愛しい我が子の育児と、やりがいのある仕事。

多忙ながらも充実した日々を送る、働くママたち。

…けれど、そんなキラキラした“ママ”たちの世界には、驚くほど深い嫉妬と闇がうずまいているのだ。

ある日、1人の幸せな女性に、得体の知れない悪意が忍び寄る―。

悪いのは、一体ダレ…?



「きゃっきゃっきゃっ」

コロンと丸い小さな鈴が鳴るような、可愛らしい子どもの笑い声。

最愛の息子と夫が手をつなぎ、じゃれながら目の前を歩く姿を見つめる麻紀は、胸の奥からこみ上げる幸福感に酔いしれていた。

― あぁ、本当に幸せだな…。

平凡な日常。だがこれほどに美しい景色を、自分は今独り占めしている。そう思うと、なぜだか涙が溢れそうになるほど愛おしくてたまらない。

北山麻紀、37歳。広告代理店を3年前に辞め、今はオーガニックコットンやウールなどの、天然素材を主に使用したベビー用品の会社を経営している。

夫は寛人、41歳。学生時代から起業家として活動している。4年ほど前に、彼の会社の1つがアメリカの大手企業に買収され、以降はスタートアップのアドバイザーやコンサルタントをしていた。

最近では、準備を進めていたICTを活用した“スマート保育”を行う新会社を立ち上げ、徐々に忙しくなってきたところだ。

「ママー。手、つなごう!」

4歳の息子・海に呼ばれ、麻紀は笑顔で2人のもとへ駆け寄った。


幸せいっぱいの麻紀。ある日、スマホをチェックすると…?

「ママ、遅いよー!」

「ごめんね。ちょっと息切れしちゃって…」

そう言って麻紀は無意識に、少しだけふっくらとしたお腹に右手をそっと添える。

「麻紀、大丈夫?海、ママはね、お腹に赤ちゃんがいるから疲れやすいんだよ」

「そっかぁ。赤ちゃん、お手やわらかにね!」

突然大人びた言葉を使う海を見て、麻紀と寛人は一瞬互いに目を合わせると、大きな声で笑い合った。

「海、そんな言葉、よく知っていたね」

「にひっ、そうかな!」

つられて海も一緒に笑う。



― 最近、本当に家族みんなで笑うことが増えたな…。

麻紀はふと、自分の会社を立ち上げる前のことを思い出す。

生まれて1年も経たずに保育園に入った海は、当初、2週間に一度は風邪をもらってきて休むことを繰り返していた。

広告代理店でマーケティングプランナーとして忙しく働いていた麻紀。度重なる子どもの発熱で早退しがちになり、同僚からの理解も得られず、仕事を続けることが難しいと感じるようになったのだ。

夫も多忙な時期がちょうど重なってしまい、どちらがお迎えに行くか、面倒を見るかなど、けんかが増えるようになっていたのだった。

2人は話し合い、麻紀は会社を辞めた。そして、ひそかな夢であったベビー用品の会社を立ち上げ、ある程度時間に融通を利かせられるようになったのだ。

夫にも仕事を調整してもらい、病児保育なども利用して、なんとか育児と仕事を両立させている。

「私、本当に幸せだなぁ」

「どうしたの、急に。でも…本当にそうだな」

パパとママになっても、寛人はこういうとき、きちんと麻紀の目を見て優しく微笑む。目尻に少しできるシワには、愛情のしるしが刻まれているようだった。



その夜。

海を寝かしつけたあと、麻紀はいつものようにイタリア製の白い革のソファに座り、スマホからInstagramの自社アカウントをチェックする。

― 今日だけでフォロワーが23人も増えてる!コメントも最近多くなってきたな…!

3ヶ月ほど前、昔の知り合いから女性誌のワーママ特集に出てくれないか、と頼まれていた。

様々な分野で働くママを取り上げた企画で、半ページほどのスペースに簡単な本人紹介と、手がけた商品やサービスについて掲載するそうだ。

麻紀の会社はまだ成長途中ではあるが、いくつかのヒット商品を生み出し、それなりに売り上げも上げている。

現在はまだ数人しかいない小さな会社だが、将来はもっと社員を増やして有名にしたいと考えているのだ。

― 会社の良い宣伝になるし、絶好のチャンスよね。

そうして快く取材を引き受けた雑誌が、数週間前に発売された。その影響なのか、最近、会社のSNSのフォロワーも徐々に伸びてきたのだ。

コメントの数こそ多くはないが、大半が商品を褒める言葉で埋め尽くされている。

『他にないデザインと心地良い肌触りが気に入り、友人の出産祝いにも購入しました!』

『おくるみ、可愛くて見た瞬間ポチりました!』

― 良かった…!デザインにこだわった甲斐があったな。あの時は、工場の人と何度も交渉したけど、正解だったな。ん…?

