中目黒に2018年にオープンした『オンダ トウキョウ』は、新鮮な魚介を使った料理が評判のイタリアン。

オーナーシェフの中村圭佑さんは、9年修業した静岡・三島の名店時代に複数の漁港と関係を深め、独自の仕入れルートを開拓。

イタリア語で“オンダ”は波を意味するが、この店はまさに海の恵みを体験できる店である。



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。


目黒川のほとりで、全国の海の幸を活かしたイタリアンを堪能


目黒川に面した通りにひっそりと佇む一軒で、現在はディナーの客数を1日2組に限定。

隠れ家の風情もたっぷりな同店では、接客から調理までをシェフがひとりでこなしている。

中村シェフは前述の国内修業のほか、トスカーナやシチリアなどイタリアで3年の経験を積んだ実力者。

全国から厳選した魚介に深く傾倒し「素材に合う工夫があれば、無理やりイタリアンでなくてもいい」と、現地修業はあくまでエッセンスとして効かせている。

鮮度の良さに裏打ちされた、魅力的なコースの一例を見ていこう。


7つのソースで魚の旨みが際立つ、こだわりのカルパッチョ!

前菜は、小田原・早川漁港でその日の朝に水揚げされたものを中心に、7種類の旬な魚介それぞれに相応しい味つけをしたカルパッチョ。

アジは夏野菜とヴィネグレットでマリネし、カマスは皮目を炙り黒ニンニクのソースをかけ、イサキは湯引きしてライムの香りをつけて、といった塩梅だ。

刺身の厚さも満足度があり、各ソースが相まって魚の個性をダイレクトに感じられる。


滋味あふれる郷土料理で、旬な魚を余すところなく味わう!

魚をオイルや水、白ワインなどでじっくりと煮たカンパーニア州発祥の郷土料理「アクアパッツァ」。

この日はカルパッチョと同じく、小田原・早川漁港から仕入れたメバルを使用している。

シンプルな調理だからこそ上質なメバルの滋味が際立ち、しみじみと身体に吸い込まれるような美味しさに。

自家製のパンで、最後に旨みが凝縮したスープをすくうのがお約束だ。


うにを贅沢に盛りつけた、インパクト抜群の看板メニュー!

あさりの出汁を効かせた軽やかなクリームソースに浜名湖産の生青海苔を加え、とどめに北海道産バフンうにを豪快にオン。

うにの芳醇な香りを生海苔が包み込んで、甘みが口中に広がる。手打ちパスタとの一体感も抜群だ。

コースにプラス1,000円することで食べられるメニューで、このパスタを目あてに来店するファンも多いという。(※要予約)


個性の強い地鶏を活かしたメインも登場!

高級焼き鳥店でおなじみの地鶏の旨みが炸裂するメイン!

『オンダ トウキョウ』が全国から厳選するのは魚介だけではない。

こちらは、日本有数の地鶏として知られる静岡の「天城軍鶏」を使った逸品で、150日飼育の雄鶏を、骨付きのまま1週間寝かせて旨みを凝縮。

シェフが三島時代に生産者から直接学んださばき方が発揮され、強火でじっくりと焼き上げる。

あふれ出る肉汁が、軍鶏のモツを煮込んでポルチーニと合わせたソースと相まって、魚介料理を堪能した後でも難なく平らげられるはずだ。




日本の優れた魚介を中心にしたおまかせコースは8,800円〜。

生産者からも一目置かれるひたむきなシェフによるひと皿は、都会の日常に新鮮な風を吹かせてくれるだろう。