「あの頃の自分が思い描いていたオトナに、ちゃんとなれてる?」

高校卒業から12年。

これは様々な想いを抱えて上京してきた、男女の物語だ。

恋に仕事に、結婚に。

夢と現実の狭間でもがく30歳の彼らが、導き出した人生の答えとは?

◆これまでのあらすじ

12年前に謎の死を遂げた、恋人の大和。彼の死に、親友の亜美が関わっているのではないかと、千紘は疑っていた。

そんなとき千紘たちの前に突然、大和の弟・大志が現れる。そして彼は、死の真相について語り始めた。

▶前回:デート中、元カレにそっくりな男と遭遇してしまった。そのとき、女が咄嗟にとった行動は…



夏原千紘、29歳。明かされる死の真相


「なぁ、亜美。答えてくれよ!まさかお前、大和を…」

初秋の夜。真っ暗な山道に、5人の男女が佇んでいる。

私とクラスメイトだった亜美、浩二とムラタク。そして12年前に死んだ恋人・大和の弟である大志くんだ。

「亜美が大和を、死なせたのか…?」

そして浩二が、強い口調で亜美を問いただしている。その言葉に彼女は黙ったままだ。目には大粒の涙を溜め、唇を震わせていた。

すると突然、バイクのヘルメットを被ったまま立ち尽くしていた大志くんが、予想もしなかった言葉をつぶやいたのだ。

「僕なんです。僕が兄を死なせました」

「…えっ!?」

私と浩二は驚きのあまり、同時に声をあげた。亜美はうつむいたままだ。ムラタクは何かを悟ったような表情で、大志くんを見つめていた。

「僕のせいなんです。兄が死んだのは」

大志くんは先ほどよりも力強い声で言うと「12年間、黙っててすみませんでした…」と肩を震わせながら、頭を下げた。

亜美はとっさに彼へ駆け寄り、大志くんの背中をさする。

「大志くんのせいじゃないから。だってあれは…」

しかし浩二は亜美を突き飛ばし、ムリヤリ大志くんの胸ぐらを掴んだのだ。

「おい、お前のせいで大和は死んだのかよ!?」

街灯のない真っ暗な山道に、彼の怒声が響き渡る。

…そのときだった。亜美がその空気を打ち破るかのように、大声で叫んだのは。


「はぁ…!?あんた大志くんの気持ち考えなよ!」

そう言って亜美が、浩二の頬を平手打ちする。その姿がスローモーションで見えた。

― 同じだ。この光景、あの日と同じだ。

12年前、大和が死んだ後の教室で、私を責め立ててきた浩二。そんな彼に、亜美がビンタする光景がフラッシュバックした。

口論する2人を前に、ただ茫然と立ち尽くす大志くんの姿が、過去の自分と重なったのだ。

― お願い、やめて…。

2人を止めたいのに声が出ない。次第に2人の姿がかすみ、視界が反転したまま、私の身体はアスファルトに叩きつけられた。





「おっ、気がついた?」

ムラタクの声で起き上がると、真っ白な天井が目に飛び込んできた。

「あれ?ここは…」

「病院。千紘、さっき倒れたんだよ。医者が言うには過労と睡眠不足だって。3時間も眠ってたんだぜ」

「…ごめん。迷惑かけて」

「いいって。ゆっくり休みな」

優しく微笑むムラタクを横目に、私は再びベッドへと横になった。

「…ねぇ、ムラタクが言う通りだった」

「えっ?」

「大和が死んだ日から、私たちの時間は止まってるって。本当にその通りだよ。…12年前と同じように、亜美がまた浩二をビンタした」

言葉に詰まりながらうなだれる私を、彼がジッと見つめてくる。

「…そろそろ、12年前の話を始めようか」

そう言ってムラタクはコーヒーを口に含むと、ゆっくりと“大和の死”の真相を語り始めた。



「12年前。浩二と気まずい雰囲気のまま教室を出た大和は、バスの中で千紘にメールを打ちながら帰宅した。家に帰ると、当時10歳だった大志くんがまだ帰ってこないと母親から聞き、大和は探しに出掛けた」

