M-1グランプリ2021にて見事、王者となった、お笑いコンビ・錦鯉。

成功者の仲間入りを果たした多忙な錦鯉のおふたりを、メズム東京の非日常ホテルステイへご招待!

長谷川雅紀さんと渡辺隆さんの、等身大で真摯な言葉が心に響きます!

錦鯉のインタビューを、今日と30日(月)の2回に渡ってお届けします!

【前編】
■錦鯉が明かしてくれた、自分へのご褒美とは
■渡辺さんが美女と愉しむ!『オペラ座の怪人』コンセプトルーム
■錦鯉が思い描く、これからの未来


ラグジュアリーホテルで、いつもとは違う夜を過ごそう


悲願の「M-1」優勝から4ヶ月後、錦鯉は夜景をバックにクールな表情でモデルをこなしていた。想像以上にダンディで絵になる。

しかし、動画撮影が始まると一転、やはり芸人なのだ。


長谷川:こ〜んにちは〜!!

渡辺:こんばんはだよ(頭をペチン)。

長谷川:江戸暦!

渡辺:分かんねーよ。江戸暦?東京カレンダーを昔風の言葉で言ったの?

長谷川:そう。我々もついに東京カレンダーに呼んでもらえたから興奮して。

渡辺:声のトーンがおじいさん(笑)。いや、本当に想像していなかった世界。出られるとは思っていませんでした。


「東京カレンダーからお呼びが。
つまりは東京で上り詰めた、そういうことですよね(笑)?」


目に見える成功をおさめても、根が謙虚な50歳と44歳。今はテレビの仕事が多忙すぎて、自分へのご褒美もない状態だ。

そういう中で、長谷川さんは一度奮発した食事に出かけたと話す。

「先日初めて母親と弟を北海道から東京に呼んで、一緒に焼肉に行って人生初の金額を支払いました。5万8,000円。母親に何食べたいと聞いたら焼肉と言うので。

僕がいままで家族にしてきたご迷惑(仕送りのお願い等)を考えたら、まだまだ全然足りない。焼肉を前にして、みんなで“夢みたいだね”の連発でした」

なお、翌日の京都旅行への旅費と、北海道での引越し費用も長谷川さんが全て支払ったとか。

近年までの仕送りをふまえ、「恩返しはこれからが長い」と今後も旅行などに連れていきたいと考えている。

渡辺さんは、これといった贅沢をしていない。

「一度だけ、後輩とバーでいつもより多くお酒を飲んだくらい。僕はモノや食事に執着がなくて、お金の使いどころが本当に分からない。

唯一、DVDプレーヤーとパソコンが壊れたので買いたいけど今は行く時間がありません」



美女をレストラン『シェフズ・シアター』へ導く長谷川雅紀さん。

「50年生きてきて、夜景の見えるお店に来るのは初めてです。今までは壁しかなかったですから!」と、たかぶっていた。


真っ赤な部屋で美女とふたりきり!『オペラ座の怪人』コンセプトルームで戯れる

今晩はこの部屋がふたりのオペラ座。仮面を外して戯れたい


一転して、撮影場所は劇団四季とのコラボで実現した『オペラ座の怪人』コンセプトルームへ。

客室内にミュージカル『オペラ座の怪人』に登場する仮面が展示されている(観賞用)。



「赤を思いっきり使っていて怪しいお部屋。ベッドの柄も独特で素敵です。景色も凄い」と、渡辺さん。

美女との至近距離も、慣れた様子でリラックス。



今後挑戦したい大人の遊びは?


長谷川:僕はマチュピチュやイースター島に行ってみたい。20歳で一度海外に行ったきりパスポート流しちゃって。

渡辺:パスポート流すって何?質屋に入れたみたいです。期限が切れたのね。

長谷川:うん、言い方間違えた(笑)?

渡辺:僕は今仕事がとても楽しいので、やりたいことが全くない。もっと面白くなりたいということしかないです。


M‒1王者になったとしても僕たちは何も変わらない。まだまだ面白くなりたいんです


「M-1」王者でテレビに引っ張りだこなら、実力があるのでは?

「全然です。テレビに出るようになって、本当に歯が立たない。周りははるか数段上ですから、並んでいてすごく差を感じます。

今はM-1バブルなので、自分たちの実力がみられるのはここから。もっと努力しないと出続けられません」


渡辺:人となりを全部さらけ出したうえでバカだとより面白いと思うので、もっと知られるように頑張らないと、と思っています。

長谷川:50歳でやっと出られるようになったから、あと20年は続けたいね。ちなみに僕は120歳まで生きる予定。

渡辺:長生きすぎてついてけないよ!

長谷川:老いて最後は木になりたい。

渡辺:すでに木になりかけてるって。

長谷川:年をとればとるほど面白いって言われるのが理想です。70歳で今みたいな芸をやったら、もっと面白くなるはず。あとは身体が動くかどうか。

渡辺:そのころには機械の身体が手に入るようになってるかもね。この年齢になって、色々と夢が広がります。


数十年後も芸人でいる自分達を想像する。熟年コンビに元気づけられる未来は、想像するだけでにやけてしまうのだった。


【後編】 5/30に公開!
■長谷川さんも感動!美食と物語が交錯する浜松町のフレンチの魅力
■渡辺さんのドキドキが止まらない!?まるでオペラ座のように美女と戯れる艶やかな夜
■【WEB限定】編集部は見た!錦鯉の撮影当日の裏話

■プロフィール
長谷川雅紀 1971年生まれ、北海道出身。1994年にデビュー。2012年に渡辺 隆と錦鯉を結成。昨年秋、錦鯉として初の自叙伝『くすぶり中年の逆襲』(新潮社)を出版。テレビ番組への出演も多数。

渡辺 隆 1978年生まれ、東京都出身。1999年、芸人の道に入る。2012年に長谷川雅紀と錦鯉を結成。2021年、2年連続の決勝進出の末、「M-1グランプリ2021」優勝。初のDVD「錦鯉 独演会『こんにちわ』」(コンテンツリーグ)が好評発売中。

■衣装
[長谷川さん]シャツ 24,200円、Tシャツ 13,200円〈ともにワングラヴィディ〉、パンツ 38,500円〈コラム/すべてエストネーション TEL:0120-503-971〉、眼鏡 36,300円〈モスコット/モスコット トウキョウ TEL:03-6434-1070〉、その他スタイリスト私物
[渡辺さん]カーディガン 30,800円、Tシャツ 10,780円〈ともにスローン TEL:03-6421-2603〉、サングラス 36,300円〈アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー TEL:03-3409-1972〉、その他スタイリスト私物
[女性(長谷川さん)]ワンピース 50,600円〈ソブ/フィルム TEL:03-5413-4141〉、その他スタイリスト私物
[女性(渡辺さん)]ワンピース 50,600円〈コルコバード/フィルム TEL:03-5413-4141〉、その他スタイリスト私物


▶このほか:【裏話あり】ギャップに思わずドキッ…!梅原裕一郎が、低音ボイスでうちあけてくれた話




東京カレンダー最新号では、錦鯉のインタビュー全文をお読みいただけます。
東カレに語ってくれた、渡辺さんの“大人”な趣味の話や、メズム東京で美女と愉しむ様子とは?

アプリのダウンロードはこちらから。