麻紀が気分良くスマホを眺めていると、あるコメントを見つけ、手が止まった。


麻紀の会社のInstagramに書かれた“あるコメント”とは?

『オーガニックとか、笑える。どうせ嘘でしょ』

― 何これ…。どういうことだろう…?

麻紀は、デザインはもちろん、材料にも並々ならぬこだわりを持っている。オーガニックや天然素材を使用するだけでなく、環境に配慮した染料や染め方、また工場の労働環境なども重視してきた。それなのに、どうしてこんなことを…?

― まぁ…たまにあるアンチだよね。嘘なんてついてないし、気にしない。

自分自身にそう言い聞かせると、そっとアプリを閉じ、寝る準備を始めた。





数日後。

「わぁ。こうやって会うのは久しぶりね!」

パレスホテル東京にある『グランドキッチン』で、保育園で知り合ったママ友たち4人とのランチ会。平日に集まれるのは、リモートワークのおかげ。とは言っても、こうやって皆で食事をするのは3ヶ月ぶりだ。

保育園での保護者同士のつながりは幼稚園に比べて希薄だと聞いていたが、お誕生日会や園での催し物を通じて、麻紀にも仲の良いママ友ができた。

「麻紀さん!雑誌、なんで教えてくれなかったの?他のママさんに聞いてビックリしたよ。麻紀さんが載ってるんだもん!」

南田陽菜は、美しくセパレートされた長いまつげを瞬かせながら、明るく話しかけた。彼女からは、ふんわりと可愛らしく清楚な雰囲気が漂っている。

「えー、そうなの。なんて雑誌?電子書籍で買えるよね?」

せわしなく自分のスマホを取り出し、電子書籍で麻紀が出た雑誌をチェックするのは、進藤理絵。

夫の寛人と同い歳の彼女は、外資系IT企業で働いている。美人で思ったことを明け透けなく口に出す、サバサバとした性格の理絵。だからなのか、人によってはキツイ印象を持たれやすい。

そこへ少し遅れて、永本恵がやってきた。

「ごめんね、遅れちゃって。何の話してたの?」

恵は子どもが2人、フリーランスでUI/UXデザインをしている。真面目だが、たまに面白い皮肉を言って場を和ませてくれる。

「それがさ、麻紀さんが雑誌に載ったって言うから…」

「いやいや、小さな記事だし…。それより皆、何頼む?」

友達に目の前で見られた麻紀は、なんだか気恥ずかしくなってしまい、すぐに話を反らす。

ママ友とはいえ、麻紀たちは名前で呼び合うことにしている。これは進藤理絵からの提案で「〇〇君ママって呼ばれちゃうとさ、なんか寂しいんだよね」と言う彼女の気持ちに共感したから。

しばらくして、ホールスタッフがオーダーを聞きにきた。

皆が注文を済ませるなか、麻紀は飲み物について「カフェインレスのものってありますか?」と店員に尋ねる。

「あれ、麻紀さんってカフェイン取らないんだっけ?」

「いえ、実は…」

どうやって切り出そうか、と思っていた麻紀は、恵の言葉をきっかけに今妊娠5ヶ月であることを告げた。

「えー、全然気がつかなかった。おめでとう!」

「わー、そうだったの?もう男の子か女の子か、わかったの?」

パッと場が沸き立ち皆に祝福された麻紀は、内心ホッと胸をなでおろしながら、笑顔でお礼を言う。

その後は、子どもの習い事の情報交換やたわいもない日常の話で、終始楽しく過ごした。



バタバタとした1日を終え帰宅し、習慣となっている会社のInstagramをチェックした麻紀は、一気に全身の感覚がなくなっていくのを感じた。

『はっきり言ってぼったくり。社長も最低な人間。詐欺みたいな会社』

いくつかのコメントに混じった、悪意のある言葉。

― こんな強い憎悪を感じるコメントは初めて…。でも、どうして…?

これが、この先に訪れる大きな悪夢の、ほんの小さな兆しだった。


▶他にも:「ごめん、魔がさした」夫のスマホに密会を匂わせるLINE…。幸せな家族を襲った危機

▶NEXT:2月5日 土曜公開予定
麻紀の会社のInstagramに、悪意あるコメントがどんどんと増えていく…