高度1万メートルの、空の上。

今日もどこかへ向かう乗客のために、おもてなしに命をかける女がいる。

黒髪を完璧にまとめ上げ、どんな無理難題でも無条件に微笑みで返す彼女は「CA」。

制服姿の凛々しさに男性の注目を浴びがちな彼女たちも、時には恋愛に悩むこともあるのだ。

「私たちも幸せな恋愛がしたーい!」

今日も世界のどこかでCAは叫ぶ。

◆これまでのあらすじ

「NYをアテンドしてくれたお礼に」と小泉の経営するホテルに招待された七海。1人で食事中、声をかけられ振り返ると小泉がいた。ニューヨークで会った時とは全く違う印象に、ちょっとときめいてしまう七海だったが…。

▶前回:気になる彼から、突然旅行に誘われて…。迷った挙げ句行くことにしたら意外な展開に…

▶あわせて読みたい:円安だって怖くない!ハワイ通が教えてくれた、贅沢な自然の中で"癒しの旅"を



Vol.10 復縁したい理由


「あれ、もう朝?」

障子の向こう側、窓の外はすでに明るい。少なくとも早朝ではなさそうだ。

七海は、慌ててスマホを探し、時間を見る。

「あっちゃー、もう9時!」

昨夜は小泉にもてなされ、美味しい食事とお酒を楽しみ、そして、最後は…かなり酔っていたような気がする。

自分の足で歩いて部屋に戻った記憶はなんとなくあるし、小泉に失礼なことはしていないはずだ。

― あの後、小泉さんはどうしたんだろう?

なんとなくスマホをスライドする。ホーム画面には電話の着信が1件と、LINEには相当数メッセージが溜まっていることがわかる。

LINEのアイコンをタップすると、何人かからのメッセージに紛れ、小泉からのメッセージがあった。

瞬間的に、昨日の彼の言葉や表情の一つ一つを思い出し、七海の脳内で昨晩の食事のシーンが勝手に再生されてしまう。

― 何、思い出してんだろ、私。

七海は小泉からのメッセージを長押ししたまま読む。

既読にしたら返信する必要があるし、返信をしたら、それで終わってしまいそうで、なんとなく怖かったから。

『小泉:昨日は楽しかったです。気をつけてお帰りください』

これだけ簡素なメッセージに、お礼以外のどんな返信をすればいいのだろうか、と七海は考える。

― 次の約束につながるとでも思ってるの?私ってば…。さすがにそれはないでしょ…。


七海は、ベッドから下りるとフロントに電話をかけて、朝食を断った。

素敵な朝御飯が準備されているに違いないが、モリモリ食事をするような気分でもない。

アルコールをきれいさっぱり流すように、部屋に備え付けられている掛け流しの露天風呂に浸かってみる。



長湯のあとバスローブのままベッドの縁に腰を下ろし、スマホを手に取った。

『七海:こちらこそ楽しかったです。素敵なお部屋でぐっすり眠りました。今後友人を誘って泊まりに来たいと思います。ありがとうございました』

どう返信しようか、散々考えた結果、極めて普通のお礼LINEを送った。

― また会いたい…かも。でも、元お客様だし。私とは住む世界が違う感じがする…。

こんな気持ちは、仕事をしていれば自然と消えてなくなる。寄せては返す波のように時々脳裏をかすめる昨夜の記憶に、七海は冷静に蓋をしようとしていた。





3オフの最終日の土曜日。

新太がランチの場所に指定してきたのは、以前デートの際に立ち寄ったことのある表参道の『ボネラン』だった。

案内されたテーブルに新太はすでに着席していて、七海が来ると小さく手を上げ、嬉しそうに笑った。

「久しぶり…だな。元気だった?」

「うん、久しぶりだね」と七海は答えたが、その後に続ける会話が見つからない。

正直なところ、新太と食事をする意味がわからないまま、七海はここに来てしまった。

新太が「とりあえず何か食べよう」とメニューを差し出した。

「メインは肉でいい?」と新太に聞かれ「うん」と答える。新太は白ワインをグラスでオーダーしたが、七海は「明日フライトだから」と言って断った。



「あのさ、急に呼び出したりしてごめんね」

浮かない表情の七海に気づいたのか、椅子の背に寄りかかっていた姿勢を正し、新太が詫びる。

「自分から別れたいって言っておきながら、俺、すぐに後悔してさ。七海のことばかり思い出しちゃって…」

新太の言い訳めいた話を聞きながら食事なんてしたくない。

「そうなの?意外かも」

表情を変えることなく、七海は平静を装った。

― すぐに後悔って…。だったら、その時すぐ連絡すれば良くない?

