「女の敵は女」

よく言われる言葉ではあるが、これは正しくもあり間違ってもいる。

女の友情は、感情が共鳴したときに強くなる。逆に感情が衝突すると亀裂が生じ、情も憎しみへと変化する。

この亀裂をうまく修復できなったとき、友人は敵となる。

だが、うまく修復できれば関係性は、より深いものになる。

ここに、性格が正反対のふたりの女がいる。

ひょんなことから東京のど真ん中・恵比寿で、同居を始めたことで、ふたりの運命が回りだす…。



Vol.1 終の住処


東京・恵比寿。

リビングの大きな窓から入ってくる爽やかな秋風に包まれ、思わず諒子はつぶやく。

「最高…」

ここは、手に入れたばかりの自分の城。

中古ではあるが、築浅のデザイナーズマンションだ。

引っ越しの慌ただしさが落ち着いた、週末の昼下がり。目黒の北欧家具専門店でひと目ぼれしたリクライニングチェアに身を委ね、ワイングラスを傾ける。

漆原諒子の職業は、在京キー局のドラマプロデューサーだ。

恵比寿は勤務する局にもアクセス抜群で、肩ひじ張らない大人の飲食店も多く独身でも退屈しない。

明治通り沿いにある3LDKのマンションは大通りに面してはいるが、夜は静かで住みやすい。

ひとりでは持て余すほどの広さではあるが、この部屋はこれ以上ない運命の物件だと感じていた。

― 大学を卒業して、13年。私もようやくここまで来た。

誰にも邪魔されない幸せに浸りながら、諒子は今までの自分の苦労を思い返す。

激戦を勝ち抜いて、キー局への内定を勝ち取ったものの、入社後に待っていたのはADやAPなどの深夜まで続く下積みの仕事だった。

それでも“誰かが毎週楽しみになるような番組を作りたい”という夢だけは消えず、激務に耐えてきた。

35歳の今に至るまで、生活のすべてを仕事に捧げてきたが後悔はない。

たまに自分へのご褒美を購入するくらいで、貯めた蓄えは、億を優に超えるこの物件の頭金にした。ローンも30年以上ある。でも、心は満たされている。

『ピンポ〜ン♪』

諒子が上機嫌で2杯目のワインをグラスに注ごうとすると、突然インターホンの音が部屋に響いた。

荷物が届く予定はないはず…。首をかしげながら、玄関モニターを覗くと――。

「諒子〜、引っ越しおめでとう!」


社交辞令が通じない女


「わぁ!ここがうわさの諒子のおうちなのね」

訪ねてきたのは諒子の大学時代の同級生・濱口マリだった。

かつては明治大学の同じサークルで、同じ女子寮にも住んでいた仲。だが、大学卒業後は彼女がすぐ結婚したこともあり、SNSでつながっているだけであった。

13年もずっと疎遠であったが、ひょんなことから、先日偶然再会してしまったのだ。

「できれば、連絡してほしかったんだけど…」

「ゴメンネ。思い立ったが吉日と思ったの」



やんわりと「突然来られるのは迷惑」とマリに伝えるも、全く効いていないようだ。彼女は、“へへへ”といたずらっぽい笑みを見せる。

そのあどけない表情も、ノリも、距離感も、昔となにも変わっていない。

「帰国のたびに行っているエステサロンが臨時休業でね、突然時間ができたの。せっかく海の向こうから来たのに腹立つ〜!」

「まあ、気持ちはわかるけど…」

現在、アメリカ在住の彼女。

夫はメジャーリーグのスター選手・濱口海斗だ。現在はシーズン中だが、所用で彼女だけ先に帰国中らしい。

「…で、今日は諒子、一日中暇かしら?」

諒子のワインを、マリは断りもなく空いたグラスへ注ぎながら尋ねた。

「ん、ちょっとしなきゃいけない仕事もあるけど…」

「でも、昼から飲んでるくらいなら大したことない仕事でしょう?青山にでも行かない?ベッド用意しなきゃ」

「…へ?」

玄関には、彼女が持ってきた大きなヴィトンのスーツケースがふたつ置かれている。

遊びに来たにしては、荷物が多すぎると諒子は気づく。

「諒子のお誘いに甘えようと思うの。これからよろしく」

嫌な予感がするとともに、彼女と再会した時の会話を思い出した。



それは、3日前の晩のこと。

ガーデンプレイスタワー38階にある『えびす坂 鳥幸』の個室で久々に会ったマリは、ひと言目から失礼だった。

「早っ!本当に来ちゃうんだー」

諒子の姿を見るなり甲高い声で大笑いするマリ。諒子がカチンときたのは、言うまでもない。

