エリートと結婚して優秀な遺伝子を残したい。

そう願う婚活女子は多い。そのなかでも、日本が誇る最高学府にこだわる女がいた。

― 結婚相手は、最高でも東大。最低でも東大。

彼女の名は、竜崎桜子(26)。これは『ミス・東大生ハンター』と呼ばれる女の物語である。



26歳、不本意な別れ


「お姉ちゃん、どうしよ〜。アプリで出会った東大農学部出身の人に、さっき振られちゃった…」

広尾ガーデンヒルズ・サウスヒルE棟の一室。デメルのクッキーをつまみながら、竜崎桜子が悔しそうにつぶやく。

「まだ、付き合って3ヶ月くらいじゃなかった?牛肉の流通経済を研究してて、お肉のうんちくがすごい彼でしょ?」

5歳年上の姉・百合子が、片眉を釣り上げながら尋ねる。

「そう。今は金融でクオンツやってて『仕事が忙しい』って理由なんだけどさ。付き合いだした時から忙しさは変わってないと思うんだよね…」

武蔵小杉の実家に住んでいる桜子は、時々こうして姉の家に来ては愚痴を聞いてもらっていた。

嘆く桜子とは対照的に、姉からは幸せオーラが出ている。米国公認会計士の資格を持ち監査法人で働いている百合子は、夫と3歳の息子とこの高級レジデンスで暮らしているのだ。

今日は久しぶりに彼氏とランチデートだったので、桜子は、おろしたての淡いピンクのワンピースを着てルンルンで出かけた。

ところが、席についた途端、別れ話をされたのだ。

「一体なにがダメだったんだろう。せっかく『銘柄牛肉ハンドブック2021』も買ったのに」

「毎度ながら、男の趣味に全力で合わせていく姿勢、さすがよね…」

感心したように百合子がつぶやく。

「そのガッツがあるんだから、東大卒へのこだわりさえなくせば、相手はすぐに見つかるよ」

失意の妹を気遣い、百合子はフォローを入れたが、逆効果だったようだ。

「東大卒で弁護士やってる旦那さんがいるお姉ちゃんには、言われたくないよ!」

「私の場合は、偶然で…。狙ったわけじゃないのよ」

百合子が慌てて弁明するも、桜子は聞く耳を持たない。

「とにかく、私は東大卒じゃなきゃイヤなの。最高の遺伝子を求めてるから!!」

桜子は、自分に言い聞かせるようにそう言うと、口をつぐんだ。

12歳の時の苦い記憶が、ふと頭に蘇ってきたのだ。


桜子が東大生との結婚にこだわる理由とは?

大失敗した中学受験


桜子が、東大生にこだわる理由。

それは、彼女が小学生の時までさかのぼる。

猛勉強して臨んだ中学受験に失敗したとき、桜子は自分の能力の限界を悟った。

桜子は、川崎生まれ・川崎育ち。両親は2人とも、公立王国・福井県の出身だから、中学受験には縁がない。

ところが、ママ友の影響で中学受験に目覚めた母。長女の百合子を小学6年生から塾に通わせ、奇跡的に日本女子大学附属中学校に合格させたのだ。

調子に乗った母は、「もっと早くから勉強させたら、女子御三家も夢じゃないかも!?」なんて夢を見始める。そのとばっちりを受けたのが、桜子だった。

両親の期待を一心に背負い、桜子は小学3年生から、宿題の量が尋常じゃないことで有名な進学塾に通うことになる。

けれど中学受験を経験していない両親は、勉強は塾に任せきり。

「ママ、つるかめ算ってどうやってやるの?」

「うーん…。塾の先生に聞きなさい」

こんなやりとりが何度繰り返されたかわからない。終わらない宿題に、桜子は次第に追い詰められていった。



親が私立中高を経て有名大学を出ている家庭は、家でのフォロー体制も整っている。そんな家で育った子たちは、順当に難関私立中学に合格していった。

しかし桜子は、御三家の門を叩くレベルには遠く及ばず、姉が合格した日本女子大の附属にも引っ掛からなかった。

第6志望の横浜の中高一貫の女子校へ進学が決まった日、12歳の桜子は『人生終わった』と思った。

悔しくてたまらなかった桜子は、どうやったら人生を逆転できるかについて、考えるようになる。

そして、その答えを2年後に見つけた。

日本女子大学に進学した姉・百合子が東大のインカレサークルに入会し、東大生の彼氏をゲットしたのだ。

― これだ!!

桜子はひらめいた。

― 私も、女子大に進学して東大のインカレサークルに入ろう!

