男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。

出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。

—あの時、彼(彼女)は何を思っていたの…?

誰にも聞けなかった謎を、紐解いていこう。

さて、今週の質問【Q】は?

▶前回:「西麻布で飲む=チャラい」と思われた…?2回デートしてノリノリだった女にバッサリ切られた理由



最初は、明らかに僕に興味がなさそうだった紗枝。

なぜなら初対面ではほとんど話せずに終わったし、ようやくデートにこぎつけられたと思ったら、ランチを指定してきたのだ。

しかもそのランチデート後も彼女は予定を入れていて、僕は玉砕寸前だったはずだ。

しかし僕の積極的に誘った行動が功を奏したのか、それともほかの何かが気にいったのか…。

二度目のデート以降、紗枝のほうから急に歩み寄ってきた。

「友也くん、次はいつ会えるかな?」

紗枝の急変した態度には驚いたが、僕はもちろん嬉しかったし、大歓迎である。

ただ一つ不思議なのが、なぜ彼女の態度がここまで急に、ポジティブに変わったのか、ということ。

実は他にデートをしている人がいて、その人がダメになったからこっちに来た?それとも、純粋に僕の努力が身を結んだ?

何が女心をつかんだのか、分からずにいる。


美女が急に、男に靡いたのはナゼ!?実は女グッとくる行為があって…

Q1:女が最初、冷たかった理由は?


紗枝と出会ったのは、食事会だった。

男友達の浩二が呼んでくれた会で、男女2対2だったのだけれど、困ったことに、最初は紗枝ではなく、彼女の友人である奈緒が僕にグイグイと来ていた。

「友也くんは、何をしているの?」
「一応、経営者です…」
「え〜すごい♡何系ですか?」
「投資だから、金融系になるのかな」

しかし僕は、ひと目見た時から紗枝が圧倒的にタイプだった。だから本当は紗枝と話したいのに、隣に来た奈緒を邪険にすることもできない。

「奈緒ちゃん、浩二と話してみたら?」

そう促すものの、奈緒も動じない。

「浩二さんは、別にいいや。友也くんのほうがイケメンだし身長も高いし。タイプだもん」
「はぁ、そうですか…。いや、でも浩二のほうがイイ男だと思うよ」

そんな押し問答を繰り返し、ようやく離れてくれた奈緒。結局、この日は紗枝とほぼ話すこともできず、最後に連絡先を交換するだけで終わってしまった。

そして翌日。僕は個別で紗枝に連絡を取ってみることにした。

― 友也:昨日はありがとうございました、友也です。昨日は全然話せなかったので、よければ今度2人で食事でもどうですか?

しかしこの連絡は、見事に既読スルー。諦めずにもう一度送ってみて、ようやく返信が来たと思ったら、とても冷たい内容だった。

― SAE:ランチなら!でも今月忙しくて…来月でもいいですか?

本当は夜のディナーが良かったけれども、紗枝と2人で会えるならば、それでもいい。しかも来月になるらしいけれど、それも仕方ない。

「脈ナシかなー」

返信を読みながら、ついそんな言葉を口にしていたのだった。



そして食事会から2週間後。ランチ場所へやって来た紗枝は相変わらず綺麗で、僕は一人テンションが上がる。しかし紗枝は、至って冷静だった。

「紗枝ちゃん、ワインでも飲む?せっかくだから1本空けようよ」
「飲みたいんですが、このあと用事があるので…。私は結構です」

バッサリと断られ、さすがの僕もちょっと凹む。今日は土曜日。

この後の用事ってなんだろうと気になるけれど、詮索するのも気持ち悪いかなと思い、ワインリストをさっと僕の背面に隠した。

「そっか、そうだよね。じゃあとりあえず食事を楽しもう」
「そうですね!飲めなくてすみません」
「いやいや、全然いいよ。また今度だね」

そう言いながらも、心の中では“今度はあるのかな…”と思っている自分がいた。けれどもこのデートで、少しは僕に対する好感度が上がったのだろうか。

ランチの後半にもなると、だいぶ紗枝も話してくれるようになった。

「え、紗枝ちゃんもゴルフするんだ!」
「はい。最近始めたばかりなので下手ですが…。でもハマっちゃって」
「スコアどれくらいなの?」
「130くらいかな。本当に下手なんです(笑)」
「いやいや、十分だよ。今度ゴルフ行けたらいいね」
「そうですね。それまでに練習しときますね」

― あれ?これって、次もあるってこと?

