「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“西新宿のタワマンに住んでいるのに、毎回デートでホテルを取る彼氏”に“結婚したい28歳の美女が、二代目社長にフラれた理由”から“平凡な未来に鬱屈する女”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
西新宿のタワマンに住んでいるのに、毎回デートでホテルを取る彼氏。友人から「怪しい」と諭されて…

この3つの質問に即答できる男は、ほとんどいない。大概の男は目を宙に泳がせながら口ごもり、適当にごまかすからだ。

そんな男たちに抱かれたいなんて思わない。私だって今年、28になるのだ。不毛な恋愛をしている暇はない。

結婚適齢期の女が男に求めるのは、未来を約束してくれる言葉なのだから。

聖司の腕に抱かれながら、私は1年前のことを思い出していた。未来を約束してくれなかった元カレ・拓也のことを。

続きはこちら


★第2位
たった3日間、妻と一緒のベッドで寝なかっただけで…。夫が、女に言われた衝撃の一言

呼び名の変化で距離感を縮める方法が、僕に通じるとでも未久は思ったのだろうか。ここ最近、未久のしたたかさに気づき始めた僕は、“攻略しやすい軽い男”に自分が認定された気がして腹が立った。

未久にとって年上の男性の心をつかむことは簡単かもしれないが、残念ながら僕には通じない。

『久しぶりにお会いして話したいのは山々ですが、こちらも最近忙しくて…すみません。もし話があるならLINEで聞きますよ』

僕は熟考の末そう返信したが、すぐに失敗だったと後悔する。

続きはこちら


★第3位
「令和にもなって、こんな女性は無理…」結婚したい28歳の美女が、二代目社長にフラれた理由

彼は晋也という名前で、34歳。仕事は不動産関係で2代目社長。

こんなハイスペ男と付き合えることに、周りから羨望の目を向けられて、いい気持ちになっていたのもつかの間だった。

どんなに彼のことが好きでも、根本的な部分が違い過ぎた。彼の”理想の女性”にはなれないと思った私は、自分から別れを告げたのだ。

だから正直、彼と別れたことへの落ち込みより、安堵の気持ちが上回っている。でもはじめて彼に会った時は「この人こそ運命の人だ」と、間違いなく思っていた。

続きはこちら


★第4位
妻の旅行中、逆玉夫が犯した究極のタブー。雨の夜、豪邸に忍び込んできたのは…?

「達也さんみたいなカッコいい人とずっと一緒にいられるなんて、夢みたい」

妻の麻理恵が後ろから抱きついてきて、耳元でささやいた。

僕が一軒家、しかも豪邸に住むなんて思ってもみなかった。ウッドデッキの向こうにある緑が茂った庭を眺めている僕に、麻理恵が尋ねる。

「さっきからお庭ばかり見てるけど、何か気になる?」

続きはこちら


★第5位
「婚約者の彼だと、退屈」平凡な未来に鬱屈する女が、他の男に魔が差してしまい…

「結婚したい」という気持ちは強くあるが「大介と結婚したい」と問われると、正直自信がない。

経済系週刊誌の記者だった頃は、忙しい自分を支えてくれる彼が、最高の結婚相手だと思っていた。今でも彼と結婚して幸せになれるとは思う。

しかし、一方でこんな思いもある。

― 私の人生、平凡すぎない…?

続きはこちら