「妻が輝いていることが、僕の喜びです」

令和の東京。妻に理解のある夫が増えている。

この物語の主人公・圭太もそのうちの1人。

・・・が、それは果たして、男の本心なのだろうか?

元来男は、マンスプレイニングをしがちな生き物だ。

高年収の妻を支える夫・圭太を通じて、東京に生きる『価値観アップデート男』の正体を暴いていく。

(マンスプ=マンスプレイニングとは、man+explainで上から目線で女性に説明するの意味)

◆これまでのあらすじ

大手商社を退職した藤堂圭太(34)は結婚1年目。家事全般を担当し、自分より年収のある経営者の妻・香織(36)を支えていた。

しかし、世間知らずの女子大生・未久(21)と知り合ったことから、圭太の生活はバランスを崩し始める――

▶前回:妻が出張中、女と密会していた男。帰宅後、問いただされた夫は…



『真野さんから「明日会えないか?」って連絡が来て、今度はホテルを待ち合わせ場所に指定されたんです』

『私、どうしたらいいでしょうか?』

『藤堂さん、助けてください』

未久からのLINEに既読をつけたまま、僕はリビングのソファで天を仰ぐ。

― なんて返信すればいい?

香織はすでに寝室にいる。就寝のタイミングを夫婦で揃えることが、僕らのルールだ。返信するなら早くしなければ。

無視することもできた。だが気になる。

― ホテルで待ち合わせというのは、部屋?ロビー?ラウンジ?ダイニングレストラン?

それによっては危険度がかなり変わる。SOSを発するなら正確に詳細を記してほしい。

僕は仕方なく香織に相談した。未久の存在を伝えたばかりだし、真野聡介という共通の敵もいるからだ。

「SOSしてる人に『正確に詳細を伝えろ』なんて無理な話よ」

香織は淡々と言う。たしかにそのとおりだ。自分が悪かった。

妻の隣で未久とLINEのやり取りをする。

結果、ホテルのラウンジに呼び出されたことが判明した。待ち合わせは14時だ。

「じゃ、心配いらないでしょう。その大学生さんは案外しっかりしてると思うから、危なくないと思う」

香織の意見に僕もひとまず同意し、消灯した。

が、どうしても気になる。

14時という待ち合わせ時間が引っ掛かるのだ。


14時の待ち合わせ、それは〇〇の始まり…。

翌朝、香織を仕事に送り出したあと身支度を整え、14時に間に合うように向かった。

かつて僕が――そして真野も――勤めていた商社の、ある既婚の男性社員の“癖”を思い出したからだ。

彼は複数の女性と浮気をしていたが、その相手たちとは大抵、ホテルで14時に待ち合わせるのだった。

15時のチェックインまで1時間、ラウンジでお茶などしてから部屋に向かうためだ。

そして4〜5時間ほど部屋に滞在したあとチェックアウトし、何事もなかったようにオフィスに戻るか、帰宅するのである。

以来、既婚男性の浮気は、14時の待ち合わせから始まるものだと思っていた。

大学時代の女友達から「ウチの夫が浮気しているかも」と相談されたとき、僕は「14〜15時ぐらいに電話してみるといい」と返したほどだ。



西麻布の自宅からホテルへ向かうまでのタクシーで、僕はあらためて真野聡介のルックスをスマホで確認した。

僕は彼と同じ会社にいたものの、直接、彼と会ったことはないからだ。人違いを起こしてはいけない。

TwitterでもInstagramでも多くの画像が出てきたが、ひときわ気になったのはGoogleの検索結果に出てきたものだ。

男性カルチャー誌の取材だろうか、筋トレ中でタンクトップ姿の真野の画像があったのだ。パンプアップした胸筋を誇らしげに見せつけている。

― きもちわるっ。

男という生き物は、金、権力、そして筋肉が好きだ。年収を競い合うようにベンチプレスで持ち上げる重量を競い合う。

女性にモテるためには、金、権力、筋肉が必要だと信じているからだ。

― 実にバカバカしい。

とはいえ僕も商社時代、周囲に触発されてベンチプレスに励んでいた時期がある。同僚たちの誰もがパーソナルトレーナーをつけていたから、自分も筋トレするのが、当たり前だと思っていた。

香織と付き合い始めた直後は、トレーニングの頻度を増やした。モデルのような美貌の彼女に見合うため、ルックスを磨きたかった。

あのころの僕は、まだ心の奥底で“男らしさの呪縛”にとらわれていた。

しかし香織は、たった一言で鮮やかに、その呪縛を解いてくれたのだ。



「私は、圭太くんが健康でいてくれたら、それでいい。ルックスを磨くのは嬉しいけど、無理はしないで自分らしくいてほしい」

香織の言葉はこう続いた。

「私たち女性の多くは、小さいときからずっと『見た目』のプレッシャーを感じてきたの。常に『女の子らしい』『女らしい』ルックスでいるよう求められた」

女の子だからスカートをはいて、ピンク色の服を着て、髪を伸ばして、しかもその髪にはツヤがあって美しくて…。幼稚園のときから大人になるまでずっと変わらない、と香織は言った。

「それが自分の好きなルックスならいいけど…ズボンが好きで、ブルーが好きで、丸坊主でいたい女性がいたっていいよね?誰もが自分らしい、自分の好きな見た目でいるのが一番でしょ?」