まるで探偵かのような口ぶりで、ムラタクは続ける。

「大和はすぐに、大志くんを見つけた。海の近くで遊んでいた最中、白クマのキーホルダーを岩場に落としてしまった大志くんは、それを拾おうとしていた。

で、防波堤を飛び越えて岩場まで下りたはいいものの、戻れなくなって泣いていたんだ」

ムラタクの言葉に私は、大志くんがバイクの鍵につけていた白クマのキーホルダーを思い浮かべる。

「大和は岩場に下り、大志くんをおぶって防波堤へと戻った。でも、その拍子にポケットから携帯を落としてしまったんだ。彼は携帯を拾おうと、再び高い波が押し寄せる岩場へと下りた。

弟には『お母さんが心配してるから、先に帰りな』と声を掛けて。…ここまでは合ってるよね?大志くん」

ムラタクの声に、病室のカーテンの向こう側から大志くんが現れた。そこには亜美と浩二もいる。

「はい、その通りです」

そうして大志くんが、ゆっくりと語り始めた。


「その後、僕1人で家に帰ろうとしたんですが、なかなか兄ちゃんが追いかけてこないので心配になって。海に戻ろうとしたんです。

そしたら偶然、亜美さんに会って。…近所に住んでいたから、僕たち顔見知りだったんです」

そう言って大志くんは、亜美を見つめた。すると彼女も語り始める。

「私のせいなの。『やっぱりお兄ちゃんと一緒に帰る』って言う大志くんを『大和は大丈夫だから早く帰りな』って強引に帰宅させたから。

…あのとき私が一緒に海まで戻っていれば、大和は死なずに済んだのかもしれない。それで気が動転して、ムラタクのお父さんに相談したの」

「そう、だったんだ…」

かける言葉が見つからず、黙り込んでいる私を横目に、浩二が言った。

「つまり大和は、大志くんが帰った後、岩場に落ちた携帯を拾おうとして足を滑らせた。それで海に落ちたってことか」

「…多分そうだと思います。警察も、事件性はないと」

「でも、兄が死んだのは僕のせいなんです」という大志くんに、亜美が「いや、私のせい」と言う。気がつけば彼らの会話は、堂々巡りになっていた。

そんな会話をさえぎるかのように、ずっと黙っていたムラタクが突然、突拍子もないことを言い始めた。

「なぁ千紘。あの日、最後に大和へ電話を掛けたのはいつ?」

「えっ?確か、テレビでバラエティー番組のオープニングを見てたから…。19時ちょうどかな。それから何度掛けても繋がらなかったけど」

「そっか」と言い、コーヒーを飲み干したムラタクは大きく息を吸い込んだ。



「…じゃあここからは、俺の告白」

その後ムラタクが語ったのは、誰も想像していなかった“真実”だった。

「大和が死んだ日。俺は、受験勉強の気晴らしに閉店間際の書店に駆け込んだ。

だけど、お目当ての村上春樹の『1Q84』がない。ふと、大和が読んでいたことを思い出した。すぐに読みたいと思った俺は、彼に『明日、小説を貸してほしい』と電話を掛けたんだ」

「えっ…。大和は、電話に出たの?」

恐る恐る、亜美が問いかける。ムラタクは小さく頷いた。

「あぁ、出たよ。『わかった。明日持ってくよ』ってね。それだけ言って電話はプツンと切れた。亜美と大志くんを目撃したのも、このとき」

ムラタクの声が、震える。

「俺が大和に電話を掛けたのは、18時58分。…千紘が電話する2分前だ。大和は俺からの電話を切った瞬間、足を滑らせて海に落ちたんだ」




▶前回:デート中、元カレにそっくりな男と遭遇してしまった。そのとき、女が咄嗟にとった行動は…

▶1話目はこちら:交際2年目の彼氏がいる30歳女。プロポーズを期待していたのに…

▶Next:10月4日 火曜更新予定
次回、ついに最終話。明らかになった大和の死に、皆それぞれ罪の意識を感じていて…?