結婚・出産・転職。

20代には人生を大きく変えるイベントがぎゅっと詰まっている。

そんな大きな決断をまえにすると、多くの人は悩む。

世間一般で言われる“幸せ”と、「わたしはわたし」と考える“セルフ・ラブ”はズレるから―。

これはさまざまな葛藤を抱えながら、自分だけの正解を見つけようともがく、20代女子の内面を描いた物語。



File1 進藤ミア(27) 外資コンサル企業勤務の場合
「カラダだけの関係は、悪なのか?」


― カラダだけの、都合のイイ関係。

悩める女子があとを絶たないこのテーマ。世間的には女子のほうが「可哀想」と同情されるようだ。

でも私は実は、そういう関係のほうが楽でいいや、と内心思っている。だからこの質問にはいつも、ぎくりとしてしまうのだ。

「進藤さんって、彼氏さんとかいるんですか?」

24歳のリコは、興味津々な様子でこちらを見てくる。同じプロジェクトにアサインされて以来、一緒にコーヒーブレイクに行く仲だった。

「いるよ。もう結構長くて」

いつものように嘘をつく。

「そりゃミアさんみたいに綺麗で仕事もできたら、彼氏できないわけないですよね。ミアさんは何でも持っていて、いいなあ」

羨ましそうなリコに、にっこりと笑ってみせたが、「付き合って長い彼氏がいる」なんて大嘘。

私に彼氏がいないのは、真面目に付き合うことが面倒だから。身体の関係を持って、お互い都合の良い時だけ会う。その関係が自分にはぴったり合うと思っていた。

でも、いつまでもこの嘘をつき続けるわけにはいかない。

27歳だからまだぎりぎり逃げ切れるが、30歳を過ぎたら「なんで結婚しないの?」に代わる。

「可哀想な独身女」というラベルを貼られるのはごめんだが、結婚したら自由がなくなりそうでイヤ。そんな自分に矛盾を感じる、今日この頃。

「リコちゃんは、彼氏いなくても20代を謳歌してるじゃない。さ、仕事に戻るよ!」

今日絶対に残業できない私はコーヒーブレイクを早めに切り上げ、席に戻った。

今夜、仲のよい同僚とずっと行きたかった白金のフレンチを予約している。有名シェフが独立したというその店は、ワインを飲めば、軽く3万は超えるだろう。

時間もお金も、自分の好きなように使える。ときどき寂しくなったら誰かに連絡すればいい。

この自由を、どうしても手放したくないのだ。


「彼氏がいる」と嘘をつくミアの、刺激的で奔放な毎日とは?



「ねえミア、今日また彼氏いるって嘘ついてなかった?もういい加減、“日替わりカクテル”状態から抜け出しなよ」

その夜、期待以上の極上フレンチを堪能したあと、気ままな2次会で恒例のお説教タイムが始まった。



同僚のうち、特に仲のいい3人でディナーに行ったら、そのうちの1人であるサキが旦那さんと暮らすマンションへ向かう。キッチンのカウンターであれこれ語るのがお決まりのコースだ。

ここでならば気兼ねなく話ができるし、本音が話せるから。

サキの旦那さんがその日の気分に合わせて作ってくれるカクテル。趣味で作っていることもあり、毎回少し違って、気分の数だけ種類があって飽きない。

「私、辛口をリクエストしてもいいですか?あと腐れなくて、すっきりできるのを」

「ミア、それカクテルの話?それとも、男?」

サキのツッコミが嬉しい。私の考えをどう思っているかは別にして、私をわかってくれてる証拠だ。

正直に言えば、私が関係を持っている人は、複数人いる。

甘い『Alexander』、すっきりとした『XYZ』、個性的な『Silver Streak』…

カクテルのようにいろんな種類をその日の気分で楽しみたい。

サキが言う通り“日替わりカクテル”状態だ。

「やめた方が良いと思いつつも、真剣な交際となると、それに費やすコストが見合う気がしないんだよなあ。考えるだけで、どれだけ自分の貴重な時間を奪われるんだろうって思っちゃう…。それに、まだいろんな味を楽しみたい。1人だけなんて人生損してるよ」

「うわっ、またコストとか言ってる。効率とかコストとか、その仕事脳どうにか切り替えられないわけ!?これ、恋愛だよ」

恋愛大好きな“ザ・女子”代表ともいえるユカは、呆れた様子でこちらを見ている。

「それね、多分本気になれる相手じゃないってことだよ。ミア」

旦那さんがベッドルームへ行くのを見計らい、サキは「私は知っている」と言わんばかりにニヤリとしながら語り始めた。

「私もミアと同類だったじゃん?“日替わりカクテル最高の会”とかしてたし」

私たちは大学時代から、この関係を”日替わりカクテル”と呼んで楽しんでいた。

「旦那に出会ってから、どんなことしたら喜ぶかな?とか嫌な気持ちにさせたくないからやめとこうとか、自然と考えるようになったんだよねえ」

サキは今まで見たことないくらいの優しい表情で、遠くを見ている。

「こんな私でもそんな感情湧くんだ!ってびっくりだけどね。あと今じゃもう、旦那1人で満足だし、なんなら旦那とすらしなくても全然やっていけちゃってるわ」

「本気になれる相手、ねえ」

「あれ、前付き合ってたケンとか割と真面目に付き合ってたよね?」

たしかに私にも、かつては真剣に思える相手がいた。

すべて彼が初めてだった。初めて、周りに真剣に付き合ってると言った相手だった。

「そうだねえ…。でもあんなに長いあいだ付き合って無理だったんだから、もう無理なんだよ」

彼に嫌な思いをして欲しくないと思って、気持ちのない男性と関係を持つことを絶っていた。けれど私は結局、1人に縛られないで自由になりたかった、というわけだ。

私と同じ考えを持つ人は滅多にいない。だから付き合という行為は無駄だ、と思っていたのだ。


ミアが提唱するニューノーマルな関係性。しかし重大な問題もはらんでいて…?

