何気ないことを話しても、なんだか妙に面白い。四千頭身・後藤拓実さんは、いま第七世代で最も注目される芸人のひとりだ。

しかもタワマン在住、愛車はAudi。東カレとの親和性は意外にも高い。

そんな彼に手練な“昭和のイイ男”を演じてもらった!



後藤拓実さんのインタビューと、2ページ目の動画も必見だ!



銀座で美女とイタリアン。それは、バブル世代から変わらぬステイタス

6月某日。洒脱なスーツで決めた後藤拓実さんが、銀座に現れた。

ロケ地は“イノベーティブイタリアン”を体感できる『FARO』。撮影イメージを「美女とのイタメシデート。女性の方が後藤さんに夢中という設定です」と伝えると、後藤さんから思わず声が漏れた。

「ほえぇ」

いざ撮影が始まると、意外やキメ顔がハードボイルドという一面を見せ、ご覧のとおり完全に男前風が吹いている。しかし本人は、内心穏やかでなかったようだ。



「緊張で頭が痛くなって。何事にもまだ経験の浅い僕でいいんだろうかと思いました。あと、きれいな方とおでこを合わせる写真を撮ると言われて、おでこの脂が気になりました」

『FARO』のような瀟洒なイタリアンに、足を踏み入れること自体が初めて。“大人の体験”として胸に刻まれたと話す。

「いつか食の思い出を語るインタビューがあったら、銀座で食べた黒いドリアが忘れられないと言いたいです」

…正しくはリゾットであった。

この日はややアウェイに感じていたようだが、後藤さんといえばタワマンに住む若手芸人としても注目され、たびたびテレビ番組などでネタにしている。

後藤さんがタワマンに住み始めたのは、昨年12月のこと。当時23歳、売れっ子とはいえ思い切った選択に思えるが、何かきっかけがあったのだろうか?



引っ越しの理由は「タワマン男に鼻で笑われ、火が付いたから」


「前は普通のマンションの8階に住んでいたんです。でもある日、洗濯物を干しているときに、向かいのタワマンの奴と目が合って。鼻で笑われたんですよ!

向こうも洗濯物を干してて、スタイリッシュな男でした。うちよりちょっと高くて、見下されたと思って。その日のうちに不動産屋に行って、奴のマンションの上を借りました」

愛車のAudiで行ってみたいデートを聞いてみると、意外にもオツな答えが返ってきた。

「僕、滝が好きで。東京にも日本の滝百選に唯一選ばれている払沢(ほっさわ)の滝があるので、そこすかね。“滝アウディ”です」

それなら、滝アウディの一番の見せ場はどこだろうか?

「Audiから降りて小鳥の声を聞いたときです。払沢の滝は駐車場から15分ほど歩くんですけど、どんどん滝の音が近づいてくるんです。遊歩道を抜けると滝があって、見た瞬間アガりますよ。

滝の周りは水が美味しくていい感じの蕎麦屋も多いので、天せいろを食べて帰ります」

…そのデート、普通にモテそうだ。


スーツでキメた後藤さんは、年上美女の隣で思わず…?

年上の女性すら子ども扱い。今宵のデートは、もうこっちのモノ


後藤さんが話すと、何でもコミカルな物語に聞こえる。彼が放つ、のんびり口調と鋭い観察眼のギャップに、編集部一同も魅了されてしまった。



「美女とのディナーを終えて、もう銀座は僕の庭に」



【後藤拓実さんの動画インタビューはこちら!】

■プロフィール
後藤拓実 1997年岩手県生まれ、埼玉県育ち。2015年4月にワタナベコメディスクール22期生として、お笑い芸人の道をスタートさせる。2015年秋に、同い年の都築拓紀・石橋遼大とのトリオ「四千頭身」を結成。第七世代芸人の代表格として、バラエティ番組やCMにひっぱりだこ。

■衣装
[女性]ワンピース 107,800円〈ディーネロ/フィルム TEL:03-5413-4141〉




東京カレンダー最新号では、後藤拓実さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
東カレに語ってくれた「先輩芸人・パンサー向井さんとの、心温まるエピソード」とは?

アプリのダウンロードはこちらから。