夫は、こんな人だった―?

周りに相談しても、誰も信じてくれない。子どもと一緒に夫の機嫌を伺う日々…。

最近、こんなモラハラ夫に悩む妻が増えている。

有能で高収入な男性ほど、他人を支配しようとする傾向が強い。

優衣(32)も、経営者の夫が突然マンションを買った日から、徐々に自由を失っていく。

広告代理店ウーマンから、高級マンションという“籠”で飼い殺される専業主婦へ。

彼女が夫から逃げ出せる日はくるのだろうか―?

◆これまでのあらすじ

夫・雄二のコロナ疑いは晴れ、優衣は離婚の覚悟を決めた。弁護士も決め、あとは夫に離婚の意思を伝えるだけ。そんな時、東山に妙案がうかんだ。

▶前回:「夫が改心しても、離婚するって決めたの」32歳妻が、原宿の億ションを捨ててでも夫と離れたかったワケ



優衣と東山の企みを察したかのように、鳴り続ける雄二からの着信。

東山は、やれやれといった苦笑いを浮かべ、応答ボタンを押した。

東山は優衣の目の前にも関わらず、何食わぬ顔で電話に応答し、平然と挨拶を交わしている。そして、おそらく雄二から何らかの用事を言いつかると、「承知しました」と電話を切った。

何もやましいことはないが、じっと息を殺し、優衣は電話が終わるのを待っていた。

「終わりましたよ。なんのことはない。いつもの感じです」

東山は困った様子で笑う。

「どうやら、社長のターゲットにされていた社員が、1人辞表を出したようで」

「またですか?」

これまでに優衣は、東山から会社の内部事情をなんとなく聞いていた。東山はオブラートに包むようにして内容を優衣に伝えてくれるが、実際の会社での夫の暴君さは容易に想像がついた。

「今の電話は、社員が1人辞めたことに対しての言い訳のようなものです」

東山の話によると、雄二はある程度自分のせいで人が辞めるのだと理解しているそうだ。

そして、人が辞めるとき必ず言うセリフがあるという。

本当に苦しい時こそ人間の本質が出る。そういう時こそ自分のことで頭がいっぱいになり、自分の失敗を誰かのせいにしたくなる。だが、重要なのはそれを他責にせず自分の責任だと考えること。ここからどう生きるかが大事なのだ。

といったような内容だ。

「つまり、苦しい時に会社から逃げ出すやつなんて、要らない。辞めることを会社や経営者のせいにする弱い奴は、そもそもうちの会社では役に立たない、という意味です」

人が辞めていくのは、俺のせいじゃないということを暗に伝えているのだろう、と東山は言った。

冷静になって言葉を一つひとつ拾ってみると、確かに自分擁護の言葉ばかりだった。

― 私が離婚を切り出しても、「逃げ出すやつは要らない」って思うのかな。

優衣はそんなことを考えつつ、ふと東山が言っていたことを思い出した。

「ところで、東山さん、さっき優位に働く決定的な情報があるって言ってましたよね?」


夫との離婚に有利な情報を得た優衣。その内容は…

東山は「覚えてましたね」と言いながらくすっと笑う。

「なんですか?教えてください」

すると東山はひとつ咳払いをし、神妙な顔で打ち明けた。

「実は、社長にはお付き合いしている女性がいるんです」

東山の口から出た「女性」という二文字に優衣は驚きを隠せない。

「浮気してるとは思ってましたけど…」

思ってはいたけれど、第三者から事実を告げられると、いきなり現実として突きつけられた気がした。

「で、誰なんですか?相手は」

ここまで来たら、相手がどういう人が把握しておくべきだろうと優衣は思った。

「銀座のラウンジに勤めるホステスです」

コロナ禍前は、雄二もただの客としてラウンジに足を運んでいたようだ。しかし、コロナの影響で店は閉店。そのとき、お気に入りだった女性に生活の援助を申し出たことがきっかけで、付き合いが始まったという。



「接待で何度か店を利用していたので、僕も彼女と面識がありまして。先月はその子が引っ越しをするとかで、会社から鉢植えをいくつか手配しました」

優衣は静かに聞いていた。しかし、家族には生活費としてたった月10万円しか渡さず、自分は外で女性を囲っているという事実を目の当たりにし、内心怒りが爆発しそうだった。

それに、浮気だけでもあり得ない話だというのに、こんな社員に恥ずかしいプライベートを晒しているとは…。

― 許せない…。

沸々と湧き上がる怒りを、優衣は必死で抑え込もうとする。

「…大丈夫ですか?」

さすがに、表情に怒りの感情が出ていたのだろう。東山が心配そうにしている。

「大丈夫です。ちょっと動揺してますけど。あ、ごめんなさい。そろそろ息子を迎えに行かなくちゃ」

優衣は無理をしつつも笑顔を作った。

東山と別れ、雄斗を幼稚園に迎えに行く道すがら、同じように幼稚園に行く保護者や、ベビーカーを押し、道を歩く同世代の女性がやたら目に入ってしまう。

自分以外の人がみんな幸せそうに映るのだ。

息子を引き取り、家路を急ぐ。気分は陰鬱だが、食事の支度はいつもどおりしなくてはならない。

― 夕飯のメニューは雄斗が好きなもの。雄二の分は惰性で作ればいい。会話も最低限で済むよう、リビングのテレビをつけっぱなしにしておこう。段取りを考えながら、息子の手を引き歩く。

