マウンティング。

本来は動物が「相手よりも自分が優位であること」を示そうとする行為のことを言う。

しかし最近、残念ながら人間界にもマウンティングが蔓延っているのだ。

それらを制裁すべく現れたのが、財閥の創業一族で現在はIT関連会社を経営する、一条元(はじめ)。通称・ジェームズだ。

マウンティング・ポリスとも呼ばれる彼が、今日戦う相手とは…?



僕の名は一条元(はじめ)、通称・ジェームズ。日本人の父とドイツ人の母を持つハーフだ。

両親の教育方針で、学生時代をNYで過ごした。大人になって日本に帰国したあとは、代々続く家業のかたわら、学生時代に立ち上げたIT関連会社の経営にも携わっている。

そんな僕が、なぜ“マウンティング・ポリス”と呼ばれるようになったのか?

それには、キッカケとなる出来事があったんだ…。



朝の7時ちょうど。イタリア製の高級遮光カーテンが自動で開き、大きな窓から、たっぷりの朝日が差し込んできた。

その光があまりにもまぶしくて、僕はベッドから抜け出し、窓から皇居のお堀を見下ろす。

本当は低層マンションが好きだけど、4年前に購入したこのマンションのペントハウスは景色が気に入っていて、なかなか引っ越せずにいる。

…180平米もある部屋は、1人では十分すぎるのだが。

「Alexa、今日のスケジュールは?」

アレクサが予定を読み上げている間にスマホをチェックしていると、1通のLINEが送られてきた。

「こんなに朝早くから、誰だ…?」


桁違いのお坊ちゃま・ジェームズのもとに届いたのは…

Case0:結婚マウンティングをしてくる女


早朝に届いたLINE。それは、友人・澪からの「ランチに行かない?」という唐突なお誘いメッセージだった。

「Hey Mio.久しぶりだね」

急いで待ち合わせ場所へ向かうと、すでに澪と、彼女の友人である綾美が席に着いていた。

「ジェームズさん♡ご無沙汰しております!お元気でしたか?」

そう言って、いきなり僕に飛びついてきた綾美。…彼女に会うのは、今日が2回目のはずだ。その距離感に少し驚いてしまう。

「ジェームズ、元気だった?久しぶりね」

一方の澪は、いつものように物静かで品格漂う雰囲気だ。彼女とは子どもの頃からの顔なじみ。住んでいた家も近くて、家族ぐるみの付き合いになる。

今日のシックな装いもよく似合っていて、TASAKIバランスシリーズのパールネックレスとお揃いのイヤリングが、グレーのトップスに映えていた。

「で?今日はどうしたの?」
「綾美さんが、ジェームズに会いたいという話で…」

人のいい澪のことだ。どうせ無理矢理セッティングをお願いされ、断れなかったのだろう。

しかし、こういう誘いは度々ある。僕にはよくわからないが、仲のいい女友達いわく「ハイスペイケメンすぎて、逆に人畜無害」なんだそうだ。

幸いにも仕事は順調で、近頃は時間を持て余している。綾美には少し面食らったが、一旦、彼女の話に耳を傾けることにした。

「ジェームズさん、今お付き合いされている方はいらっしゃるんですか?」

綾美はそう言って、僕にシナを作る。

「いや、どうだろうね…」

この手の女性は、少し苦手だ。それに、明確に好意を向けてきてくれるのは嬉しいけれど、たしか彼女は既婚者だった気がする。

「綾美さん、結婚されていませんでしたか?」
「あ…。ちょっと聞いてくれます?最近、夫の愛情表現がより一層強くなっていて。疲れてるのに甘えてくるし、スキンシップも激しくて」
「それはいいですね」

適度な相槌を打ちながら、彼女の話を聞いた。

ちなみに僕には、結婚して今はロサンゼルスに住む、気の強い姉がいる。だから“女性の話は、適度に相槌を打ちながらひたすら笑顔で聞くこと”が大切だと知っているのだ。

それがきいたのか、綾美の話は少しも止まる様子がない。



「お互い30のときに結婚して、もう3年も経つのに…。本当、困っちゃいますよね。それに経営者でもないから、年収も3,000万くらいしかなくって。あ、うちの夫は外銀勤めなんですけどね」

