本店を置く九州をはじめ、国内外の最高級の食材を取り揃える“日本イチ高い”と噂の居酒屋を、あなたはご存じだろうか?

そんな「どこよりも高額」と言われる居酒屋が、外苑西通り沿いに移転。パワーアップして帰ってきた!



※まん延防止等重点措置期間中につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。



カウンターからカラオケまで。西麻布で遊ぶならこの1軒で事足りる


港区で愛される人気店が新たな拠点に選んだのは、どの駅からも離れた青山墓地近くの外苑西通り沿い。

あの高級居酒屋『田中田 西麻布店』が、この度移転してさらにパワーアップしたのだ!

コンセプトはそのままに「食べて飲んで歌ってがここ1カ所で完結できるように」と、地上1・2階の店舗内にバーとカラオケルームを新設。

趣の異なる個室は全11室あり「デートや接待もお任せあれ!」とのこと。



名物「贅沢丼」の上を行く「令和バブル丼」!


「令和バブル丼」(大)10,000円前後。鳥取の松葉蟹、大間の大トロ、利尻のバフンうに、北海道のいくら、ラトビアのキャビアがどっさり。

ちなみに、小サイズの注文も可能だ。



まぐろ仲卸『やま幸』の大トロをはじめ、北海道産の釣りキンキやいくらなど、高級食材が並ぶ。



なんと事前にリクエストすれば、魯山人の器に料理を盛ってもらうことも可能で、料理だけに留まらず器も至高を極めた食体験を味わえる。

さらにカウンター限定で、愛知の鰻や佐賀牛のシャトーブリアン、『やま幸』の鮪を使ったねぎま串など、豪華絢爛な串焼きメニューも登場する。



隠し扉の向こうには、カラオケルームが。マイクやスピーカーも上質な音にこだわる。



吹き抜けの螺旋階段の先には、社長私物の魯山人のコレクションを展示。

ズラリと並べられた古美術品は圧巻だ!



新たな拠点で再スタートを切った『田中田 西麻布店』。

内装からメニューまで、大人の贅沢を極めたエンタメ感溢れる同店の第二章に、ぜひ注目してほしい!


▶このほか:名門ホテルに星をもたらした、伝説のフレンチシェフの新店が港区に誕生!