“日本イチのまぐろの目利き”として知られる、「やま幸」の山口幸隆氏。

彼が惚れ込む希少部位の中でも、一部の予約困難店などでしかお目にかかれない、最高峰の国産天然まぐろがある。

それが、鮨・丼専門店『海玄(seagen)』では、昼も夜も気軽に食べられると話題になっているのだ!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。



「やま幸」の目利きによる天然本まぐろを、たっぷり200g使用!


目玉は「究極の海玄マグロ丼」。その日おすすめの希少部位が約200gも乗る、大盤振る舞いだ。

「すべてはまぐろを美味しく食べるために」と、滑らかな舌触りと旨みのまぐろに合わせて作った、煮切醤油や熟成赤酢入りの酢飯、歯応えのあるガリも名脇役。

「やま幸」が手がける会員制鉄板焼『HIBACHI』や『鮨 乃南』が考案した丼ぶりもラインナップされているので、そちらも注目だ。



まぐろを贅沢に使った、夜コースもあり!


こちらは、希少な「まぐろ頭肉の柚子胡椒焼き」。

夜は9品から成る「天然本まぐろ満喫コース」10,000円も人気だ。



頭肉や九条ネギが入った小鍋。コクのあるまぐろ節の出汁だけでも、日本酒が進む。



白木のカウンターのほか、テーブル席も設えたシンプルながら品のある店内。

昼は予約がなくても入店可能だ。



一部の予約困難店でしか味わうことのできない、「やま幸」のトロやまぐろの希少部位を気軽に食べられるという『海玄』。

ランチも、夜でも食べられるとのことなので、ぜひ一度訪れてみてほしい!


▶このほか:いま、超人気寿司店の二号店がブームだ!『海味』をお得に楽しめる注目の新店