サキの家からの帰り道。さっきまで降っていた雨が止んで、どこか懐かしい匂いがする。

これから一緒に帰るのであろうカップルとすれ違いながら、私はひとりで、バッチリきめこんだ服を纏って歩いていた。

ー 私が本当に欲しいものってなんだろう?

キャリアも美しさも恋愛も、欲しいものはすべて手に入れてやる、そう思ってここまできた。好きなだけ男性とデートして、すべてを手に入れた気になっていた。

けど、心のどこかで、何かが足りていないことに気づいていたのかもしれない。サキの優しい表情、ケンと付き合ってた頃の満ち足りていた気持ちを思い出す。

本音をぶつけ、それでもずっと一緒にいたいとお互いが想える相手。そんな存在ってあり得るのだろうか。そしてもしもあり得るならば、私はどうしたらその人に会えるのだろう?

「…本音をずっと隠していたら、会えるわけないんだよね」

つぶやきは夜の空気に溶けたけれど、その感覚はいつまでも私の胸に残っていた。





それから半年後。私の状況は予想外に変化していた。

「ミア、何飲む?せっかくのいい天気にドライブだし、フラペチーノにしよっかな〜!」

子どもみたいにはしゃいでいる“彼”に動揺しつつ、ソイラテ一択だった私は「何にしようかな」と悩んでいるフリをした。

”彼”…カイトは同僚で、関係を持ってもう数ヶ月以上経っている。

鍛えられた体に白い肌、センター分けで前下がりの黒い髪の毛がよく似合った。そのルックスに惹かれて、思わず私から声をかけたのが始まりだ。

今日は江ノ島へドライブ。二人の好きなEDMを大音量で流していたら、あっという間に江ノ島海岸についた。

「今日のディナーはどうする?都内に戻る?」

「うーん、それがさ」

照れ臭そうにカイトが遠くの方の海を見ている。

「少し早めの時間だけど、この近くのレストラン予約したんだよね」

素直に嬉しかったと同時に少し動揺した私は、ぎこちない笑顔で「うそ、楽しみ」と笑ってみせた。

私たちは、身体の関係を持っている。デートはするし、デートの時は手も繋いでいた。「付き合おう」というやりとりはしていないけれど、側から見たら、どう見てもカップルだと思う。

「本日は、記念日か何かなんですか?お似合いなカップルだなと思って見惚れちゃいました」

「ありがとうございます」

カイトが予約してくれたのは、逗子海岸の近くにある、綺麗な景色が見えるレストラン。ウェイターからの質問に気まずそうにしている私をよそに、カイトが答える。

「ねえ、ミア」

不意に真面目な表情で私を見つめるカイトと目が合うと、逸らすことができなかった。

「よく考えてみたんだ。できるだけ正直に、自分の気持ちを。ミアには俺のパートナーでいて欲しい」

彼女ではなく”パートナー”と言ったのは、お互い他の異性に関してオープンな関係をよしとしているからだろう。誰とも共有できないと思っていたこの価値観が同じだと知ったときから、私たちはお互いを意識し始めたのだから。

「うん、そうだね。私もそう思ってる。パートナーはカイトだけ」

「精神的につながりを感じるパートナーは、これからもミアだけ。俺たち、人とはちょっと違うかもしれないけれど、信頼があるからうまくやっていけるよ」

世間一般の定義なんて関係ない。それが私たちの答えだった。

いつでも自分に正直に、自分も相手も尊重したい。セルフラブから目を逸らさない、私たちらしい関係だ。そう思ったら、世間からの見られ方を気にしていた頃を思い出して笑えてきた。


…ところが、そんな幸せな関係を手に入れたと有頂天になった直後。思いもよらないことが私に起こった。


帰り道、カイトの希望で鎌倉に寄った。有名なチョコレートケーキ屋に行きたいらしい。

カイトも私もお酒は大好きだが、甘いものは一切口にしない。

― だれにあげるの…?

賞味期限は明後日。近いうちに会うのだろうか、チョコレートケーキを熱心に選ぶカイトを見ながら、私は愕然とした。

女にあげるとは限らない、でも……。

今まで経験したことのない"嫉妬"という感情が、少しずつ少しずつ、私を侵食していくようだった。


▶他にも:090から始まる見知らぬ番号。電話に出た27歳目黒女子が体験した、驚愕の出来事とは

▶NEXT:8月2日 月曜更新予定
婚期を逃したくない!結婚を夢見る女はどこまで妥協できるのか?!