男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—果たして、あの時どうすればよかったのだろうか?

できなかった答えあわせを、今ここで。

今週のテーマは「一緒に温泉旅行へ行って以来、女の態度が変わった理由は?」という質問。さて、その答えとは?

▶【Q】はこちら:1泊10万越えの温泉旅館へ。しかし27歳の女が年上の男に抱かれながら思ったのは…



「孝弘さんと、一緒に温泉に行きたいな♡」

二度目のデートで、たしかに私はそう言ったと思う。

「……良ければ、今度一緒に行く?」

遠慮がちに聞いてきた孝弘を見て、可愛いなと思ったのも事実。

13歳年上の孝弘。経営者で、住んでいるところもかなりの高級マンション。乗っている車もいいし、性格も温厚で素敵な人だ。

普通に食事をしているだけならば完璧だったはずの彼と一夜を共にした温泉旅行で、私は彼の隠されていた“ある部分”を見てしまった。

それが気になって仕方なくなり…いや、生理的に無理になってしまったのだ。


外だったら完璧だったのに…女が見て幻滅した、男のある部分とは

A1:素敵な温泉宿に泊まりたかったし、抱かれていいと思っていた。


孝弘と出会ったのは、共通の知人の紹介だった。

「穂乃果ちゃん、こちらが僕がお世話になっている孝弘社長。独身だよ」

そう紹介された彼は、身長が高く、ホリの深い顔が印象的で、しかも経営者としてもかなり成功を収めているらしい。

「こんな素敵な方が独身なんですか!?」
「あ、でも僕バツイチなんだよね…」
「バツイチなんて、まったく問題ナシです」

そんなこと、誰も気にしない。むしろ彼のような素敵な人が今独身でいてくれることが嬉しい。

「そう?良かった。穂乃果ちゃんは?独身?」
「もちろんですよ〜。いい人がいればいいな…と思っているところです」

もちろん、すぐに私たちはデートをすることになった。

そして初デートも楽しく終わり、二度目のデート。孝弘は『鮨 梢』を予約してくれていた。



美しい空間に、まるで芸術作品のような握り。こういうお店に連れてくてくれる男性は、かなりデート偏差値が高いと思う。

「ここ、よく予約取れましたね!一度来てみたかったんです♡」
「まぁ食べることが好きだから、大概のお店の予約は取れるよ。どこか他にも行きたいお店があったら言ってね」

大人の男性の魅力が溢れている。

抜群のお店選びのセンスに、余裕のあるデート。思わず、じっと彼を見つめてしまった。

「嬉しい♡孝弘さんって、本当に素敵ですよね。センスもいいし、カッコいいし」
「一応、こう見えて頑張って鍛えてるから」

そう言いながら、わかりやすく胸筋に力を入れている孝弘。その仕草が可愛くて、微笑んでしまう。

「肌は何かしているんですか?」

“年齢の割に”は、孝弘の肌は綺麗だ。

「この前シミを取ったくらいかな。元々ゴルフが好きで、以前は週に2回くらい行っていたんだけど」
「週に2回ですか!?すごいですね」

悲しいかな、年齢とともに大きなシミが目立ってくることもある。しかし気を使っているせいか、孝弘の肌にシミは見当たらない。

「でも腰をダメにしちゃって…。いい整骨院が赤坂にあって通っていたんだけど、ゴルフはもういいかな」
「そうなんですね〜。私、最近ゴルフを始めたので孝弘さんと一緒に行ってみたかったな」

そんな会話をしている時だった。

「そういえば、孝弘さんはお休みの日とか何されているんですか?」
「僕はそうだなぁ。最近寒いし、週末はひとりでドライブも兼ねて温泉とか行ってるかも」
「ひとりで、ですか!?」
「そうそう。でも美味しい食事に静かな場所でリラックスできるし、最高だよ」

今年は特に寒いし、温泉に入ってほっこり癒されたい。

ただ私は車も持っていないし、誰かに連れて行ってもらわないとなかなか温泉に行く機会がない。

「いいなぁ。私も温泉、行きたいな♡」
「え!?」
「孝弘さんと、一緒に温泉に行きたいな♡」

もちろん、孝弘ともっと距離を縮めたいと思ったからこう言った。

しかし何よりも、孝弘レベルだったら、相当いい温泉宿に行くに違いないと思った。…それに彼のような素敵な人になら、抱かれてもいい。

「……良ければ、今度一緒に行く?」

孝弘からの誘いに、私は笑顔でうなずいた。

「行きたいです♡」


最初は良かったのに…女が温泉旅行でさめた理由は!?

