「マイ・キューティー」

13歳上の夫は、美しい妻のことを、そう呼んでいた。

タワマン最上階の自宅、使い放題のブラックカードに際限のないプレゼント…。

溺愛され、何不自由ない生活を保障されたセレブ妻ライフ。

だが、夫の“裏切り”で人生は一変。

妻は、再起をかけて立ち上がるが…?



「今日も最高に綺麗だね」

東京タワーを望む、最上階の部屋。

リビングの窓際に立って、きらめく夜景を見下ろすように眺めていると、背後から不意に抱きしめられた。

「ちょっと、くすぐったいってば」

シルクワンピース1枚しかまとっていない里香は、思わず体をよじる。振り返ると、そこには優しく微笑む英治の姿があった。

「会食、早く終わったのね」

「里香に1秒でも早く会いたくて、さっさと切り上げてきた。会食も断りたかったくらいだよ」

英治は軽口を叩きながら、里香を愛おしそうに見つめる。

「マイキューティー、僕はなんて幸せなんだろう」

「やめてよ。私、キューティーなんて呼ばれる年じゃないんだから」

わざとらしく彼の手を振りほどき、その場を去ろうとすると、英治がソファに置かれた赤い箱を指さした。

「プレゼントだよ」

この前ねだっておいた、ロジェ・ヴィヴィエの新作。里香にぞっこんの英治は、有り余る富と愛情を惜しみなくたっぷりと注ぐ。

「大好き!本当にありがとうっ」

英治に抱きつきながら、里香は窓の外に目をやる。今夜は満月。まんまる、黄色のお月さまだ。

― この世をばわが世とぞ思ふ…。

あの有名な歌が、ふと脳裏に浮かぶ。

「うふふ」

何もかも思い通り―。里香はこみあげてくる笑いを堪えることができなかった。


夫から寵愛を受ける妻。その愛され方は尋常ではなく…?

溺愛される妻


里香、30歳。

六本木のタワーマンション最上階で暮らす専業主婦だ。

PR会社を経営している13歳上の夫・英治とは、広告代理店の受付をしていた時に出会った。

里香が働いていた広告代理店の受付は美人揃いで有名だったが、その中でも、透き通るような肌とクリっと大きな茶色い目が特徴的な里香は、ひと際目立っていた。

英治は、日焼けした肌に白シャツ、ロールアップしたチノパンに裸足ローファースタイル。

「かわいいね。連絡先教えてよ」

いかにも女慣れした雰囲気で、最初は里香も本気にしていなかった。

だが、英治は本気だったようで、毎日のように仕事終わりの里香を待ち伏せてつきまとうなど、もはやストーカー、犯罪スレスレの手法で口説き続けたのだ。

里香も里香で、そんな英治を良く思っていなかったものの、毎回超高級レストランを予約してくれ、デートの度にプレゼントをくれる生活に味をしめていったのも事実。

こんなに尽くしてくれる経済力のある男を捕まえておいて損はない。

そんな打算で付き合いが始まり、1年が経った頃。

子どものおもちゃかと見紛うほど大きなダイヤモンドの指輪とともにプロポーズされた。

東京の婚活市場で英治以上の人と出会える可能性は低いと考えた里香は、結婚を決めた。

出会った頃と変わらず、いや変わらないどころか、英治の里香への愛情は増すばかり。

東京の良いレストランはほぼ行き尽くしたし、彼からのプレゼントは、別途倉庫を借りて保管するほどの量になっている。

かわいい、かわいいと愛でられてきたが、気づけば30歳。彼に求められれば、ママになるという次なるステージも考えている。

「私には、港区セレブママ生活が約束されている」

子どもを入れるインターナショナルスクールで悩むことはあっても、学費で悩むことなどない。里香は、そう信じて疑わなかった。





「今日もいい汗かいたなあ」

六本木ヒルズでパーソナルトレーニングを終えた里香は、アイスコーヒー片手に歩き始めた。ボディーメイクのため、2日に一度はトレーニングに通っている。

外はジリジリと暑く、日差しも強い。

大通りに出て、すぐにタクシーをつかまえる。里香は、どんなに短距離でもタクシー移動しているが、これは、英治の意向だ。

「里香が外を歩くのが心配。変な虫がつかないように」ということらしい。

交差点の信号待ちで、汗を拭いながら歩くサラリーマンを横目に、里香はエアコンの効いた、ひんやり涼しいタクシー中で大きなあくびをする。

― 皆さん、お勤めご苦労さまね。私は、帰ったら昼寝でもしようかなあ。

3食昼寝付き。この言葉は、里香の生活そのものだ。

改めて自分の恵まれた境遇に浸っていると、あっという間に自宅マンションのエントランス前に着いてしまった。

タクシーを降りたところで、里香は見知らぬ若い女に声をかけられた。

「英治さんの奥さまですよね?」


里香に声をかけてきた女の正体は…?