「諒子、ごめんね突然呼び出して。マリさんが“諒子は大親友だから久々に会いたい!”って言うものだから」

同期入社で、スポーツ局のデスクをしている渡瀬千奈津が言う。

千奈津は、メジャーリーガーの妻・マリを取材ついでにもてなすため、この場を用意していた。

その席で千奈津は会話の共通点を探るため、マリの同窓だと聞いていた諒子の話題を出したという。

その夜は特に予定もなかった諒子。しかも近所だったため、軽い気持ちで赴いたのが失敗だった。

「親友、というわけでも…。確かに大学の時たまに一緒にいたけど」

“親友”なんて、いい大人が軽々しくよく言えたものだ、と諒子はいら立ちを隠しながら答えた。

「え〜悲しい〜。毎日同じお風呂入っていたのに」

「一緒の女子寮にいただけだよ」

13年ぶりにもかかわらず、学生の頃と同じ仕草や距離感で近づいてくるマリに諒子は戸惑った。

この場には、他部署ではあるが上司もいたからだ。


その後、小さな子どもを持つ千奈津はすぐに帰宅した。

一方、宴席で若手男性スタッフたちの太鼓持ちにはしゃぐマリは、諒子を末席に放っておいたままだった。

「キャハハ。そんなことないですよぉ〜」

イケメンスタッフのヨイショに、甲高い声を上げるマリ。

諒子はひとり、その耳障りな声をBGMにワインを飲み続ける。

マリは大学在学中から、アナウンサー事務所に所属し、その華やかさで学校内でも注目を浴びていた。

そして仕事がきっかけで、プロ野球選手の夫と知り合い、卒業後すぐに結婚。

以来ずっと専業主婦のはずだが、メジャー移籍するほどの有名選手の妻ともなると、想像以上の浮世離れな生活をしているようだ。

普段は彼女のInstagramの投稿をミュートにしているため、諒子はたまに覗く程度だが、彼女のアカウントにはいつもNYやロサンゼルスの邸宅での華やかなパーティーの様子や、夫のために作った見栄えのいい料理の数々が掲載されている。

『彼女と私は世界が違う』

嫉妬ではなく、品のない浪費への蔑みの感情であるが、ミュートを解除して見にいくたびに諒子の胸はざわつく。

今もそう。そのイライラは下手な肴よりアルコールを進ませている。

いつの間にか、諒子はひとりでワインを一本空けていた。



「大丈夫?」

ふと気がつくと、ガーデンプレイス前の路上。諒子の隣には、マリがいた。

「私ね、ウェスティンに部屋をとっているの。タクシー乗り場まで送るよ」

ふらついている諒子は、うっとおしく思いながらも、彼女に頼らざるをえなかった。

「いい、歩いて帰る。家、近くだから」

「え、諒子まだ独身だよね。彼氏もいなそうだし、ひとりで恵比寿に住んでいるってこと?すごーい」

言葉の端々が鼻につく。諒子は思わず同じテンションで対抗した。

「そーよ。ずっと仕事が恋人。おかげで部屋も有り余るくらいの広いマンションの部屋を最近買っちゃってね」

「えー、有り余る部屋なら、私も住める?」

「住める住める。いつでもきて〜」

酔いが気分を高揚させ、口がなめらかに滑っていた。



― …まさか、あの言葉を本気にしたの??

諒子が記憶をたどっている間に、マリは勝手に家の中を探検し始めていた。

「言うほど広い部屋じゃないよね。NYに住んでいたときの家のリビングと同じくらい」

口をとんがらせて言う彼女。

― 一応、ベランダ含め、100平米近くある。しかも東京の中心部なのに。

怒りを通り越して諒子は呆然としていた。「きっと、冗談で言っているだけ…」正常性を保つため、そう心の中で自分に言い聞かせる。

「私、こっちの部屋でいいかな。クローゼットも大きいし」

「は?」

マリが指を差したのは、諒子がシアタールームとして使おうとしていたリビングに次いで広い部屋だった。

当然のように玄関のスーツケースを運び入れるマリの姿を見て、諒子はやっと我に返る。

「まさか…本気なの?」

マリは部屋に来て初めて長く沈黙した。そして、うなずく。

「私ね、離婚、するんだ」

「え?」

諒子は、マリがこの部屋へ突然押しかけてきた理由に納得するとともに、返す言葉が見つからなかった。


▶他にも:プロ夫婦:1度結婚に失敗した女が次に選んだのは、収入も年齢も下の男。彼とだったら、理想の家庭が…

▶Next:10月12日 水曜更新予定
ずうずうしく家に押しかけてきたマリ。ストレス満載の同居生活が始まるが…