A2:“オジサン”だなぁとリアルに感じてしまった。


そして迎えた温泉デート当日。

新しく買った下着をつけて、インスタに投稿した際にタグ付けできるように、お気に入りブランドの新作ワンピースを着て孝弘の迎えを待つ。

彼は、ちゃんと私の家まで高級外車で迎えに来てくれる。そういうところも素敵だったし、何より彼が取ってくれていたお部屋は最高だった。

「うわぁ、素敵なお部屋♡露天風呂まであるじゃないですか」

部屋に通されるなり、思わず叫んでしまった。

1泊10万以上はする、高級旅館。その中でも特にいいグレードで、お部屋にはちゃんと個別の露天風呂が付いている。

「いいでしょ?どうする?先にお風呂入る?」
「どうしようかなぁ…」

孝弘の誘いに、私は一瞬考える。どうせ、することは決まっている。でもまだ明るいし、とりあえず私たちはお風呂に入ることにした。



一緒に入るのは恥ずかしいけれど、冬場は日が落ちるのが早いし、だんだんと日が暮れてきた山の景色を見ながら入る温泉は幻想的で美しかった。

「あぁ〜。極楽」

隣で幸せそうにしている孝弘は、湯船に浸かりながら急に饒舌になり始めた。

「そういえば、今日僕あまりお酒飲めないんだよね」
「そうなんですか?」
「この前医者に行ったら、止められちゃって。全然平気なんだけど、この先の健康のことを考えると控えてください、だってさ」

お酒が飲めないのは仕方ない。でも2人でせっかく一緒の湯船に入っているのに、孝弘は急に“健康”の話をし始めたのだ。

「穂乃果ちゃん、人間ドックとか健康診断行ってる?」

ふと、前回の会話が蘇る。この人は会うたびに病院の話をしている気がする。

「私、まったく行っていなくて」
「絶対行った方がいいよ。良ければ、胃カメラが上手な所紹介してあげるから。病院によって違うし、行くならここがオススメかも」

― 今こういう話をするのって、どうなのよ…。

健康の話をするのが悪いことでは決してないけれど、こんな雰囲気でする話なのだろうか。同世代の友達と“美容”医療の話はするけれど、それ以外でどこの病院がいいか、なんて話したことがなかった。

でも彼はまだ40歳。13歳年上とはいえ、まだ若い。

そう思っていた。

だからこの後、私たち部屋で美味しいお食事をいただき、夜も盛り上がり、楽しく一日を終えたのだ。

しかし翌朝。まだチェックアウトまで時間があったので、もう一度、2人で一緒に温泉に入ることにした。

「帰りたくないなぁ」

冬の凛とした空気の中で入る温泉を愉しんでいると、孝弘が先に上がるという。

「本当だよね…そろそろのぼせてきたから、先に上がるね。穂乃果ちゃんは、ゆっくり楽しんで」

その時だった。

「……あ」

思わず、声が出てしまった。

彼が私に背中を向けて、湯船から出て部屋のほうへ歩いて行ったのだが、彼のお尻を見て急に現実に引き戻されたのだ。

少したるんだ、下がったお尻。

どんなに顔や体型に気をつけていても、年齢はお尻に出る。

彼の少し垂れたお尻を見て、孝弘が私よりうんと年上だという事実を再認識させられてしまった。

この年齢差は、永遠に埋められない。

私も歳を取るけれど、私が40代になった時のことを想像してみると、その時彼はもう60歳に近い。

朝方のお風呂上がりの裸は、時に残酷だ。彼の後ろ姿が妙にリアルで、急に冷めていく。

― ちょっと年上過ぎたなぁ。

歳を重ねるのが、悪いことではない。

でももし若い子と付き合いたいならば、自分ではなかなかチェックしないお尻を鍛えること。そして病院や健康の話ばかりしないこと。

そんな細かいところまで気をつけるのが、大切だなと思う。


▶【Q】はこちら:1泊10万越えの温泉旅館へ。しかし27歳の女が年上の男に抱かれながら思ったのは…

▶NEXT:1月29日 土曜更新予定
デート中に女がずっと思っていた不満とは