― 年収3,000万、かあ。

手取り額がいくらになるのか、頭の中でぼんやり計算していた、そのとき。綾美は急にハッとしたような表情で、自分の顔を小さな手で覆った。

「って、澪さんごめんなさい!結婚していないのに、こんな話ばかりしたら退屈ですよね?私ったら本当に空気が読めなくて…」

しゅんとする綾美に驚いていると、澪が空気を読んだのか、小さな声で言葉を発した。

「全然退屈じゃないですよ。実は最近、いいなと思っている人ができたんです…」
「澪、好きな人ができたの?いいね!」

そう、2人で盛り上がっているときだった。

「ようやく澪さんも、結婚できそうな人と出会えたんですか?…あぁ、よかったあ」

唇をぷっくりとさせ、なぜかちょっと体をクネらせている綾美。澪へ向けられた言葉に、どこかトゲがあるような気がしたのは、僕だけなのだろうか…。

「そうね、綾美さん。おかげさまで私もようやく彼氏ができそう」
「本当によかったです〜!澪さんって、綺麗なのに男運がないというかなんというか…。いまだに独身だし、私の夫も心配してたんですよ」

ちなみに澪は、現在37歳だ。

「結婚って意外にいいものですよ!女性の幸せって、やっぱりいつかは妻になることだと思うんですよね〜!」

そう言ってチラッと僕を見る綾美を見て、心がザワザワと音を立てる。

「それに澪さんって、大人しいというか少し地味というか…。本来だったら、20代のうちに結婚してるはずのキャラだと思うんですよね。澪さんはその方と結婚するんですか?」
「いや、それはどうかしら。まだ何も決めていないけど…」

その言葉に、声のトーンをあげながら綾美はこう言ったのだ。

「絶対、早く結婚したほうがいいですよ!ねぇ、ジェームズさん?」

…もうこれ以上、黙って聞いていられる状況ではなかった。


“結婚マウンティング”をしてくる女が、許せなくなったジェームズは…

満たされぬ妻


「澪、大丈夫?ああいうのは気にしなくていいと思うよ」

綾美が席を外したタイミングを見計らって、下を向く澪に声をかけてみる。

「大成さんにも…。あ、綾美さんのご主人なんだけど。私って、大成さんにまで心配されてたのね」

無理に笑顔を作ろうとする澪を見て、胸が痛くなる。と同時に、このときの僕はピンときてしまったのだ。

「ん?大成さん、って…」

外銀勤めの33歳。そういえば偶然にも、同じ名前の知り合いがいる。さっそく席へ戻ってきた綾美に、聞いてみることにした。

「綾美さん。失礼だけど、旦那さんって元々別の外銀にいて、部署異動とともに会社も変わられた人かな」
「え!そうです。どうしてジェームズさんがご存じなんですか…?」

ここである事実に、気づいてしまった。

綾美の夫と僕は、知り合いだったみたいだ。なぜならつい先日、ある食事会で一緒に飲んだから。

その場でも女の子に囲まれて楽しそうにしていたけれど、彼は「若くて可愛い彼女がいる」はずだ。

なぜならご丁寧に“若い彼女”と2人で撮った写真を見せてくれ、名前から何まで、たっぷりのノロケ話を聞かせてくれたから。



そう思うと、目の前にいる綾美が、一生懸命虚勢を張ってキャンキャンと吠える犬のようにも見えてきた。

「…綾美さん。今、幸せ?澪にそこまで激しく結婚を勧めるほど」
「も、もちろんですよ。だから、独身でいることがかわいそうだなと思って」

残念ながら、彼女の夫である“大成くん”とやらは、絶賛浮気中である。

そしてもっと悲しいのは「僕は独身だ」と言っていて、綾美の存在なんてないものにされている、ということ。

きっと彼女だって、夫の浮気に気づいているに違いない。でも外で虚勢を張ることで、心の安定を保っているようにも見える。

「そもそも、独身の何が悪いんだっけ。結婚したからといって幸せになれるわけでもないし、1人でも十分楽しめる時代だよ?独身だから不幸だなんて、そんな法則この世にはないと思うけどな」

結婚していようがいまいが、本人の自由。結婚しているから偉いわけでもない。

自分の満たされぬ思いを他人にぶつけて、そのことで優位に立ったと勘違いして満たされている女ほど、ダサイ生き物はいない。

「綾美さん…。人の心配をする前に、まずは自分の夫をちゃんと捕まえておいたら?せっかく掴んだ“幸せ”なんじゃないの?」

彼女の顔が引きつる。さっきまでの意地悪さがみるみるうちに消えていき、綾美は急に借りてきた猫のように大人しくなった。

「ジェームズ、ありがとう」

澪が、小声でそっと僕にお礼を言ってくる。

「No pro.澪は澪で、自分の幸せを掴むべきだよ」

こうして、僕は1人のマウンティング女を成敗したのだ。

…ただ、これを機に僕が“マウンティング・ポリス”として重宝されるようになるなんて、微塵も思っていなかった。


▶他にも:「付き合いたいけど結婚はできない」と告白してきた33歳男。その理由を尋ねてみたら…

▶NEXT:2月1日 火曜更新予定
「私のほうがモテる」と勘違いした女