そこで東大生と出会って結婚して、人生を一発逆転させる。優秀な人と結婚すれば、優秀な子が生まれる。子どもに自分と同じ思いはさせなくてすむ。

14歳の桜子は、人生のシナリオを描いた。

受験勉強はもうしたくないと思った桜子は、評定をコツコツと積み上げ、指定校推薦で東京女子大学に進学する。

そして迷わず東大のインカレサークルに入会し、テニスという名目の下に東大生と青春を謳歌する日々を送った。

しかし、いくつか恋はしたものの、結局は実らず、26歳の今もフリーの身。



「ただいま〜。お、桜子ちゃん、来てたんだ」

桜子が物思いにふけっていたとき、息子を連れて散歩に出ていた百合子の夫が帰ってきた。

「お義兄さん、こんにちは。お邪魔してます」

急に背筋を伸ばして、笑顔を彼に向ける。姉の彼氏として紹介された時から10年以上経つが、それでも少しは気を使う。

― お義兄さん、今日も素敵。開成卒・東大法学部出身のイケメン弁護士なんて、完璧よね…。

桜子がこの家に頻繁に遊びにくる理由。それは、「早く自分もこのフェーズに行こう」と、自分に発破をかけられるからだ。

― 落ち込んでちゃいられないわ。気持ちを切り替えて、頑張ろう。

気合を入れ直し、スマホを手にする。次の出会いを求め、ある人物に連絡したのだった。


再起を図る桜子。連絡した相手とは?

東大卒男子を求めて


翌週の金曜日。

桜子は勤め先であるメガバンクの品川支店を定時退社し、そそくさと身なりを整えて電車に駆け込んだ。

虎ノ門横丁の一角『Ata』に到着すると、カウンター席にいたサークル時代の同期・慶一郎が振り向いて片手を上げる。

「よ、桜子。久しぶり」

「慶一郎、久しぶり!仕事、抜けてきた感じ?忙しいのにありがとう」

「全然。晩メシのついでだし、大丈夫」

虎ノ門の外資系金融機関で働く慶一郎は、海城高校出身・東大経済学部を出たエリートだ。

身長は170cmもなく小柄だが、がっしりとした体躯と穏和な物腰は、おおらかな印象を与える。サークル内でも一定の人気があった。

― 実際は見た目よりもズバズバ物を言うし…、結構、女好きなんだけど。

桜子は心の中で毒づきつつ、慶一郎の隣に座った。2人でサクッと乾杯し、虎ノ門店限定メニューである魚介のアフタヌーンティーを頼む。



「にしても、今日は美由紀ちゃんが来られなくて残念だよ。桜子がセッティングしてくれなきゃ、あの子には会えないからさぁ」

「ごめんね。ついさっき『仕事が終わらない』って連絡来たのよ」

がっくりと肩を落とす慶一郎を、桜子は「また調整するから」となだめる。

今日は桜子と慶一郎、それにサークルのマドンナ・美由紀を加えた3人で会う約束をしていた。慶一郎は「美由紀を呼ぶ」と言えば、いつも二つ返事で飛んでくる。

しかし大手海運会社のエリア総合職として働く美由紀は、輸送トラブルが起きて対応に追われているらしい。急遽来られなくなってしまった。

「んで桜子、なんか話したいことがあったんじゃないの?『男を紹介して』とか?」

「うわ、びっくり。その通りよ」

急に図星を突かれ、桜子はギクリとする。

慶一郎はもちろん、美由紀にも、職場に有力な人がいたら紹介をお願いしようと思っていたのだ。

「まあ、協力してやるよ。桜子は美由紀ちゃん連れてきてくれたり、コロナ前は銀行の女の子集めてお食事会もよくやってくれたしさ」

「ありがとう!最近また東大卒の人と別れちゃって、次を探さないといけないの」

「相変わらずの『ミス・東大生ハンター』っぷりだな、桜子先生は」

あきれたように慶一郎がつぶやく。

サークル内の一部の男たちは、桜子のことを“ミス・東大生ハンター”などと呼んで揶揄する節があった。しかし桜子も慣れたもので、「そうなのよ、相変わらず私は“赤門会”専門の狩人よ」などと受け流す。

「桜子先生のために善処いたしますが…、周りの奴ら、最近急に婚約だの結婚だの言い始めたんだよなぁ。………あっ!!」

慶一郎は急に声を上げて、わざとらしくパチンと指を鳴らした。

「1人いた、彼女募集中の、東大出身男が」

「え、いいじゃない。ぜひぜひ!!」

興奮する桜子に、慶一郎は薄い唇の端を持ち上げて不敵に微笑む。

「桜子とアイツで、どんな化学反応が起きるかわからないけど…面白そうだし、試しに会ってみてくれないかな」

「か、化学反応…?」

意味ありげな笑みに、桜子はうっすらと不安を覚えたのだった。


▶他にも:元恋人のツイートが気になる!?別れて半年後、メッセージを送ってみたら意外な返事が

▶Next:10月23日 土曜更新予定
慶一郎に紹介された男とデートする桜子。男は意外にも…