”ラーメン一杯、1万円”という驚愕の価格設定で、昨年六本木に誕生したこちらのお店。オープン後すぐに、愛好家たちの間で話題となり大盛況だという。

この店のラーメンには、納得させるほどの美味しさと、他にはない魅力があるのだ。

そこで、ラーメンが大好物だというBE:FIRSTのRYOKIさんをお誘いし、話題店を徹底取材!


前編・後編に渡ってお送りしている、RYOKIさん企画の後編!2P目には撮影当日の裏話も公開します。

▶前編はこちら:【動画アリ】BE:FIRSTのRYOKIがこっそり明かした、自宅での過ごし方とは?



※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。


「ステーキみたいなチャーシューが新感覚。美味しすぎて笑いが止まらないです!」


香港からの逆輸入で日本に上陸したこちらの話題店。

実は、“和牛王”こと浜田寿人さんと起業家で食通の堀江貴文さんによる『WAGYUMAFIA(ワギュウマフィア)』が手掛けたラーメン店だ。

高級食材をふんだんに使用して、あの『ラーメン二郎』をオマージュした一杯というから、がぜん興味をそそられる。

味の要となる牛骨スープは、尾崎牛と神戸牛の牛骨を何と1トン使って煮出し、濃厚で奥深いコクを追求。

そこにこだわりの「かめびし醤油」を使った特製カエシと、たっぷりの脂とニンニクで“二郎”らしいパンチの効いた味わいを添える。

ぶ厚いチャーシューには、霜降りが美しい尾崎牛の肩ロースをチョイスする贅沢っぷり。

肉の甘みがスープにも溶け出し、よりリッチな味わいへと昇華する。

さらに、国内でも希少な土耕栽培の「大鰐温泉もやし」など、周りを固める野菜にも妥協は一切なし。

ワイルドさと上品さが、渾然一体になった究極の一杯。値段以上の価値がある食体験になるはずだ。


尾崎牛の絶品肩ロースやこだわり野菜のオンパレード!


ここ『MASHI NO MASHI TOKYO』による、一杯1万円のラーメンが目の前に運ばれてくると、待ってましたといわんばかりに豪快に麺を啜るRYOKIさん。すると、「やばい!」「マジで美味しい!」を連発。

「高級版“二郎”って最強ですね。このスープだけで白飯5杯はいけます。脂がしっかりのっているのにそれほどしつこくなくて、すき焼きみたいな甘さもあって本当に美味しい。

この肩ロースを使ったチャーシューもめちゃくちゃ柔らかくて絶品!全部食べ切るのがもったいないです(笑)」

と、このラーメンの味わいを的確に表現してくれた。

聞けば、ラーメンが大好きで「撮影の2日前に『ラーメン二郎 三田本店』に行ってきたばかり。店主さんに食べられないよと心配されながらも、大盛りを完食しました(笑)」という、『ラーメン二郎』の愛好家“ジロリアン”であることも判明した。


RYOKIさんの撮影ウラ話をWEB限定で大公開!


「東京ミッドタウン」の裏手の細い路地に佇む。

表に掲げられたネオン看板は、“映えスポット”としてSNSでも話題に。

「実は、このお店のことも知っていました。だけど、その値段にやっぱり躊躇しちゃって行けずにいて。だから、今日はまさに僕のために用意してくれた企画なのかなって思ったほど。

同じ“二郎”好きメンバーのSOTAに今日のことを話したら、めちゃくちゃうらやましがられました(笑)。すごく楽しみにしてきたし、今日まで頑張ってきて本当によかった!」



黄色と黒を基調とする内装や、タッチパネル式の食券機など、ストリート感漂うポップさと高級ラーメンのギャップもまた洒落ている。



尾崎牛や神戸牛など和牛100%の餡が入った「WAGYU GYOZA」2,200円。肉汁溢れる贅沢な味わいが堪らない!

16時からは餃子をアテに楽しめるバー営業も。



キメ顔と「いってらっしゃい!!」の大きな掛け声でサーブされるパフォーマンスも同店の名物。

RYOKIさんもその迫力に大興奮だった。


【WEB限定】編集部は見た!RYOKIさんの撮影当日の裏話


オーバーサイズのコートをなびかせ、六本木の撮影現場に颯爽と現れたRYOKIさん。

「今日は腹ペコで来ました!」と、撮影中は終始無邪気な笑顔を振り撒きながらも、カメラが回った時のスイッチの入り方には、役者として培った表現力の高さを感じさせられる。

オフの日には食事とともにお酒も嗜むとのことで「日本酒からワインまでなんでも飲みます!」と頼もしい。

撮影が終わると、インタビューを聞いていた店長さんから『WAGYUMAFIA』オリジナルハイボールのプレゼントが!

「実は気になっていたんです(笑)。自宅に帰ってひとりでゆっくり飲むのが楽しみ」と、大人な一面も覗かせていた。


▶前編はこちら:【動画アリ】BE:FIRSTのRYOKIがこっそり明かした、自宅での過ごし方とは?


■プロフィール
RYOKI(リョウキ) 1999年生まれ、愛知県出身。日本発のアーティスト集団「BE:FIRST」として2021年11月3日に『Gifted.』でデビュー。8月に先行配信リリースされたプレデビュー曲『Shining One』のMVは再生回数2,000万回を突破し、音楽シーンを席巻中。公式ファンネームは「BESTY(ベスティ)」

■衣装
コート 82,500円、パンツ 37,400円〈ともにヨシオクボ TEL:03-3794-4037〉、ガウン 39,600円、ニット 34,100円〈ともにジョン スメドレー/リーミルズエージェンシー TEL:03-5784-1238〉、その他スタイリスト私物


▶このほか:鮨ツウが休日に遠征する横浜の名店!“日本一”のまぐろの握りを堪能しよう




東京カレンダー最新号では、RYOKIさんのインタビュー全文をお読みいただけます。
撮りおろしの写真とともに、仕事からプライベートな一面までたっぷりとお届け!

アプリのダウンロードはこちらから。