新太の言うことをまず疑ってしまう。

彼が去った数ヶ月前のあの日のことは、七海にとってはかなり辛い出来事だったのだから。

「意外かな?ちょっとした時に思い出すんだよね。いろんなことを。七海にひどいことをしたのは自分なのにな」

七海は何も言わず、静かに運ばれてきた前菜をつついた。

新太はそんな七海の様子を察したのか、いきなり椅子から立ち上がった。

「七海、あの時は本当にごめん!!」

周囲の人の目を気にする様子もなく、新太は深く頭を下げたまま動かなかった。七海は慌ててそれを制す。

「や、やめてよ、新太。お願い、座って」

新太のその姿を目の当たりにし、七海は思い出した。そうだった、彼のこんなまっすぐで不器用なところが好きだったのだと。

「私も仕事ばかりで、新太のことちゃんと考えてなかったから…。フライトで疲れていても、もっと時間を取れるよう頑張るべきだったし」

手にしていたカトラリーを置き、七海も新太に向き合うと、ようやく彼は椅子に腰を下ろした。

そして、新太は鞄から、小さな水色の紙袋を取り出した。


「これ、受け取ってくれるかな…」

― えっ?ティファニー?いきなり飛びすぎじゃない?

七海は新太の差し出すギフトに、すぐに手を伸ばすことができなかった。



「あ、びっくりしたよな。でもこれ、俺の気持ちだから。バイザヤード、以前欲しがっていたよな?」

「う、うん…」

新太が自分のために店まで足を運んでくれた事実は、素直に嬉しい。だが、これを受け取ったら、元サヤを了承したようなものだ。

「新太、それ受け取る前に、ひとつ聞いてもいい?なんで3ヶ月経った今頃、こんなこと言うの?欲しかったもの覚えていてくれたのは嬉しいけど、いきなり電話かかってきてそれ言われても…」

ティファニー一つで許してしまっていいのか?

まだ彼に対しての気持ちが残っているのか?

これで元サヤなら、昨日小泉に一瞬でも抱いた気持ちは何かの迷いだったのか?

そんな自問自答を巡らせながら、七海は新太に聞いた。新太の表情からは、もう七海の答えは自分が握っているかのように、不安は消えてなくなっているように見えた。

「そうだよな。今更だけど、俺と七海ってすべての相性がいいんだと思う。そういう人って、会いたいと思ってもなかなか会えないよな。お互いの仕事が忙しくて会えないだけで、そんな人を手放していいのかなって考えてさ」

七海は新太の言葉の丁寧に拾い上げ、その裏に潜む意味を考える。そして、一つの結論に至ったのだ。

「新太、すべての相性のすべてってどこらへん?」

「付き合っている者同士の相性っていうと、性格と食べ物、そして下世話だけどカラダかな」

答えながら新太は冗談めいて笑った。

「やっぱりね…」と七海はため息をついた。

「新太はたぶん他に好きな人ができて私の元を去ったんだと思うの。その彼女はどうなったの?」

七海の唐突な質問に、新太は驚きを隠せない表情をしている。

「だって、いきなり相性がどうのって言い出すなんて、誰かと比べているような言い方。それに、私が欲しかったのはバイザヤードじゃなくてTスマイルですけど」

「いや、その…正直いうと、あの時は魔が差したというか…。でも一周回って、やっぱり七海が最高だって思ったんだよ。美人だし、飯はうまいし、よく気がつくし」

新太がしどろもどろに白状する。

― は?一周回ってですって?

ついさっきまで七海に頭を下げ詫びる姿に、彼の誠意を感じていたはずだった。だが、たった今、そんな気持ちは一瞬で消失してしまった。

「ごめん、新太。私、やっぱ無理だわ。他の人探して」

吐き捨てるように告げると、七海は席を立った。にわかに噴き出してきた新太への怒りの矛先がわからず、無意識的に歩幅は大きくなり、踵で床を踏み固めるように出口に向かった。

― 飯がうまいですって?よく気がつくですって?それ私である必要ある?

イライラしながら外に出ると、原宿の喧騒に紛れ歩き続けた。表参道駅に向かう緩やかな坂道を歩き、グッチまで来たところで、なんとなく振り返る。

すると、欅並木の先に遠く澄み切った秋の空が見えた。



そして、なぜかあの箱根の夜、小泉に言われた言葉がリフレインした。

「今日はやらなくていいよ。いつも仕事でやってるんでしょ?」

取り立てて何事も起こっていない、ただ楽しく食事をしただけのあの夜の記憶が蘇る。

― やだ、また思い出しちゃった…。

七海が小さなため息をつくと、バッグの中でブルっとスマホが振動した。また新太が言い訳を連ねたLINEでも送って来たのかも、と一応取り出し、スワイプした。

― え?小泉さん?

メッセージを開く前から、胸の鼓動が速くなる七海だった。


▶前回:気になる彼から、突然旅行に誘われて…。迷った挙げ句行くことにしたら意外な展開に…

▶1話目はこちら:機内で名刺をもらった28歳CA。ステイ先で連絡したら…

▶NEXT:10月13日 木曜更新予定
パーサー昇格試験に合格した七海。小泉と食事の約束はしたが、あることが気にかかって…