夫のヤバい浮気相手


― だ、誰…!?

振り返った里香は、身構えた。

背後に立っている女が、目を真っ赤にさせてこちらを睨んでいたからだ。

「ええと、すみません。どちらさまでしょう?」

相手を刺激しないよう、里香が丁重に尋ねると、その女は蔑むように笑った。

「申し遅れました。私、英治さんとお付き合いしている、春奈といいます」

― エイジサント、オツキアイ…?

里香は、自分の左手薬指と目の前の女を交互に見る。

― 私は英治と結婚している。で、目の前の春奈とかいう若い女は、英治とお付き合いしてる…?

どうやら自分は、英治の浮気相手と対峙しているらしい。はたと現実に気づいた里香は、大きな声を上げる。

「はぁ!?」

その反応に、春奈は「英治さんが言ってた通り。本当に頭が悪いんですね」と、勝ち誇ったように言うと、こう続けた。

「私、英治さんと結婚しようと思っています。里香さん、あなたが邪魔なんです。さっさと英治さんと別れてもらえますか?」

「意味がわからないんですけど」

里香は不快感をあらわにするが、春奈は興奮気味に挑発し続ける。

「だから、私と英治さんは愛し合ってるんです。これ、見てください」

スマホに映っていたのは、半裸の男とシーツにくるまった女の写真。写真の男は、どこからどう見ても英治だった。

いかにも情事の後という生々しい写真を突きつけられた里香は、気を失いそうになる。

一刻も早くこの頭のおかしい女から離れたい。その一心で、里香は足元から崩れそうになるのを必死に耐えた。

「夫がご迷惑をおかけしてすみません。キツく叱っておきますね。では失礼します」

それだけ言うと里香は、猛ダッシュで走り出し、住人が出てきたタイミングで開いた自動ドアに滑り込んだ。



「春奈って女が訪ねてきた。英治さんと結婚するって。どういうこと?」

部屋に戻った里香は、すぐに英治に電話をかけた。

浮気がバレた上に、浮気相手が妻のもとに乗り込んできたのだ。英治は、慌てふためき、すぐに飛んで帰ってくるだろう。土下座でもしてくれないと気が済まない。

そんなことを考えながら反応を待っていると、耳を疑う言葉が飛んできた。

「まったく春奈のやつ…。お前は遊びだよって、よく言って聞かせるな。今、ちょっと忙しいんだ。仕事に戻るよ」

里香は、さっさと電話を切ろうとする英治に向かって怒鳴った。

「ちょっと待って。なんなの?早く帰ってきなさいよ」

だが英治は動じることもなく、いつもの調子で優しくなだめた。

「マイキューティー、僕も早く里香に会いたいよ。そうだ今日は、どこかにディナーでも行こうか?」

「はあ!?そんなこと言ってる場合じゃないでしょう?何開き直ってるのよ!?」

矢も楯もたまらない里香が声を荒らげると、英治は落ち着いた声でこう言った。

「愛してるよ、マイキューティー」

「バカにしないでっ!キューティーだなんて、ふざけたこと言ってないで、とっとと帰ってきて謝りなさいよ!」

里香は、そのままスマートフォンを床に投げつけた。



「嫌な思いをさせて本当に悪かった」

15分後。

帰って来た英治は、里香の前にひざまずいて深々と頭を下げた。

「あの女とは、いつから?」

「4ヶ月くらい前かな。パーティーで知り合ってそれから…。でも信じてくれ。僕が愛しているのは、里香だけなんだ」

バカの一つ覚えのように愛しているを繰り返す英治に、里香は冷たい視線を送る。

こう言っておけば許してもらえるとでも思っているのだろうか。

怒り心頭の里香は、思い切りそっぽを向いた。が、その時。

「安心して。絶対に離婚はしないよ」

驚くほど穏やかな英治の声が、部屋に響き渡った。


▶他にも:“夜の女”から慰謝料をとるのは難しい…?妻が夫の浮気を知り、探偵をつけて証拠を突きつけるが…

▶︎Next:7月7日 木曜更新予定
英治の浮気が発覚し、怒る里香。反省の色が見えない彼に対して、あることを口走ってしまう…。