あなたは恋人に、こう言ったことがあるだろうか?

「元カレとはもう、なんでもないから」

大人に”過去”はつきものだ。経験した恋愛の数だけ、過去の恋人が存在する。

だから多くの人は、1つの恋を終わらせるごとに、その相手との関係を断ち切っているだろう。

しかし “東京のアッパー層”というごく狭い世界では、恋が終わった相手とも、形を変えて関係が続いていく。

「今はもう、なんでもないから」という言葉とともに…。

◆これまでのあらすじ

健作と社内恋愛中の千秋。会社の後輩・雛乃が、彼の元カノだということを知ってしまう。

別れても友達として付き合い続けることは「私立一貫校の内部生あるある」だと聞かされたものの、2人の関係にモヤモヤ。

そんなとき、結婚式の打ち合わせに「雛乃も呼ぼう」と提案され…?

▶前回:シンガポールに単身赴任中の夫には、内緒で…。娘の幼稚園受験に夢中な女が、隠していたコト



「ひなも呼びましょうよ!」

恵比寿にある『マーサーカフェダンロ』まで、わざわざ集まってくれた健作の友人・深山くんと菊田くん。

最初は、4人で和やかに談笑していたはずなのに。

突然そう言い出した菊田くんの顔は「名案が浮かんだ」とでも言いたげで、キラキラと輝いている。

海外渡航が夢と消えた今、今年予定していたハワイでの挙式は延期になった。

それでも、少しずつできることから進めておきたい。余興のVTRや、プロフィールを盛り込んだ小冊子の制作だけでも。

そんな目的で、彼らに依頼している会なのに。…なぜ、健作の元カノを呼ばなくてはならないのか。

マスクの下で思わず顔がひきつったが、菊田くんはハイテンションのまま続けた。

「いや、健作って中高はマンドリンクラブにすべてを捧げてたじゃん。俺と深山はクラスとか大学時代のことなら知ってるけど、クラブのことはあんまりわからないからさ。

ひなが千秋さんとも親しいなら、今ここに呼んで昔の話聞ければ、ちょうど良くない?久しぶりに、ひなにも会いたいしさ」


戸惑う千秋が、3人の前で言ったこととは…?

