昨今、高級鮨店がセカンドブランドを展開する流れが強い。

そんな中、これまでの鮨店の厳かな雰囲気を一蹴する一軒が話題だ!



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。



『鮨 りんだ』がプロデュースした立ち食い鮨が誕生!鮨屋らしからぬ外観もイイ!


その名も『ブルペン』! ユーモア満載な異次元の鮨でもてなしてくれる目黒の『鮨りんだ』が、新たに立ち食い鮨をオープンしたのだ。

まず、『ブルペン』という店名からしてユニーク。

“ブルペン”とは、野球場で投手がウォーミングアップをする場所。それに由来し、「高級鮨店の板場(マウンド)で活躍する前の、仕上げの場」として命名されたという。

場所は、武蔵小山、戸越銀座、荏原中延の中間。中原街道沿いに位置し、3つの最寄駅はどれも徒歩10分強かかる。これも「わざわざ足を運んでほしいから」という思いからだ!



大将を務めるのは、日本料理店で6年、『鮨りんだ』で2年修業した佐々木男駆(だんく)さん。

ゆえに、ネタの品質や食べ手を楽しませる創意工夫は、“りんだイズム”をしっかりと継承。



系列店『R』の名物「えびうに」を立ち食いで味わえたり、ここだけのお楽しみとして「隠し球」なる日替わりネタもあったりと遊び心満載。

単品も可能だが、最初は採算度外視のネタ尽くしな「男駆おまかせ」7,000円(11貫お椀付き)がおすすめ。

オープン後まもなくは、あまりの人気に行列ができたというが、現在は予約制。

昼は11:00〜、12:15〜、13:30〜の3部制、夜は17:00〜、18:15〜、19:30〜の3部制となっている。

話題性は抜群の『ブルペン』。さてさて、気になるお味は???


早速、気になる握りを見ていこう!


名物『えびうに』は必食!!!!!


コースの最中もとにかく楽しいのが、『ブルペン』流!

高校野球を彷彿させるブラスバンドのBGMをバックにした、活気溢れる接客が気分を盛り上げる。

名物の「えびうに」は、甘エビの上に、礼文島の塩水ウニがどっさり乗った至極の一品。

溢れるほどのウニの量に驚くこと必須!



マグロも一工夫あり!

大トロの筋と筋の間の身“はがし”を三枚に薄切りして重ねた「はがしのトロ」も、トロの味わいが口いっぱいに広がる、新しい感覚!



「車海老」は、八の字に握り、人と人とのご縁を表現。

上には、おぼろとわさびを乗せており、味の違いを楽しむことができる。



また、コース外でオーダーできる「隠し球」も見逃せない。

回転鮨のメニューを本気で作ってみたり、カマトロを炙ったりした逸品が楽しめる。

今日のメニューは北海道産キングサーモン「マスノスケ」で握る「本気のオニオンサーモンマヨ」。


立ち食い鮨の概念を覆す圧巻の握りと、前代未聞のエンタメ感が楽しめる!

ユニークな握りに目を奪われがちだが、シャリは『鮨 りんだ』同様、羽釜で炊き上げるなど、味への探求は確か。

立ち食いレベルを超越した握りと、前代未聞のエンタメ感。これぞ、次世代の鮨の楽しみ方と言って過言ではない!