冠番組に「ブサイク」がつくアイドルなど、彼らをおいて他にいないだろう。

Kis-My-Ft2、通称“キスマイ”。ジャニーズ事務所という正統派アイドルの系譜に名を連ねながらも、グループの立ち位置を「ユニークな存在」と自己分析する。

だが、「ひとりも欠けず7人揃って、デビュー10周年を迎えられるのは奇跡」と胸を張るその姿からは、がむしゃらに駆け抜けてきた自負がのぞく。

グループの“イケメン”を担ってきた藤ヶ谷太輔さんと玉森裕太さんに、グループそして個人としてのこれまでとこれからに迫った。


―藤ヶ谷太輔side


「これ、よかったら皆さんで食べてください」

そう言って手渡されたのは、下町の老舗和菓子店の菓子折だった。

アイドルから手土産をいただく。想像もしなかった始まりに、スタッフ皆、たじろいでしまう。

だが、藤ヶ谷太輔という男にとっては、ごく自然なことのようだ。

「今日の午前中、その辺りでロケをしていたんです。ゆったりした収録だったので、立ち寄る余裕があっただけですよ。

気遣い、って意識でしたことでもないですし、毎回してるっていうわけではないので、そんなそんな(笑)」

謙遜して笑う。



自分に嘘をつかないこと。それが人として美しい姿だと思う


〝キスマイ〞のメンバーとしてデビューして10年。怒涛の日々を経て今、「ようやく自然体でいてもいいかな、と思えるようになりました」と言う。

デビュー時は24歳。まずはグループを覚えてもらうため、二枚目キャラを担った。

「デビュー後すぐに舞祭組が生まれたんですけど、その時、中居さんに言われたんです。

〝お前が二枚目で行けば行くほど、舞祭組4人の幅が広がって、それがグループの幅になっていくから〞って。そうか、と目から鱗でした」

以来、30歳まではカッコつけていこうと決めた。

「30を過ぎて、また中居さんとお話しをするタイミングがあり、〝そろそろ良く見せるのはやめようと思ってます〞と伝えたら、“もうちょっとできないか〜?”なんて言ってくださったのですが(笑)。

今はほぼ自然体でやっています」

“カッコつけるのはやめた”

34歳、アイドルとして、大人の男として、ひとつの節目を迎えた男の決意でもあるのだろう。



取材後、いただいた菓子折を開けてみた。中に詰まっていたのは、愛らしい豆大福。

まっすぐでシンプルで、静かに余韻を残す味わいに、「自然体でいる」と語った彼の姿がリンクした。

自身の心が動かすこと。彼が周りを幸せにできる理由が分かった気がした。


玉森裕太さんが語る、30代になって感じた変化とは?

―玉森裕太side


人見知りで趣味はゲーム。ひとりステイホームも苦にならないインドア派。

美しい顔立ちに浮かび上がるクールな表情は、まるで繊細な内面を映し出したかのよう。

事前にリサーチした玉森裕太さんにまつわる情報やイメージに基づく先入観は、インタビュー開始直後から軽やかに覆された。

「外食は大好きです。いいものを毎日食べる必要はないけど、美味しいものを知っておく、というのも大人だな、と思うようになったというか。

昔は無欲でほとんどこだわりがなかったぶん、人間らしくなってきたということなのかもしれないですね(笑)」



美味しいものを食べたい、昔より欲が出てきました


食のジャンル問わずグルメが好きと語る玉森さんだが、予約困難店ともなればカウンターのみという店も多い。周りの目は気にならないのだろうか?

「全然。悪いことしてないですから(笑)。友達と純粋に料理を味わいながら、“おいしいね”って言い合う。それだけで幸せ。

お料理に合わせる飲み物は、ノンアルコールペアリングがあればお願いすることもありますよ。

昔は、ランチを食べにわざわざ地方にまで遠征したこともあったなぁ。新幹線に乗って、金沢にノドグロを食べに行こうとか」

その時の思い出が蘇ったのか、嬉しそうな表情を浮かべた。



キスマイの“イケメン”担当してグループを牽引してきた、藤ヶ谷太輔さんと玉森裕太さん。

喜び、苦悩、感謝、葛藤…

10年という短いようで長い時間、苦楽をともにしたふたりが今だから語り合えた「本音」とは?

電子書籍では、お二人の対談を、撮りおろしの写真と共にたっぷりとお届け。彼らの思いをぜひ受け取っていただきたい!

アプリのダウンロードはこちらから。


■プロフィール
藤ヶ谷太輔 1987年生まれ、神奈川県出身。小学5年生で、ジャニーズ事務所に入所。Kis-My-Ft2のメンバーとしてデビュー後は、トークバラエティ『A-Studio+』でMCを務めたり、ソロのラジオ番組を持つなど、幅広く活躍。愛称は“ガヤ”。

玉森裕太 1990年生まれ、東京都出身。2011年、Kis-My-Ft2のメンバーとしてデビュー。人気ドラマ『グランメゾン東京』、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』など、俳優としても活躍の幅を広げている。愛称は“たまちゃん”。


今回ふたりをお招きしたのは……
「アロフト東京銀座」


2020年秋、銀座に開業以来、洒落た大人たちが集うと話題のライフスタイルホテル。館内随所に最先端のアートワークが配され、大人の感性を刺激する。

バーやダイニング、ルーフトップテラスなど、ホテル内施設も充実。


【BAR】


ふたりが対談したのは、エントランス右横に位置する『W XYZ Bar』。開放的な空間では、ライブパフォーマンスが楽しめる。

奥にはビリヤード台が設置されており、お酒を飲みながら遊べるという仕掛けもある。


【ROOM】


個別撮影が行われたのは、最も広い客室「アロフトスイート」(54㎡、1泊1室 58,080円〜)。

今井俊介氏によるリビングのグラフィカルな壁やレコードプレーヤーなど、五感を刺激される夜を過ごすのにぴったりだ。




東京カレンダー最新号では、藤ヶ谷太輔さん、玉森裕太さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
お二人が東カレだけに語った、“10年目の真実”とは?

アプリのダウンロードはこちらから。