「確かに、それはある」

先ほどまで私を気遣ってくれている様子だった深山くんも「私と雛乃ちゃんが、すべてを承知の上で仲良くしている」という事実を知った今、この案に乗り気のようだった。

私が何も気にしていないと本気で信じている健作は、言わずもがなニコニコと賛成している。

和やかで、ポジティブな空気。しかもそれは、私と健作の結婚を祝うためなのだ。…もはや私には、込み上げるモヤモヤを押し殺す道しか残されていなかった。

ニッコリと微笑むと、3人に向かって明るく答える。

「そうですね、私は全然OKです」



30分ほど経った頃。

「ごめんなさい〜!思ったより遅くなっちゃった」

テラス席のビニールカーテンをかき分けて、雛乃ちゃんが私たちの元へとやってきた。しかし私と健作の姿を目に留めた彼女は、目を丸くして歩みを止める。

「えっ、けんちゃん?それに、千秋さんも…」

「ビビった?これ、健作の結婚式の打ち合わせ!ひな、こいつの面白エピソードたくさん覚えてるだろ?VTRと冊子に盛り込むから、全部暴露よろしく!」

驚いた顔で固まる雛乃ちゃんに、菊田くんが笑いかける。どうやら彼女は、私たちがいることを聞かされずに呼び出されたらしい。

だが私は、そんなことよりも雛乃ちゃんの第一声が気になっていた。

― やっぱり雛乃ちゃんも、プライベートでは「けんちゃん」って呼んでるんだ。

会社では健作のことを「日比野さん」や「健作さん」と呼んでいたが、今は休日。それに旧友たちとの場だ。

気が緩むのも無理はない。むしろ会社という公の場では気遣いができている証拠、とも言えるだろう。

私は気分を切り替えると、精一杯の笑顔を心がける。

「雛乃ちゃん、お休みの日なのに来てくれてありがとう。よかったら協力してくれる?」

向かいに座った彼女に、悲しい気持ちを押し殺しながらメニューを差し出す。

「はい、私でよければ…!」

すると雛乃ちゃんも、可愛らしい笑顔を私に向けてくれた。そして…。私の本当の憂鬱は、この瞬間から始まったのだ。



テーブルに広げられた、たくさんの写真。それを1枚ずつ手に取りながら、雛乃ちゃんの思い出話は尽きることがなかった。

「中2の合宿のとき、課題曲が『星空のコンチェルト』なのに、けんちゃんはそのときハマってた『Love so sweet』ばっかり弾いてて…」

健作は、カラオケに行くといつも嵐を歌う。それに『Love so sweet』は彼の十八番だ。

「けんちゃんの家は食べ物に厳しすぎて、中3で初めてカツ丼を食べたんだけど。それから毎日、部活の後にカツ丼を食べに行ってて。あだ名が…」

健作の一番の好物は、今でもカツ丼だ。私が食べたいものを聞くと、いつだってカツ丼をリクエストする。

「高2のときかな?みんなで江ノ島の花火大会に行ったら、けんちゃんは感動しすぎて…」

江ノ島は、彼が大好きで大切にしている場所だ。私にプロポーズをしてくれたのも、江ノ島だった。

「も〜、なんでそんなことまで覚えてるんだよ〜!」

恥ずかしそうに笑い声を上げる健作の横で、私の気分はどんどん落ち込んでいく。

私の大好きな健作は、雛乃ちゃんとの青春によって作られてきた。そのことを、痛いほど思い知らされたのだ。

テンションがどんどん下がっていく私とは対照的に、雛乃ちゃんが話す健作の失敗談を聞いて、菊田くんと深山くんは涙を流すほどゲラゲラと爆笑していた。

そして、次の瞬間。深山くんは、耳を疑うようなことを言ったのだ。

「は〜、おもしろ…。やっぱひなちゃん、細かいところまでよく覚えてるわ。さすが7年近く付き合ってただけあるね」


その言葉に、動揺した千秋は…

「えっ、7年も付き合ってたの?」

それまで当たり障りなくニコニコと話を聞いていた私だったが、今度ばかりは驚きのあまり、思わず声が出てしまった。

でも、4人の笑顔は崩れない。

「いやいや、千秋さん!まあ中高通してそんな感じだったけど、途中何回も別れてるから。実質そんなに付き合ってないよ」

「そうそう。本当、部活ばっかりで。カップルらしいことなんて何もしてないんですよ」

健作と雛乃ちゃんは笑いながら、なんでもないことのような軽い口調で弁解する。

「今となってはさ。お前たちが付き合ってたのとか、本当ネタだよな」

「うん、健作よかったな〜!ひなみたいなのじゃなくて、千秋さんという素敵な女性が見つかって」

「ちょっと!それは言い方ひどくないですかー?」

私の動揺はまたしてもこんなふうに、同窓会的な雑談に埋もれて流されてしまった。

呆然とする私の背後から、店員さんがそっと声をかけてくる。

私にとって最悪な結婚式の打ち合わせは、テラス席の利用が2時間半までだったことによって、どうにかお開きになったのだった。





― なんだか、全然休めた感じのしない週末だったな。

翌日の月曜日。出勤日の私は、デスクのパソコンに向かってダラダラと客先へのメールを書いていた。

おとといの、居心地の悪かった会の帰り道。

2人になった健作は「楽しかったな」と上機嫌で、帰り際にはまたいつものように、下唇を噛むキスでじゃれてきたけれど…。

私は、うまく笑えていただろうか。そのときの私はヘトヘトに疲れていて、とにかく1人になりたかった。

― 健作は在宅勤務みたいでよかった。今日はランチデート、楽しめそうにない気分だったから。

雛乃ちゃんが健作の元カノだと判明してから、ずっとモヤモヤした気持ちが渦巻いている。

遠い過去のことに、嫉妬なんてしたくない。でも仲のいい2人を目の前にすると、いい気持ちもしない。

堂々巡りの思考で頭がいっぱいになった私は、小さなため息をつき、隣のデスクをチラッと一瞥する。

― もうすぐ雛乃ちゃんが、客先から帰ってくる。

予定では、昼頃にオフィスへ戻ってくるようだ。

手元のスマホが指し示す時刻は、11時40分。このままデスクに座っていれば、当然の流れで一緒にランチを買いに行くことになるだろう。

「難しいこと考えずに、普通に接してればいいのよ」

普段の私だったら、カラッとした気持ちでそう割り切れたかもしれない。

だけど、あの憂鬱な打ち合わせの疲れが癒えないままでいる今は、あまり彼女と一緒に行動したいという気持ちにもなれないでいた。

― 雛乃ちゃんを待たずに、今のうちに先に1人で出ちゃおうかな。うん、そうだ。そうしよう。

気分が乗らないときは、無理して会わなくてもいい。そう割り切った私は、おもむろに財布を持ってエレベーターへと向かう。

けれど、オフィスのドアノブに手をかけようとした瞬間。まるで私が来るのを待ち構えていたように、反対側からドアが開けられたのだった。

「あっ、千秋さん!今からランチですか?早いですね」

ドアを開けたのは、予感した通り雛乃ちゃんだったのだ。

いつも通りの柔らかな笑顔。目尻は優しげに下がり、肌は白くツヤツヤとしていて…。昨日見た写真の、中学時代の面影が残っている。

「うん、もうお腹すいちゃって。ごめん、先に行かせてもらうね」

心の準備ができていなかった私は、微笑みを浮かべながら、そそくさとその場を去ろうとした。

…でも。雛乃ちゃんは、それを許してくれなかった。

細い体をサッとドアの隙間に滑り込ませたかと思うと、後ろ手にドアを閉めて、強引に私の行く手を阻んだのだ。

「え…、雛乃ちゃん?」

彼女の顔に、もう柔らかな微笑みは浮かんでいない。そして厳しい眼差しをこちらに向けると、うなるようにこう言った。

「行かないでください。私、千秋さんに話があるんです」


▶前回:シンガポールに単身赴任中の夫には、内緒で…。娘の幼稚園受験に夢中な女が、隠していたコト

▶Next:10月6日 水曜更新予定
気まずい会から一夜明けた今。雛乃が千秋に話したいこととは