2.5次元作品を中心に活躍し、2021年は初の写真集を出すなど、まさに飛躍の年だった水江建太さん。

「実は居酒屋が大好き!」という彼をお招きした、今話題のネオ酒場をご紹介。

今回は2回に渡るインタビュー記事の後編。2Pめにある撮影当日の裏話も必読です!

▶前編はこちら:いま話題のネオ酒場で、2.5次元俳優の水江建太さんが夢を熱く語ってくれた!

【後編】
■水江建太さんも唸った、五反田のネオ酒場の魅力
■【WEB限定】編集部は見た!水江さんの撮影当日の裏話

※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。


毎日でも通いたい!連日賑わいをみせる大衆居酒屋の魔力


店の壁にずらりと並んだ手書きの短冊メニュー、約50種類。

1皿280円のポテトサラダを筆頭に、前菜から揚げ物、蒸し・炒め物、飯&麺ものまで、食指が動く居酒屋メニューのオンパレードに心躍らない大人はいないだろう。

「どこか懐かしい気持ちになる雰囲気がいいですね。何を頼もうか考えているだけでもワクワクします」。

ほんの3ヶ月ほど前に、大阪から関東初出店舗としてオープンした『大衆食堂スタンド そのだ 五反田店』にお連れすると、水江さんはカウンターに座ってメニューを眺め、目を輝かせて語った。


水江さんも唸った、親しみのあるメニューがそろうオールデイ居酒屋


こちらは、11時から23時まで通し営業の〝オールデイ居酒屋〞。

ランチどきには近隣の会社員であふれ、午後からはSNSを見て訪れた若い世代や地元に住む高齢者まで、1日中ひっきりなしに客が訪れ、思い思いの時間を過ごす。

ラフな雰囲気とイマドキの洒落た風情が流行のネオ居酒屋の大代表といえる店だ。



最初はその場にたたずむ水江さんに〝違和感〞を覚えたものの、時間が経つにつれて不思議と店に溶け込んでいく。

圧倒的な絵力を持つ2.5次元俳優とて、素に戻ってしまう親しみやすい料理の力は偉大だ。



期間限定でユニットを組むパートナーで、2.5次元俳優界の大先輩でもある荒牧慶彦さんとは、居酒屋で飲むのが定番だという水江さん。

「今度はまっきーさんと来たいですね。ふたりだとシェアできますし」と、店自慢のメニューを堪能しながら語った。


カレー好きの水江さんが、思わず歓喜した“酒場カレー”とは?

水江さんが半年ぶりに食べた、シンプルなスープが染み渡る“ラーメン”


「ラーメンは普段は我慢しています。1回食べたら毎日食べたくなりますから(笑)」という水江さんが半年ぶりに口にした「中華そば」825円も店の名物。

千葉の老舗『宮醤油』の醤油に鰹を合わせたスープに浮かぶ具材は、メンマ、海苔、ねぎ、チャーシュー、あさりとシンプル。

ツルツルもちもちの平麺とも抜群の相性を見せる。


水江さんが太鼓判を押す、牛すじの甘味の奥に辛さを感じる“酒場カレー”


カレーが好物という水江さんが「是非食べたい!」と楽しみにしていた「牛すじカレー」825円もオンメニュー。

「牛すじの甘みの奥に辛さもあって。居酒屋らしいテイストというか、家ではこの味出せないですね。うまいっ!」と、水江さんも大満足の様子だった。

ノスタルジックな気分をかき立て、万人を笑顔にする大衆居酒屋を後にする際には、家の近くにあったら……と誰もが思うに違いない。


■■2021年、輝いた店■■
『大衆食堂スタンド そのだ 五反田店』/居酒屋

酒好きたちにお馴染みの五反田にオープンした話題店として、2022年1月号で紹介。

大阪で行列ができる酒場が満を持して東京に上陸したとあって、連日大盛況だ。


【WEB限定】編集部は見た!水江さんの撮影当日の裏話


今回、東京カレンダーに初めてご登場いただいた水江建太さん。

現場入りすると、そのキラキラとした“王子様”のようなオーラで大衆居酒屋の雰囲気をガラリと変えた。

試飲用のハイボールを見るなり「いつもお酒はハイボールを飲んでいるので嬉しいです(笑)今日はやった!」と、笑顔がとにかく爽やか。

久しぶりのお酒ということもあり、「うまいっ。いいですよね、ご飯と酒飲むの。こういうお店、落ち着きますね」と大満足の様子。

さまざまなメニューを試食した後にも「今日は本当に幸せですね、ありがとうございます。ほんとうまいっ!やばいっすね」と、見た目と反するその気さくなお人柄にスタッフ一同魅了された。


▶前編はこちら:いま話題のネオ酒場で、2.5次元俳優の水江建太さんが夢を熱く語ってくれた!

■プロフィール
水江建太 1995年生まれ。東京都出身。『MANKAI STAGE「A3!」』摂津万里役、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』入間銃兎役、『「BANANA FISH」 The Stage』アッシュ・リンクス役など、話題作に次々出演。2022年6月には、ミュージカル『CROSS ROAD〜悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ〜』の出演を控えている

■衣装
コート 162,800円、タートルネックニット 34,100円、カーディガン 37,300円、パンツ 31,900円〈すべてジョンス メドレー/リーミルズ エージェンシー TEL:03-5784-1238〉、シューズ 22,000円〈スペースクラフト/ヘムトPR TEL:03-6721-0882〉


▶このほか:名門ホテルに星をもたらした、伝説のフレンチシェフの新店が港区に誕生!




東京カレンダー最新号では、水江建太さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
東カレに語ってくれた、今気になっている〇〇や、〇〇な話とは?

アプリのダウンロードはこちらから。