外での遊びが思うようにできなかった、2021年。

年の瀬の思い出づくりに、”弩級”なデートコースを楽しむのはいかがだろうか?

今回は最新号の表紙を飾った柏木由紀さんと妄想デート。特別な日のデートコースとして、ぜひ参考にしていただきたい。



前編・後編に渡ってお送りする、柏木由紀さん企画の後編!撮影当日の裏話も公開します。

▶前編はこちら:【動画アリ】ゆきりん、復帰後さらに色っぽくなった…?柏木由紀がしたい大人デートとは

※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。



今回のデートでは、食通が大注目するフレンチの新店で食事をし、そのあと都内最高峰のラグジュアリーホテルへお連れする予定。

場所は東京の大人にふさわしい、若者の街から離れた神田錦町と大手町。気になるレストラン&ホテルは一体どこ?


デートコース①(レストラン):巨匠シェフの理想を叶えたカウンターフレンチで至高のコースを


「ひと皿目から大満足!」と柏木さんが声をあげたのは、『naoto.K(ナオトケイ)』。シェフはフランス料理歴30年超の岸本直人氏。

岸本直人さんといえば、南青山の『ランベリー』で累計12個のミシュランスターを獲得した巨匠。根強いファンを集めていたが、昨年末に店をクローズし、新たなステージへの準備を進めていた。

そうして、今年8月にオープンしたのが『naoto.K』。

白いクロスの敷かれたテーブルが並ぶ前店から一転、キッチンを目前にするカウンター8席の空間へと舞台を変えた。シェフと客との距離感は極めて近い。

集大成となる新店を作った最大の理由もそこにあった。



店内は、「もっと気楽に食べようぜ」という岸本さんの意図が反映された、目の前でシェフの技が見えるカウンター仕様。

火入れの達人としても名高い岸本さんを目の前に、バターで肉を焼く音と香りを感じ、その流れで口に入れれば、食材の力が響くように伝わってくるのだ。

料理はいかに削ぎ落としてインパクトを与えられるか、を重視。自身の装いもシャツとエプロンに変えた。

「もともと日本の素晴らしい食材を届けるのが自分の料理のテーマ。

旬の美味しさを最大限に引き出し伝えるにはできたてがマストで、レストラン方式に限界を感じていました。より早く、より近くが理想だし、お互い楽しい。

今まではミシュランとか頭にありましたけど、全部とっぱらって、ここでは本当にやりたいことを追求します」



店の外観と同じ江戸小紋があしらわれた、特注のシャンパンボトルも用意。

ベテラン巨匠のこだわりがつまった店内で、最高の料理とシャンパンを味わう。そして次に向かった先は……?


お次は、あのラグジュアリーホテル!ゆきりんの寝ころぶ姿が可愛すぎた・・・!

デートコース②(ホテル):オープン1年強で早くもリピーター続出な大手町のホテル


次に向かった先は、贅沢過ぎる眺望と空間が揃った、東京が誇るラグジュアリーホテル「フォーシーズンズホテル東京大手町」。このうえない眺望と洗練のデザインが生み出す本物のラグジュアリーに癒される。



近年開業したラグジュアリーホテルのなかで、頭ひとつ抜けた存在となっている「フォーシーズンズホテル東京大手町」。

オープン1年強にして既に客室のリピーターも多く、その理由は、このうえなく開放的な眺望と空間にある。

客室は34〜39階に位置し、皇居御苑に面した部屋からの景色が圧巻。皇居ビューの客室は抜け感が抜群で、手前に皇居の緑が広がり、その向こうに新宿や渋谷のビル群がそびえ立つ。

大都会に落ちていく夕陽の美しさも筆舌し難い。



スイートルームとなれば迫力がさらに増し、眺めを引き立てるのは世界的デザイナーであるジャン・ミシェル・ギャシーが手掛けた内装。グレーを基調に気品漂う配色でまとめられ、家具の座り心地まで一流のセレクトだ。

客室同様、絶景を誇るレストラン『PIGNETO(ピニェート)』でのディナーはもちろん、部屋で優雅にルームサービスをとれば、最高峰の享楽的おこもりになる。

さらに翌日は、都会の女性のご褒美・スパのジャグジーで身体をほぐすのもいい。

弩級のアーバンリゾートといえるホテルでの時間は、大人の心に華やぎを与えてくれる。

1年間頑張ったご褒美に、こんな贅沢デートはいかがだろうか?



▶前編はこちら:【動画アリ】ゆきりん、復帰後さらに色っぽくなった…?柏木由紀がしたい大人デートとは

■プロフィール
柏木由紀 1991年生まれ、鹿児島県出身。2007年にAKB48でデビューし、アイドルとして多方面で活躍。「柏木由紀なりのWACK」と称し、7タイトルシングルの同時リリースで話題となった。今年7月には、1年かけて撮影した写真集『Experience』を発売。近年はセルフメイク術や歌唱力にも注目が集まっている。

■衣装
ドレス 138,600円、バッグ 97,900円〈すべヌメロ ヴェントゥーノ/イザ TEL:0120-135-015〉、リング(ローズクオーツ)352,000円、リング(ダイヤモンド)693,000円、リング(ゴールド)253,000円、イヤリング 616,000円、ブレスレット 869,000円〈すべポメラート/ポメラート クライアントサービス TEL:0120-926-035〉、靴〈スタイリスト私物〉


▶このほか:1.2キロもの最高級松茸が入る贅沢コース!一生に一度は体験したい、驚愕の和食店




東京カレンダー最新号では、柏木由紀さんのインタビュー全文をお読みいただけます。柏木さんが今でも大切にしている、秋元康さんとの食事中に言われたコトとは?


アプリのダウンロードはこちらから。