「たしかに、そうだね」

「男の人だって、男らしい見た目を求めないで、自分らしくいてほしい。男女が平等に近づいてきた世の中だからって、男性に見た目のプレッシャーを感じてほしくない」

僕はその瞬間、香織と付き合えたことにあらためて幸せを感じたし、彼女に選んでもらった自分が誇らしかった。



渋滞で遅れてしまい、ホテルに到着したときには14時を過ぎていた。僕は急いでラウンジへ向かう。

タクシーの車内で何度も真野の画像を確かめたせいか、すぐに彼を見つけることができた。

僕は従業員に無理を言って、真野の死角になるような席を選び、何食わぬ顔で座る。

遠巻きに真野のテーブルを見る。置かれたコーヒーは2つ。やはり未久は真野と合流していたようだ。

しかし肝心の未久がいない。トイレにでも立ったのだろうか。

ほどなくして女性が来て、真野の対面に座る。

彼女の顔を見た瞬間、僕は頭の中が真っ白になった。

未久じゃない。あれは……。

香織だ。


妻が真野と会っていた理由とは

僕は混乱した。

― どうして香織が真野と会っているんだ?

真野が呼び出したのは未久だったはず。なぜ香織にすり替わっているのか。

半年前、真野は、あるファッションブランドのパーティーで香織と知り合い、既婚者だと知りながら執拗に口説いていた。

― そんな2人がホテルで密会…?

香織がこちらへ顔を向けようとする。慌てた僕は注文もしないまま席を立ち、逃げるように店を出てしまった。

ホテルを後にしてから、しばらくして僕はスマホを取って香織にLINEした。どういうわけか体も手も勝手に動く。

『今なにしてる?』

既読がついて我に返る。夫の不倫を疑う女友達に、自分がしたアドバイスを思い出したからだ。

― 僕は何をしているんだ…?

唐突なLINEに香織は戸惑っているだろう。このままじゃ怪しまれる。

香織の会社は恵比寿にあるので『ちょっと散歩して恵比寿まで来たから、お茶でもと思ったんだ』とごまかしのメッセージを付け加える。

すると、すぐに返信が来た。

『ごめん。今は打ち合わせで原宿に来てるの』

嘘だ。香織はここにいる。

しかし、それ以上は何も言わない。何も言えない。質問する勇気がない。

LINEに『だよね。忙しいところごめん』と返し、僕は帰宅した。

何も考えたくなくて、家事の片手間にやっているイラスト仕事に没頭するしかなかった。



その日、香織とは20時まで音信不通となった。

仕事が忙しい彼女と連絡が取れないことは日常茶飯事。別に珍しいことではない。しかし、原宿にいると嘘をついてまで、真野とホテルで密会していた姿を見た以上、心がざわつく。

20時を少し過ぎたころ『今から帰るね。会社を出るとこ』とLINEが入る。

商社時代の同僚の不倫パターンを否が応でも思い出してしまう。

会社がある恵比寿から西麻布までタクシーで10分ほど。となれば20時半には香織は帰ってくる。

― どんな顔して妻と会えばいいのだろう。

僕はひどく混乱していた。

ホテルで香織と真野を見てから、ずっとだ。

そのとき、未久から『実は、さっき藤堂さんの奥様と知り合いました』というLINEが届き、混乱を通り越し、思考が完全にストップした。

― へえ〜。香織と知り合ったのか。それは良かったね。……は?どういうこと?

僕が固まっていると『電話してもいいですか?』と未久のLINEが届いたのだった。

断る理由はなかったので『OK』というスタンプを送ると、すぐに電話がかかかってきた。

「真野さんと会う前に、ホテルのロビーで奥様が話しかけてくれたんです。『話は全部、主人から聞いてます』って」

「香織が…?」

未久によれば、香織は未久と真野の密会を「心配いらない」と僕の前では言ったものの内心では心配していたらしい。僕に内緒でホテルに向かい、未久が席を外したときを見計らい、偶然を装って真野に話しかけた。

僕が盗み見たのは、その瞬間だったようだ。

その後、僕が逃げるように帰ったのと入れ違いで、トイレに行っていた未久が戻ってきて、香織、真野、未久の3人で会話が続いたそうだ。

香織には、未久と真野が2人きりになることを避ける狙いがあったのだ。

真野はとてもバツが悪そうで、しばらくすると会計を済ませてそそくさと帰っていき、場は香織と未久の2人だけになったそうだ。

「そこから1時間ぐらい奥様と話したのですが、本当に素敵な人ですね!」

電話越しに未久の声が弾んでいた。

「『夫にはこのこと内緒にしといて』って言われたんですけど、ごめんなさい。どうしても藤堂さんにもお礼が言いたくて電話しちゃいました」

呆気に取られて声も出ない僕を気にもせず、未久は「本当にありがとうございました」と告げ、一方的に電話を切る。

「…ああ、そっか…そりゃ、そうだよな…」

しばらくして自分でも驚くほどの弱々しい声が漏れる。

香織が浮気なんてするはずがない。しかも相手が真野なんて、ありえない。

― なのに、僕ときたら…。

大いに反省した僕はソファから飛び起き、キッチンに立った。香織が好きな特製オムライスを作るためだ。

オムライスはハンバーグと並んで香織の好物だ。

だからハンバーグに続いてオムライスについても、僕は研究に研究を重ねていた。

子どものような食べ物が好きなのに妻はかっこいい。

彼女のような人間に夫として選ばれた自分がやっぱり誇らしい。

恥ずべき誤解をした自分も、きっと香織なら許してくれる。

香織ならどんな僕も受け入れてくれる。



……と、あのときの僕はまだそう信じていた。

香織でも許してくれないことを、僕はやらかしてしまうことになる。


▶前回:妻が出張中、女と密会していた男。帰宅後、問いただされた夫は…

▶Next:10月24日 日曜更新予定
香織に憧れを抱いた未久の暴走が始まって…!