いま、休日にちょっと足をのばして、キャンプやサーフィンなどアウトドアライフを楽しむ人が増えている。

今回紹介する「パサート オールトラック」は、アウトドアに大活躍な機能と、都内でのスマートさを兼ね備えた、マルチな一台として注目を浴びている。

アウトドアと言えば、SUV。それに劣らないスマートなワゴンの魅力に迫ってみた!



SUVの機能を搭載したスマートなワゴンに、大人の余裕を感じる


世界一真面目なクルマと言ったら、このブランドをおいて他にないだろう。

フォルクスワーゲンは、機能を重視したクルマ作りが特徴で、走る、曲がる、止まるといった基本性能にこだわってきた。デザインでは装飾をできるだけ排除し、機能美を追求。

そんなブランドのポリシーを忠実に体現するのが「パサート オールトラック」である。

力強さと燃費の良さを両立したディーゼルエンジン。雪道や突然の豪雨も苦にしない4輪駆動。そして最先端の運転支援システム。

必要なものはすべてあるけれど、不要なものは全くないという一台だ。

さて、ここからが本題。無駄のない佇まいを見て中には「個性がない」と思う人がいるかもしれない。

しかし、大容量の荷室まで備えるこのクルマは、休日はサーフィンやキャンプといったアクティビティの最高の相棒に。

使う人次第で楽しみ方が無限に用意されている。



さて、ここからが本題。無駄のない佇まいを見て中には「個性がない」と思う人がいるかもしれない。

しかし、大容量の荷室まで備えるこのクルマは、休日はサーフィンやキャンプといったアクティビティの最高の相棒に。

使う人次第で楽しみ方が無限に用意されている。

好きなものにこだわれる余裕を持つ大人にこそ、相応しいクルマなのだ。

では、SUVとの違いは何か?それはワゴンらしい使い勝手だろう。SUVに引けを取らない走破性を誇りながら、重心の低い車体は乗り心地抜群。

さらに全高1,535mmで都心の駐車場の制約も少ない。ワゴンとSUVのいいとこ取りをしたまさに究極の〝実用車〞である。



今年のマイナーチェンジを受けて、インテリアも刷新したパサートシリーズ。

ダイヤル式だった空調操作パネルがタッチスクリーン式になり、モダンで洗練された印象に。



そんな一台で向かいたい目的地は、さまざまな著名デザイナーとのコラボで知られる高級家具ブランドのショールーム「B&B Italia Tokyo」。

本物の価値を知るからこその家具選びにもクルマ選び同様、大人ならではの余裕を感じさせるのだ。


ラグジュアリーな家具で、おうち時間をより豊かにするなら……
「B&B Italia Tokyo」


1966年に創業したイタリアンファニチャーの最高峰、B&B Italiaの国内唯一のショールーム。

ラグジュアリーな世界観を堪能できる店内で今注目すべきは、世界的デザイナー、ピエロ・リッソーニによる新作アウトドアコレクション「ボレア」だ。



航空機の分野で使用される技術が用いられたモダンなソファやダイニングテーブルで、自宅のバルコニーを第二のリビングにしてみてはどうだろう。


「VOLKSWAGEN PASSAT ALLTRACK」


ステーションワゴンの主力モデル「パサート・ヴァリアント」をベースに、タイヤや足まわりを改良してSUV風味を与えたモデル。

ゆったりとした乗り心地、パワフルなディーゼルエンジン、そして4駆システムのおかげで、悪条件でもリラックスしてロングドライブを楽しむことができる。

いかにもドイツ車らしい、機能的なデザインも魅力だ。

5,529,000円〜〈フォルクスワーゲン カスタマーセンター TEL:0120-993-199〉