ここのところ、とにかく寒い。一年のうち最低気温を記録するのも、この時期が多いという。

そんな時、心の底から食べたいと思うのは「鍋」と「おでん」。

シンプルに「体を温めたい」という欲求からくるのだが、しかもそれが超絶に美味しく、スペシャルだったら、贅沢だ。

月刊誌最新号となる3月号では、家では食べられないこだわりが詰まった「鍋&おでん」を完全網羅した。

身も心も温まり、多幸感に満ちて帰途につく、それこそが冬の幸せだろう。


気になるのは、本能を揺さぶる「辛い鍋」?滋味に癒される「和の鍋」?

体の底から温まる辛い鍋は、 今や鍋の大本命。

月刊誌最新号では痺れるような麻辣味の「火鍋」と、 旨さと辛さの最強タッグ「韓国鍋」の2大辛鍋を徹底取材。

「薬膳カラシビ鍋」「麻辣香鍋」「プデチゲ」「カムジャタン」など、名前を聞くだけで汗が出そうな魅惑の辛い鍋、是非にチェックしてもらいたい。


日本人のDNAに刻まれている出汁をベースにした和の鍋。

それは旬の食材を満喫する冬のご褒美であり、誰もがほっとする料理でもある。

「毛蟹大根鍋」「牡蠣の土手鍋」「水炊き」「タンしゃぶ」「あんこう鍋」など、とっておきの鍋をフルラインナップした。

そして、実は激戦エリアだった港区にある「もつ鍋」は、6つの人気店を徹底比較!


今どきな「洒落たおでん」が、ふたりの仲を温める

誰もが懐かしい思い出と親しみをもつおでん。

しかし、最近の東京ではお洒落な空間でいただける専門店も増え、おでんだねも、よりバラエティ豊かになっている。

艶やかながらも、ほっこりさせられてふたりであったか。

そんなおでんの良店を14軒、月刊誌最新号では徹底取材した!


旬な俳優もアイドルも、「鍋とおでん」の魅力には抗えない!

昨年はドラマ9本、そして映画『東京リベンジャーズ』にも出演した俳優・杉野遥亮さん。

肉が大好物の杉野さんを招いたのは、恵比寿にある黒毛和牛がたっぷり入ったピリ辛鉄板鍋の店。

ニンニクと唐辛子がガツンと効いた肉鍋を前に、人気俳優は食欲を抑えられなくなったのだった。その模様は月刊誌最新号で。


目をキラキラと輝かせておでん鍋をのぞき込む美女。その正体は、乃木坂46の“美ジュアル系”といわれるメンバー、鈴木絢音さん。

「おでんは家以外で食べたことないです……」と、やや緊張気味の彼女をお誘いしたのは、銀座に昨年末オープンした『SOSO ODEN』。

おでんのイメージを軽やかに覆す新店で、アイドルが見せたとびきりの表情とは?

そして表紙を飾ってくれたのは浜辺美波さん。冬のラグジュアリーふぐデートの舞台は、麻布十番の名店『ふぐ武』。

1年ぶりの登場となる浜辺さんの心境の変化に、インタビューでは迫った。


東カレに、“かずほく”初登場!ふたつの異なる色気がぶつかり合う!

ダンス&ボーカルグループ「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」でボーカルを担当する川村壱馬さん&吉野北人さんが東カレグラビアに登場。

川村さんのシャワーシーン、吉野さんのベッドシーンは必見!月刊誌最新号では、9Pでふたりの魅力に迫った。


2月号の東カレグラビアの舞台裏を特別公開!等身大のINI、すべて見せます

初登場となった先月号発売直後から、編集部には“MINI(INIファンの愛称)”に限らず「もっとINIが見たい!」というラブコールが殺到。

そこで、メンバーの素顔が垣間見れる、撮影の舞台裏を収めた秘蔵カットを特別に月刊誌最新号では大公開!