“男女平等”が叫ばれている、昨今。

しかし「6歳未満の子を持つ夫婦の、1日あたりの家事・育児関連時間」は妻が平均7時間34分。

それに対し、夫は1時間23分(総務省「社会生活基本調査」)ほどだという。

日本における夫の家事参加率は、先進国の中でも最下位なのだ。

家事・育児に非協力的な夫。それに対し不満を抱き、愛想を尽かす妻たち。

これは、そんな「夫力(オットリョク)」皆無の男が、離婚を免れるために日々成長していく物語である…。

「夫力★向上委員会」一挙に全話おさらい!


第1話:結婚後、掃除機の場所さえ知らない36歳男。「離婚したい」と妻に切り出され…?

「俊平、離婚したいの」

あれは平日の疲れが溜まっているからと、ひたすらダラダラと過ごしていた日曜の午後だった。

テレビからはゴルフ中継が流れていた。18番のティーショットを見ながら、僕はソファで横になりつつ、のんびりしていたのだ。そのときソファの背後から、柚葉の声がしたのである。

「…だから、離婚したいの」

第1話の続きはこちら


第2話:「ゴミ捨てさえ満足にできない夫は、粗大ゴミと一緒」妻が結婚を後悔する瞬間とは

「ただいまぁ!」

仕事を終え、機嫌よく帰宅する。今日は満面の笑顔で「俊平、ありがとう♡」というお褒めの言葉を、柚葉からもらえると思っていた。

だが妻は、いつもと同じトーンでこう言ったのだ。

「あのさ。朝、俊平が言っていた“ゴミ捨て”って、ここにまとめてあったゴミを下に持って行った、ってことだったの?」

第2話の続きはこちら


第3話:帰宅すると、異様に機嫌のいい妻が…。夫の知らぬ間に、女がコッソリ会っていた相手

仕事帰りで疲れている。化粧直しもしていないので、ボロボロだ。今から重い食材を持って、坂の下にある我が家へ帰らなければならないかと思うと、深いため息が出てきた。

「大根と鶏の煮込みでいいかな」

そう小さくつぶやいて、大根に手を伸ばしたときだった。私と同時に、もう1人その大根を取ろうとした人がいたのだ。

「あ、すみません」

そう言ってパッと手を離し、手が触れ合ったその人を見た瞬間。体に、稲妻のような衝撃が走った。

第3話の続きはこちら


第4話:「夫のパンツと、自分の洗濯物を一緒に回したくない」妻が夫を、生理的に受け付けなくなったのは…

「あのさ…。なんでこれを洗ったの?」

最初は、意味がわからなかった。だって僕は、言われた通りに洗濯をしたのだから。だが柚葉の口調は、静かながらも、怒りを秘めているのが伝わってきた。

「これの、どこが“洗濯”なわけ?洗濯機に洗濯物を入れて、それで終わりだと思ってないよね?」
「え?それ以外に何があるの…?」

柚葉の顔から、笑顔がサァッと消えていった。

第4話の続きはこちら


第5話:最近、やたらとゴキゲンな妻。夫が帰宅すると、フローリングに見覚えのない男の毛が落ちていて…

「でもさ。掃除とか洗濯とか、いつも気づいたときにはすでに柚葉がやってくれてるし。後手後手になっちゃうんだよね」
「まぁ、それはわかるわ」

男2人で納得していると、隣で聞いていた亮太の妻・遥さんが急に低い声でつぶやいた。

「世の中の男性は、妻のことをわかってなさすぎるのよ。ねえ俊平くん、最近柚葉さんの行動で変わったこととかない?」

遥さんの言葉を聞いた瞬間、僕はハッと息をのんだ。そういえば最近、なんだか柚葉の機嫌がいい日がある。どうしてその日だけ、妻はご機嫌なんだろうか…?

第5話の続きはこちら


第6話:結婚3年、30代夫婦。持ち家アリで経済的余裕もあるはずなのに、それでも妻が子作りを拒否するワケ

一人暮らししていたときに、何度か料理しようと試みたこともあった。しかし1人分だけの材料を購入するよりも、出来合いのものを買ったほうがコスパが良くて、結局諦めてしまったのだ。

コロナ禍になって以降、家で食事することが多くなった。でも毎回、柚葉が作ってくれていたので僕の料理スキルは上がっていない。

― それでも、とりあえずやってみることが大事だよな。

僕はネットでレシピを探し、必要な材料を見ながらとりあえず買い出しに出かけたのだった。

第6話の続きはこちら


第7話:「友人と会う」と言い出掛けていった妻。しかし高級ホテルで、夫が見た衝撃的な光景

この日は、なぜか朝から胸騒ぎがしていた。理由を聞かれたとしても、うまく説明できない。だが、ただただ何か嫌な予感がしたのだ。

「俊平。今日は友達とお茶の約束があるから、出かけてくるね」

そう言いながら洗面台で髪の毛を巻いたり、頬に何かをつけたり。一心不乱に出かけるための準備をしている、妻の柚葉。

「ちなみに、今日はどこでお茶するの?」

第7話の続きはこちら


第8話:年下のイケメンに誘惑された妻。火遊びのつもりが、相手の男にはまさかの思惑があって…

僕は柚葉のことが大好きで、この人の側に一生いたいと思って籍を入れた。そして家族になったのだ。

しかし妻は、僕とは違う気持ちだったようだ…。

先週末、柚葉と流星がホテルで密会している様子を目撃してしまった。さらに「夫力向上委員会チャンネル」上での、流星からの宣戦布告と思われる動画。

1日の間に様々なことが起こりすぎて、僕の頭はパンク寸前だった。

第8話の続きはこちら