今夜。息子が寝た後、雄二に離婚を切り出すと心に決めている。

自分の中の怒りが消え失せる前に。鉄は熱いうちに。覚悟を決め、どう切り出すべきか、シミュレーションする。

考えながら、時折思い出すかのように、背中に一筋の緊張が走る。

― 怖いけど…言わなくちゃ。



夜、21時。

いつもより少し遅く、雄二が帰宅した。深酒はしてなさそうだが、酒は飲んでいるようだ。

すでに雄斗は眠っているし、酔っていないなら、都合がいい。

雄二は、部屋着に着替え、リビングのソファに横になった状態でスマートフォンを手繰っていた。

「雄二、ちょっといい?話があるの」

優衣は意を決し、話を切り出すことにしたのだ。


意を決し離婚について口にするが、夫から出たのは想定外の言葉

「なに?どうせ生活費あげろとか、そういう話?」

雄二はそのままの体勢で、横柄に答えた。

「違うわ」

優衣は、つぶやくように答える。

そして、一つ大きく息を吸ってから、本題を吐き出した。

「離婚して欲しいの」

雄二は一瞬スマホを手繰る手を止めた。だが、すぐに何事もなかったかのように、上体を起こしテレビのリモコンを手に取った。

「ねぇ、冷たいお茶持ってきて」

その声は、まるで子どもが母親にものを頼むときのそれで、何のわだかまりも感じられない。

優衣は黙って立ち上がり、キッチンでグラスにお茶を注ぎ、雄二の前に置いた。

「あの、さっきの話だけど…」

このまま話が流されても困る。

雄二は面倒臭そうに、テーブルにスマートフォンを伏せ、顔を上げた。

「あのさ、今コロナ禍で、本当に会社が大変な時期なんだよ。離婚なんて軽々しく口にしないでくれるかな?」

雄二の口から出た言葉は、優衣がまったく想定していなかったことだった。

「じゃあ、離婚したい理由聞いてもいい?ま、どんな理由でも離婚なんてしないけどね」

その高圧的な言い方に、優衣はキュッと唇を噛んだ。

「あなたの機嫌ばかりを伺って生活していくことに疲れたの。お願い、離婚してください」

すると、不機嫌極まりない表情で、雄二は言い返す。

「あのね、優衣、君は今、働いていないでしょ?この家の家計は僕1人でまかない、家を買い、子どもの教育資金を出し、生活している」

雄二は立ち上がり、冷蔵庫からビールを取り出すと、ぷしゅっと開栓した。そして、ソファに腰掛け一口含むと、ため息をついた。

「僕は会社を経営しているんですよ。うちだけじゃない、従業員の家族の幸せも背負ってるの。そのプレッシャーわかります?家でくらいワガママ言って何が悪いの?」

そこまで言うと、雄二はビールを一気に飲み干す。そして、大きな音を立てテーブルの上に荒々しく缶を置くと、立ち上がり歩み寄ってきた。



「俺、そんなにワガママ?機嫌とらせてる?じゃあ、優衣、君はいつでも気分が安定しているの?どうやったらそうなるの?ねえ、教えてよ、ねえ!!」

固まったまま何も言えない優衣。その様子を面白がるように、雄二はさらなる追い討ちをかける。

「じゃあ、あなた経営してみたら?金稼ぐなんて綺麗事ばかりじゃないんだよ。あなたはいいよねぇ。毎日友達とランチだ、お茶だって」

唇の端に冷たい笑みを浮かべながら、言葉を積み上げていった。

「ご、ごめんなさい…」

昼間までは確固たる決意を抱いていたはずなのに、口から出てきたのは、自分の非を認める言葉。

後悔と恐怖が優衣を支配していく。

「ごめんなさいなんて、口ではなんとでも言える」

いつの間にか雄二は満足そうに優衣を見下ろしていた。

「離婚してどうするのかな?仕事もないのに。僕には有能な弁護士がいる。調停でも何でも起こすといいよ。君が雇うその辺の普通の弁護士じゃ、到底太刀打ちできないだろ」

余裕の笑みを浮かべる夫の顔に、優衣はなんとも形容しがたい嫌悪感が湧き上がってきた。

「子どもだって、渡さないよ。専業主婦を放棄するような女に、子育ては任せられないからね」

子どもは渡さない。

この一言で優衣は、はっと我に帰った。

― このままじゃ、また言い負かされる。間違ってるのは私じゃない!

「でも、離婚の理由はあります」

雄斗を守りたい一心で、優衣は必死に反論を試みる。

「理由なんてあるわけないだろ?」と雄二が言い放ったが、優衣はそれを全否定するように、言葉をかぶせた。

「浮気してるよね?銀座のホステスさんと」

この後どういうことが起こるか、まったく考えずに発した、唯一知っている真実。

「私、知ってるの。彼女のこと、いろいろ」

豆鉄砲をくったように驚きを隠せない雄二を、じっと見た。


▶前回:息を吐くように嘘をつき、他人を操ろうとする夫。「うちの主人はサイコパス…」32歳人妻が確信したとき

▶NEXT:12月16日 木曜更新予定
浮気を知っていると言い放った優衣。だが、雄二が言い放った言葉が…