20周年を迎えた『東京カレンダー』。

東カレの誌面を華やかに彩ってくれた人気者たちから、続々と祝福のコメントが到着。

レストランや外食についての思い出や熱い気持ちを伝えてくれた。

以前誌面に登場した際には、その艶っぽい男らしさと食べる際のかわいらしさが話題を集めた松下恍平さん。

今回初出しの未公開カットとともに、撮影時の裏話や直筆のメッセージも必見!



ひとりでいても孤独ではなく満たされる場所が、レストラン


昨年の登場時、SNSを大いに賑わせた松下さん。

下積み時代に住んでいた二子玉川の思い出の店でのシューティングを振り返って……。

「あの頃は十数年後に、東京カレンダーさんで紹介する日が来るなんて、想像もしてなかったです。とても素敵に撮って頂いて、思い出深いですね。

1年以上前の事ですが、今改めて見返すと、やっぱり少し背伸びした僕がいます。でもそれが東京カレンダーの良いところなのかも。

少し背伸びしたい時、冒険したい時に選びたい店がある。だから東京カレンダーを読む時、ワクワクするのかもしれません」

そして続けた。

「早く乾杯がしたいです!皆でグラスを合わせて、お酒が飲みたい。

沖縄のある地域では乾杯のことを、“花花!(ハナハナ)”というんだそうです。グラスを合わせた時、上から見ると花のように見えるから、だとか。

1日でも早く自由な世界に戻ることを祈りながら、その日が来たら、このうんちくで花を咲かせたいです(笑)」


2020年7月号に登場!大好評の「もぐもぐ写真」、貴重な別カットを蔵出し


撮影したのは、松下さんが当時住んでいたマンション付近にある『CAFE SOULTREE』。

美味しそうに頬張る無邪気な表情に悶絶するファンがSNSに溢れたカットの、別バージョンがこれ。


松下さんの直筆メッセージ!


■プロフィール
松下洸平 1987年生まれ、東京都出身。NHK連続テレビ小説『スカーレット』で脚光を浴びる。デビューシングル「つよがり」が発売中、映画『燃えよ剣』、TBS系金曜ドラマ『最愛』に出演中。