「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“3年以上彼氏ナシの32歳女が思い出した元同僚との約束”に“結婚前に妊娠という目標を達成した女が隠している“最低な秘密””から“会ったこともない男から告げられたゾッとする要求”まで。さて、栄えあるベスト1は?


★第1位
「お互い独身だったら結婚しよう」3年以上彼氏ナシの32歳女が、元同僚との約束を思い出し…

20代の終わりは転職して、仕事に夢中だった。ここ数年はコロナ禍で出会いも減り、気づけばこの年齢になっていたのだ。

次の誕生日――33歳までに、結婚するのは時間的に厳しいとしても、せめて恋人は欲しい。

― 本気でやれば、彼氏くらいならできるはず。

意気込んでスマホを取り出し、マッチングアプリをインストールする。根拠のない自信を原動力に、私は“恋活街道”を走り始めた。

続きはこちら


★第2位
「可愛いってそういう意味じゃないんだけど…」婚活アポで男が女に失笑した理由

『めちゃくちゃスタイルいいですね!』『すっごくタイプです!』

そう言われて、最初は順調にやりとりがスタートするのだが、いいなと思った人に限って、会話が続かなくなる。

そこで私は、思い切って、マッチした男性とのやり取りの回数を減らし、自分から最初の食事に誘うことにした。

その作戦はうまくいった。そして、早速週末に、アプリでマッチした男性とデートすることになったのだ。

続きはこちら


★第3位
「結婚前に妊娠してしまう」という目標を達成した女。それは、ある“最低な秘密”を隠すためで…?

「よろしく、美紀さん…。君と会うのも久しぶりだね」

彼女を見て、父さんが目を細める。付き合う前に一度、2人で父さんの楽屋を訪れたことがあったのだ。それを覚えていたようだった。

― あぁ、本当によかった。

美紀と父さんが握手を交わす姿を見て、僕は心の底から安堵した。想定外の授かり婚だったが、両親は温かく僕たちを迎え入れてくれたから。

続きはこちら


★第4位
気合を入れて参戦した食事会、個室の扉を開けると…。そこにいた招かれざる客とは

自宅から東京タワーを見下ろしながら、男から送られてきた真帆の情報を眺め、ほくそ笑む。

家も、年収も、ステータスも、知名度も。今の彼女は、私に何ひとつ敵わない…。

― 下手に私に喧嘩なんて売らなくちゃよかったのに。バカな女ね…。

そして、メンソールに火をつけようとした瞬間、男から真帆にまつわる続報が入った。

続きはこちら


★第5位
会ったこともない男から、職場に突然電話が掛かってきて…?そこで告げられたゾッとする要求とは

ある日、和真が経営しているグラフィックデザイナーの所属事務所に「門脇」と名乗る男性から連絡が入った。

都内数ヶ所で、音楽スタジオを経営している人らしい。

仕事の依頼かと思い、担当マネージャーが話を聞いたところ「大変失礼ながら、プライベートな理由で和真さんに会わせてほしい」とのことだった。

なんだか意味がわからない。門脇という苗字の知り合いはいないし、マネージャーも警戒している。

続きはこちら