なご主人と出会ったんですものね」

世の中のどこかに自分にピッタリの人はいて、今はただその人とマッチングしていない、それだけ。

であれば、答えはシンプル。理想の人に出会えるまで、試行を続ければいい。

23歳から始めた婚活で、失恋からのリスタートは年々つらくなっている。

飛ぶように過ぎた時間は取り戻せないけれど、27歳となったいま、それを無にするつもりは毛頭ない。

― 絶対に成功させてみせる。

スマホを手にし、私はさっそく気になった一人の男性にメッセージを送った。


▶他にも:「仕事が多忙で…」と本命女にLINEした男が、南青山で別の女としていたコト

▶Next:7月31日 土曜更新予定
怒涛の婚活アポを再開させた夏希の最初の一手。そこで現れた男とは