―30歳―

それは多くの人にとって、これからの生き方を意識する節目の歳。

職業・アイドルの柏木由紀さんも、今年30歳。

入院という激動の体験をした今年、“今だからこそ思うこと”を聞いてみた。



柏木由紀さんのインタビューを、今日と12/3(金)の2日に渡ってお届け!2ページ目の動画も必見!



ストイックな柏木由紀の外食事情


撮影中、シャンパンで乾杯するデートについて聞いみた。するとこんな答えが返ってきた。

「憧れますね。そういう絵に描いたようなデート、してみたいです。普段は、ザ・庶民的なものが好きでひとり1万円以上するお店は滅多に行かないです」

たまのご馳走といったら鮨と焼肉の2択。今年は写真集を撮り終えた際『焼肉チャンピオン』へ行き、自身の誕生日は母と『鮨 日本橋 鰤門』で過ごした。普段は高級店に縁遠いが、ごく稀に行く時は、靴とバッグはきちんとしたものを選ぶようにするとか。

お酒の経験はこれから。

「私、人生で初めて飲んだお酒はシャンパンなんです」

そう話すが、それも篠田麻里子さんが他のメンバーとの合同誕生会で用意してくれたもので、以来飲む機会はほぼない。

そもそも10〜20代を多忙に過ごし、外食の時間は限られていた。だからこそ、今後はゆっくりレストランを楽しみたいと思っている。

「30代に入って一番お金をかけたいのは食事かもしれない。今はある程度、時間にも余裕があります。ごはんに合うお酒を飲んでいる大人を格好いいと思っていて、私もそういう飲み方をするのが夢です」

30歳を迎えた今年は、アイドルとしても激動だった。

単独での活動が増えるなかで難病が発覚。手術から3ヶ月後の9月末には、AKB48の1年半ぶりのシングル『根も葉もRumor』がリリースされた。



“30代アイドル”の新境地と覚悟


アイドルとして働く自分の隣で、周りの30歳の変化も増えてきた。

「それこそAKBを卒業したメンバーが、同じ歳でも結婚したり子どもを産んだりしているのを見ると、そのメンバーがとても輝いて見えるんですよ。そういう人生もいいなと。

でも一方で、30代までAKBにいた人がいないから、その先陣を切りたいとも思います。

30歳になって、どちらも凄く考えるようになりましたね。どっちって決められなくて難しい。決めないまま両方できたらいいんですけど、大変かもと考えたり。

究極、アイドルは自分がやりたいと言えば続けることは可能だけど、人の役に立てるか、求められているかを見極めるのも大切と感じています」


入院中、ゆきりんが「急激に病気がよくなった」と思った瞬間とは・・・!?

入院中もずっと頭のなかにあった“アイドル”としての自分


今年の入院中も、頭にあったのはやはりアイドルのことだった。

「病室のテレビで、AKBが出ている音楽番組の生放送を観たんです。その時、頑張れと思うと同時に、早くそっち側に行きたいと心底思いました。

アイドルに元気をもらう経験を味わった瞬間でもありました。音楽でパワーが出るって本当にあるんだなって。

そのテレビを観るまで凄くしんどかったのに、急激に病気がよくなって、1ヶ月の予定が1週間で退院できました」

今も足の痺れが残るが、「動かすことがリハビリ。先生もダンス動画を見てびっくり仰天してました(笑)」と、病を蹴散らす快活さをみせる。

とことん明るく、会ったら誰もがファンになるとは柏木さんのこと。



AKBに入る前からあったアイドル精神


「元気を与えられる人でありたい」

このアイドル美学はずっと変わらず、可能な限り歌も踊りも続けていく。

AKB48に入る前から、教室の前で歌って踊るとみんなが盛り上がったこと、家で歌えば家族が笑顔になったことが、何より嬉しい少女だった。

人を喜ばせたいマインドは不滅で、30歳になる今は素顔でもそれをかなえている。

「いつか、私の人生アイドルだったなって、振り返れたら幸せです」

“アイドル”としての道を究めるアイドル・柏木由紀。30歳になった今、我々が見たことのないような魅力を見せてくれるに違いない。



【表紙撮影風景の裏側を公開!】


【後編】 12/3に公開!
■柏木由紀さんが堪能した『naoto.K(ナオトケイ)』の魅力

■プロフィール
柏木由紀 1991年生まれ、鹿児島県出身。2007年にAKB48でデビューし、アイドルとして多方面で活躍。「柏木由紀なりのWACK」と称し、7タイトルシングルの同時リリースで話題となった。今年7月には、1年かけて撮影した写真集『Experience』を発売。近年はセルフメイク術や歌唱力にも注目が集まっている。

■衣装
ドレス 138,600円、バッグ 97,900円〈すべヌメロ ヴェントゥーノ/イザ TEL:0120-135-015〉、リング(ローズクオーツ)352,000円、リング(ダイヤモンド)693,000円、リング(ゴールド)253,000円、イヤリング 616,000円、ブレスレット 869,000円〈すべポメラート/ポメラート クライアントサービス TEL:0120-926-035〉、靴〈スタイリスト私物〉


▶このほか:永野芽郁に見つめられたら吸い込まれそう…。大人な一面を覗き見!




東京カレンダー最新号では、柏木由紀さんのインタビュー全文をお読みいただけます。柏木さんが今でも大切にしている、秋元康さんとの食事中に言われたコトとは?

アプリのダウンロードはこちらから。