淡い期待を抱いた僕は、次のデートの一手を考える。そして、きっと紗枝が断らない…いや、喜んでくれるだろうなというデートプランを用意した。


2回目の誘いにも乗って来てくれた彼女。しかもその後急に態度が好転した意外な理由は!?

Q2:二度目のデートで、女がコロっと落ちた理由は?


「うわ、すごい…!!西麻布に、こんな場所があったんですね」

二度目のデート。ゴルフだったら来てくれるかと思ったのだけれども、丸一日かかるラウンドに誘うのは、まだハードルが高い。

そこで、僕は西麻布の星条旗通り近くにある『THE GOLF TOKYO』へと誘い出したのだ。



「こんなお店ができたの、知らなかったです♡デートに最高ですね」
「でしょ?この前、『ゴルフ行こう』って約束したからね」

シミュレーションゴルフならもっとカジュアルだし、夜でも行けるし天気も関係ない。何より食べながら、そして飲みながら楽しめるのも良かった。

また僕の思惑は大正解だったようで、「どのコースにしますか?」なんて言いながら、紗枝はとても楽しそうにしてくれている。

豪華な内装にテンションも上がっているようだけれど、それと同時にラウンドも楽しんでいるようだ。

「紗枝ちゃん、スイングめちゃくちゃ綺麗だね」

手足の長い紗枝のスイングはとても美しく、奥は思わず目を細める。

「そうですか?嬉しい。友也さんも、上手ですね〜」
「全然そんなことないよ。はい、次紗枝ちゃんの番ね…って、すごいじゃん!ニアピン!」
「やった〜!」

シミュレーションといえども精度が高いので、本格的に楽しめる。


良いヴィンテージのボルドーのワインを飲みながら、ああでもないこうでもないと言いつつ、ワイワイと盛り上がっていた。

「紗枝ちゃん、惜しい!でもすごい、スコア全然まとまってるじゃん。上手いよ」
「そんなことないですよ〜。今日はたまたま良い感じです。でも楽しいな」
「ゴルフって楽しいよね」

スポーツを一緒にしているおかげか、前回のランチよりも距離が近くなっていることだけは確実だった。

「友也さんって、ゴルフ歴長いんですか?」
「大学時代の体育の授業でちょっとかじったけど…ちゃんとやり始めたのは、本当にここ数年だよ」
「そうなんですか?それなのにそんな上手いんですね」
「上手くはないけど、好きかな。今度は実際のゴルフ場へも行こうよ」

さりげなく、次の約束を提案してみる。すると紗枝は、すんなり乗ってきた。

「いいですね!いつにしますか?」
「え?もう日程も決めちゃう?」
「はい。早めに決めましょう♡」

― あれ?この前と全然違うな…。

結局この後もデートが続き交際まで発展したのけれど、果たして何が紗枝に刺さったのだろうか。

店選び?それとも何か別の発言?嬉しいけれど、よくわかっていない自分がいる。


▶前回:「西麻布で飲む=チャラい」と思われた…?2回デートしてノリノリだった女にバッサリ切られた理由

▶1話目はこちら:「あなたとだったらいいよ♡」と言っていたのに。彼女が男を拒んだ理由

▶NEXT:6月26日 日曜更新予定
女が男に落ちた理由


「いいですね!いつにしますか?」
「え?もう日程も決めちゃう?」
「はい。早めに決めましょう♡」

― あれ?この前と全然違うな…。

結局この後もデートが続き交際まで発展したのけれど、果たして何が紗枝に刺さったのだろうか。

店選び?それとも何か別の発言?嬉しいけれど、よくわかっていない自分がいる。


▶前回:「西麻布で飲む=チャラい」と思われた…?2回デートしてノリノリだった女にバッサリ切られた理由

▶1話目はこちら:「あなたとだったらいいよ♡」と言っていたのに。彼女が男を拒んだ理由

▶NEXT:6月26日 日曜更新予定
女が男に落ちた理由